コンテンツマーケティングの運用は、良質なコンテンツを作成して、多くのユーザーに閲覧してもらうことが、何よりも重要なことはおわかりのことかと思います。

それでは、どのようにしたら、より多くのユーザーにコンテンツを見つけてもらい、下層ページまで閲覧してもらうことができるのか、について皆さんはご存知でしょうか?

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、作成したコンテンツをたくさんのユーザーに見つけてもらう方法や見つけてもらうことで得られる、様々なメリットについて紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?

 

コンテンツをユーザーに見つけてもらうということは?

インターネットやスマートフォン、SNSの急速な普及により、従来の売り込み型のマーケティング手法から、ユーザー自らお問い合わせや資料請求、購入をする、検索型の手法に変わったことで、これまで実施していたマーケティングの取り組みが通用しなくなってきました。

コンテンツマーケティングは、ユーザーが24時間365日の間、自分の好きなタイミングでコンテンツを閲覧し、欲する商品やサービスを購入できることが特徴で、ユーザー自身に情報を見つけてもらうことが、何よりもはじめの一歩となります。

購入する意思のないユーザーに、商品やサービスを提案しても購買までは至りませんので、コンテンツマーケティングこそが、ユーザーの側から見つけてもらうことができる、最善のマーケティング手法と言えるでしょう。

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!ユーザーにコンテンツを見つけてもらう方法とそのメリットとは?

良質なコンテンツを何となくWEBサイト上に公開していても、ユーザーにそのコンテンツを見つけてもらえなければ、潜在ユーザーから見込ユーザーに、そして顕在ユーザーまで導くことはできません。

せっかく苦労の末、作成したコンテンツであっても、ユーザーに閲覧してもらうことがなければ、インターネット上に存在していないのと同じということです。

ここでは、コンテンツマーケティングで重要な、コンテンツをユーザーに見つけてもらう方法と見つけてもらうことで得られるメリットについて解説をしてみたいと思います。

 

【コンテンツをユーザーに見つけてもらう方法について!】

1.SEO対策(内部施策、外部施策)を導入する。

狙ったキーワードの検索結果で上位表示に成功すれば、より多くのユーザーにコンテンツを見つけてもらえる。

 

2.リスティング広告を活用する。

ネット広告のなかで一番即効性の高いリスティング広告の活用で、いち早くユーザーにコンテンツを見つけてもらえる。

 

3.Twitter,Facebook,LINEを活用する。

SNSを利用することで、幅広く情報の拡散ができて、より多くのユーザーにコンテンツを見つけてもらえる。

 

4.メルマガ会員、愛読者へDMを配信する。

見込みユーザーや顕在ユーザーに対して、定期にDMを配信していくことで、これまで気が付かなかった気づきや意識付けを与えて、あらたにコンテンツを見つけてもらえる。

 

5.メールDMの署名にリンク先を設置する。

何気なくやり取りをしている、日常のメールスクリプトのなかに、コンテンツへ誘導するためのテキストリンクを設置することで、あらたにコンテンツを見つけてもらえる。

 

6.プレスリリースを活用する。

PRメディアなど、上記とは別の手法を活用することで、現在リーチができていない、より多くのユーザーにコンテンツを見つけてもらえる。

 

【コンテンツをユーザーに見つけてもらうことで得られるメリットについて!】

・潜在ユーザーの発掘ができる。・・・・見込みユーザーへと導ける。

・見込みユーザーの発掘ができる。・・・・顕在ユーザーへと導ける。

・顕在ユーザーの発掘ができる。・・・・購入ユーザーへと導ける。

・購入ユーザーをリピーターにできる。・・・・リピートユーザーへと導ける。

・企業やサービスのブランディングが構築できる。・・・・ユーザーからの信頼感や安心感が増える。

・サービスの販売促進につながる。・・・・結果として、企業の売上や利益など業績の向上につながる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、作成したコンテンツをたくさんのユーザーに見つけてもらう方法や見つけてもらうことで得られる、様々なメリットについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

良質なコンテンツを大量に作成しても、多くのユーザーに見つけてもらい、WEBサイトの下層ページに至るまで閲覧してもらえなければ、コンテンツマーケティングのパフォーマンスは半減してしまいます。

コンテンツマーケティングの運用は、SEO対策やリスティング広告、SNSなどの手法を十分に活用することが必要です。

そして、コンテンツの露出を増やしながら、より多くのユーザーに閲覧してもらうことでコンテンツマーケティングの効果は向上していきます。

この記事をご覧になった方は、ユーザーにコンテンツを見つけてもらう方法やメリットを参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用のなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  2. コンテンツマーケティングを初めて導入するにはどうすれば良いのか?

  3. コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いについて!

  4. コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングとは?

  5. コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

  6. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?