コンテンツマーケティングは、ユーザーに対して有益なコンテンツ(記事)の発信を通じて、見込み顧客のニーズを育成し購買へ誘導しながら、ファン化へ導くマーケティング手法です。

この手法を成功させるためには、タイトルの付け方がポイントになることは、SEO対策やネット広告に取り組む企業の方は理解していることでしょう。

 

しかし、ユーザーが興味を持つ魅力的なタイトルを付けるだけでは、コンテンツマーケティングの効果を最大化することはできません。

コンテンツを作成する際は、タイトルの付け方に、あと少しの要素を加えることが必要です。

今回は、コンテンツマーケティングの効果を上げるタイトルの付け方について、紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの効果を上げるためのポイントとは?

 

タイトルの付け方次第でサイトの流入に影響が出る

コンテンツマーケティングのタイトルの付け方は、ユーザーの誰もが【その先のコンテンツまで見てみたい】と思うような魅力的な言葉で、一目でわかるようにすることが重要です。

ユーザーは、検索結果で表示されたタイトルを見て、そのサイトを見に行くかの判断を瞬時にするため、タイトルの付け方次第でサイトの流入に大きな影響が出てきます。

 

タイトルの付け方は、コンテンツ(記事)の内容とタイトルの関連性を持たせることやコンテンツSEOのノウハウを盛り込むことが求められます。

また、どのようなタイトルにすれば、検索順位を上昇させることができるのかを考慮しながら決めていきます。

 

タイトルを付ける際の重要なポイント 6選

ここでは、コンテンツマーケティングの運用で、タイトルを付ける際に重要なポイントを6選で説明させていただきます。

 

POINT1:コンテンツを見るメリットをユーザーに伝える

コンテンツ(記事)を見ることで、自分に必要な情報が得られるのか、目新しいトレンドな情報が発見できるのか、見たこともないような面白い情報なのか、など興味やメリットを一目でわかるようにユーザーに伝えます。

例:ネット広告とは違う、いま流行のコンテンツマーケティングとは?

 

POINT2:ユーザー自身に気づかせて興味を持たせる

自分に必要で、関係があるコンテンツ(記事)であることをユーザー自身に気づかせることで、この記事を詳しく見たいと思わせる意識づけを瞬時に行います。

例:あなたは本当に大丈夫、自分の健康を過信していませんか?

 

POINT3:実際の数字や実績でユーザーにPRする

実際の数字や実績を取り入れることにより、タイトルから見えるコンテンツ(記事)や情報に対して説得力が向上します。

【多数】や【大きい】の様な、なんとなく曖昧な語句や表現では、ユーザーに対する説得力はありません。

例:マーケティングに注力する企業が取り入れた5つの手法とは?

 

POINT4:タイトルのテキスト数を32文字以内にする

Google検索エンジンで、検索結果に表示されるテキスト数は、32文字までと決まっています。

株式会社セレクト・ワンでは、25文字から32文字以内を見安に、コンテンツ(記事)のタイトルを付けることを推奨しています。

例:その方法で大丈夫?正しいタイトルの付け方を教えます

 

POINT5:コンテンツの内容とタイトルの関連性を重視する

コンテンツ(記事)の内容とタイトルの表記が合致していない場合には、ユーザーだけでなく、Google検索エンジンからの評価も得ることはできません。

タイトルに合った価値のあるコンテンツを作成して、ふたつの内容に対して関連性を持たせることが必要です。

 

POINT6:SEO対策をしているキ―ワードを適度に入れる

検索エンジンを利用する場合には、多くのユーザーが探したい情報のキーワ―ドを活用して検索を行います。

タイトルの中に、関連するキワードや共起語を適度に(1,2個が目安)含ませることで、検索上位に表示される可能性が高まります。

ただし、タイトルへキーワードの詰め込み過ぎ(3個以上)は、過剰SEOと見なされる可能性もありますので注意が必要です。

例:デジタルマーケティングの戦略や導入支援のことなら

上記は、【デジタルマーケティング】を軸に【戦略】【導入】【支援】のキーワードを掛け合わせた場合です。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの効果を上げるタイトルの付け方を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

タイトルの付け方は、多くのユーザーがその先まで見てみたい、と思うような魅力的な表現で、コンテンツ(記事)との関連性やコンテンツSEOの要素を盛り込むことが必要だとおわかりいただけたと思います。

 

コンテンツマーケティングの運用で、効果を最大化させるためには、良質なコンテンツの作成をすることと、何よりも理にかなったタイトルの付け方が重要です。

そして、タイトルを決める場合は、関連するキーワードや共起語を含んで、32文字以内に配置することによって、選定したキーワードの上位表示が実現します。

 

また、SEO対策の恩恵を受けて上位表示を達成した後は、新規顧客を増やしながら、コンバーションの獲得、売り上げ、利益の向上へつながっていきます。

この記事をご覧になった方は、弊社で実践しているタイトルの付け方を参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用でお役立てください。

 

コンテンツマーケティングを失敗させない5つのポイントとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングはコンテンツの質と量が重要になる?

  2. コンテンツマーケティングの効果測定は何を基準にするのか?

  3. コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

  4. コンテンツマーケティングは自社で運用するべきか?

  5. コンテンツマーケティングで必要なマーケティングファネルとは?

  6. コンテンツマーケティングを導入するにはどうすれば良いのか?