コンテンツマーケティングは、ITやインターネットの普及に伴って、日本国内の企業でも広く浸透したマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングの導入を検討している、WEB広告に携わる企業の方で、事前にやるべき事項にどのようなものがあるのか?把握している方は少ないのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングを運用するうえで、当初の計画通りに目標を達成していくためには、自社のサイトに対する改善やテコ入れが必要です。

今回は、コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことについて、WEBサイト最適化(SEO内部施策)で得られるメリットを交えて紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングに適している企業やサービスとは?

 

最初にやることはWEBサイトの最適化(SEO内部施策)

コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)です。

WEBサイトの最適化を実施することにより、狙っているキーワードの検索順位を上昇させることが加速して、ユーザーが商品・サービスを見つけやすくなります。

また、WEBサイトを最適化することは、検索結果の表示順位を上げて、サイトに対するユーザーの流入を増やすだけではありません。

特に、SEO内部施策に対応することは、ディレクトリ階層や導線設計の見直し、判別可能なフォントサイズの調整、コンテンツ(記事)の読み込み速度の高速化など、ユーザビリティの改善につながる内容も多く、これらの事項を最適化することで、コンバージョン率の向上につながっていきます。

 

内部SEOと外部SEOの違いは?

 

最新のSEO内部施策はどんな手法があるのか?

WEBサイト最適化(SEO内部施策)のノウハウや改善の方法は、以前のオススメ情報で詳細を紹介させていただきました。

この記事は、4つの連載で最新のSEO内部施策について(1)(2)(3)(4)として、一般の方向けにも情報を公開しています。

皆さんも自社サイトの状況に照らし合わせて、修正すべき事項が見つかれば改善を試みてください。

 

最新のSEO内部施策について(1)

最新のSEO内部施策について(2)

最新のSEO内部施策について(3)

最新のSEO内部施策について(4)

 

WEBサイトの最適化(SEO内部施策)で得られるメリット

WEBサイトの最適化は、コンテンツマーケティングの効果を最大限に発揮するため、コンテンツSEOも考慮した内容になっています。

また、最適化がキチンと実施されているサイトは、コンテンツマーケティングを導入した後からも多くのメリットをもたらしてくれます。

ここでは、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)をすることで企業が得られる、様々なメリットについて紹介させていただきます。

 

SEO内部施策のポイント!特に重要視されるコンテンツ対策とは?

 

SEO内部施策を実施した後のメリット

・Google検索エンジンからの評価が上がって、狙っているキーワードの検索順位が上昇する。

SEOの対象にするキーワードの検索順位が上がるまでの期間(時間)が大幅に短縮される。

・大きなアルゴリズムの変動や革新的なアップデートが無い限り、対象のキーワードが安定して上位に表示され続ける。

・ユーザビリティの改善を行ったことで、サイト内部の直帰率や離脱率を低下できる。

・ミドルキーワードやスモールキーワードであれば、SEO内部施策だけで上位に表示される可能性が高まるため、SEO外部施策(被リンクの追加)をする必要がなくなる。

・SEO外部施策(被リンクの追加)をする必要が無くなることで、SEOの作業コストを抑えることができる。

 

SEO対策にはどんなメリットがあるのか?

 

コンテンツマーケティングを導入した後のメリット

・狙ったキーワードが上位に表示されることで、自然検索からの新規ユーザーや見込みユーザーの流入が増える。

・キーワードが継続して上位に表示されていることで、リピートするユーザーが増える。

・中期から長期にかけて、継続した集客効果を発揮することができる。

・継続した集客効果を発揮できている段階で、その他のWEB広告の予算を大幅に削減できる。

・集客効果が発揮され、サイト内部のユーザビリティが改善されたことで、安定したコンバージョンの獲得につながる。

・安定したコンバーションの獲得により、最終的に売り上げや利益など企業の業績向上につながる。

 

コンテンツマーケティングにはどんなメリットがあるのか?

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことについて、弊社の事例を元に紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングは、ユーザーに価値のある情報をコンテンツ(記事)化して、潜在顧客を育成することで購買活動につなげていく手法です。

また、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)を行わず運用することは可能ですが、漠然とコンテンツ(記事)やWEBページを増やしていてもパフォーマンスを最大化することはできません。

 

WEBサイトの最適化をすることは、サイト内部のSEO対策が完全に網羅できている。ことでコンテンツマーケティングを導入する前のすべての下準備が完了している。ということを意味しています。

コンテンツマーケティングの検討をしている方は、改善や修正をすることで多くのメリットが得られる、WEBサイトの最適化(SEO内部施策)から取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングに影響があるデータとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで必要なマーケティングファネルとは?

  2. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは?

  3. コンテンツマーケティングで言われる、良質なコンテンツとは?

  4. コンテンツマーケティングに相性の良いWEBプロモーションとは?

  5. コンテンツマーケティングで使えるマーケティング戦略4P,4Cとは?

  6. コンテンツマーケティングの効果測定は何を基準にするのか?