コンテンツマーケティングの導入を検討している、WEBマーケティングやSEO担当者の方で、導入をする前にやらなければならない内容について、どのようなものがあるのか?把握されている方は少ないのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの運用で、計画通りに目標を達成していくためには、自社のWEBサイトに対する改善や修正が求められます。

今回は、コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないことについて、WEBサイト最適化(SEO内部施策)で得られるメリットを交えながら紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用に適している企業やサービスについて!

 

コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは?

コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)を実施しなければなりません。

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)をすることによって、狙っているキーワードの検索結果を上位に表示させることが加速して、ユーザーが商品やサービスを見つけやすくなります。

また、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)を実施することは、検索結果の表示順位を上昇させてユーザーの流入を増やす目的だけではありません。

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)は、ディレクトリ階層や導線設計の見直し、判別可能なフォントサイズの調整、WEBページの読み込み速度の高速化、などユーザビリティの改善につながる内容も多く、これらを最適化することでコンバージョンの獲得につながっていきます。

 

【株式会社セレクト・ワンが推奨している、最新のSEO対策とはどのような内部施策なのか?】

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)の詳しいノウハウや改善方法については、以前のオススメ情報で紹介させていただいた、4つの連載記事、最新のSEO内部施策について(1)(2)(3)(4)のなかで、一般の方にもご覧いただけるように公開をしています。

 

最新のSEO内部施策について(1) 

最新のSEO内部施策について(2) 

最新のSEO内部施策について(3) 

最新のSEO内部施策について(4)

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!WEBサイト最適化(SEO内部施策)で得られるメリットとは?

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)は、コンテンツマーケティングのパフォーマンスを最大限に発揮するための重要な内部施策のひとつです。

また、内部施策がキチンと実施されているWEBサイトは、コンテンツマーケティングの導入をした後からも多くのメリットをもたらしてくれます。

ここでは、WEBサイトを最適化(SEO内部施策)することで得られる様々なメリットについて紹介をさせていただきます。

 

【WEBサイトを最適化(SEO内部施策)した後には、どのようなメリットが出てくるのか?】

・Google検索エンジンからの評価が上がって、狙っているキーワードが上位に表示されやすくなる。

・SEO対象のキーワードが、上位に表示されるまでの期間(時間)が大幅に短縮される。

・大きなアルゴリズムの変動や革新的なアップデートが無い限り、対象のキーワードが安定して上位に表示され続ける。

・様々なユーザビリティの改善を行ったことで、WEBサイト内部の直帰率や離脱率を低下できる。

・ビックキーワードを除く、ミドルキーワードやスモールキーワードであれば、SEO内部施策だけで上位に表示される可能性が高まるため、SEO外部施策(被リンクの追加)をする必要がなくなる。

・SEO外部施策(被リンクの追加)をする必要が無くなることで、SEO対策の作業コストを半分に抑えることができる。

 

【コンテンツマーケティングの導入後には、どのようなメリットが出てくるのか?】

・狙ったキーワードが上位に表示されることで、自然検索からのユーザーの流入が増える。

・キーワードが継続して上位に表示されていることで、ユーザーのリピーターが増える。

・中期から長期にかけて、継続した集客効果を発揮することができる。

・継続した集客効果を発揮できている段階で、その他のネット広告の予算を大幅に削減できる。

・集客効果が発揮され、WEBサイト内部のユーザビリティが改善されたことで、安定したコンバージョンの獲得につながる。

・安定したコンバーションの獲得により、最終的に売り上げや利益など業績の向上につながる。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないことについて、WEBサイト最適化(SEO内部施策)で得られるメリットを交えながら紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)を行わなくても、コンテンツマーケティングを導入し運用していくことは可能です。

しかし、漠然とコンテンツやページ数を増やしていっても成果は上がらず、WEBマーケティングの効果を最大化することにはつながっていきません。

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)を行うことは、WEBサイト内部のSEO対策が完全に網羅できている。ということで、コンテンツマーケティングを導入する前段階のすべての準備が完了している。ということです。

コンテンツマーケティングの導入を検討している方は、改善や修正をすることで多くのメリット受ける、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)から取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングの運用にも影響があるデータとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

  2. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携について…

  3. コンテンツマーケティングとネイティブ広告の違いについて!

  4. コンテンツマーケティングの効果測定の基準項目について!

  5. コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングとは?

  6. コンテンツマーケティングはユーザーに見つけてもらうことが何よりも重要!…