WEBマーケティングの経験が浅い方は、SEO対策とリスティング広告の違いを知っている人は少なく、同じ手法だと勘違いしていることもあります。

SEO対策でも、リスティング広告でも「どちらも検索エンジンを通じて、希望のキーワードで検索したユーザーを自社のサイトまで誘導する」という目的では同じ施策です。

 

どちらの方が良い施策ということではないのですが、それぞれには違いやメリットがあります。

今回は、よく使われているネット集客の手法で、SEO対策とリスティング広告の違いについて紹介をさせていただきます。

 

SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの違いとは?

 

SEO対策とは?

SEO対策は、GoogleやYahoo!の検索エンジンに評価されるように、サイトやコンテンツを最適化して、検索結果の順位で上位に表示させる施策のことを言います。

SEOの場合は、表示されるのは広告枠ではなく、コンテンツとしてうえからの順番で表示されますので、リスティング広告とはまったく性質が違います。

SEO対策は、成果が出るまでには一定の時間が掛かり、検索順位のコントロールも検索エンジンが決めるため、自社側で調整が難しいところがあります。

 

また、SEO対策は、リスティング広告のような目に見える広告ではないので、ユーザーからの信頼度が高いのが特徴と言えます。

一般的にSEOは、費用を掛けずにサイトの順位を上げるための施策だと思われがちですが、なんの努力もしないで検索順位を上げることは難しく、その取り組みも中長期的に実施していかないとSEOの効果を発揮できない手法です。

専門のSEO業者への支払いやコンテンツの継続した作り込みなど多くの労務を必要としますし、間違ったSEO対策をすることで、上位に表示されないことや検索エンジンからのペナルティのリスクもありますので、必ずしもリスティング広告より集客効果が高い施策ということではありません。

 

【SEO対策の特徴】

・表示される方式・・・・・365日24時間で抑制無し

・掲載される内容・・・・・GoogleやYahoo!などの検索エンジンが決める

・集客の効果・・・・・即効性なし、継続性あり

・ブランディング力・・・・・広告ではないので信頼度が高い

・サイトへの誘導数・・・・・クリック率が高いため、誘導の数も多い

・費用について・・・・・定額、成果報酬型などSEO業者側が決める形態

 

リスティング広告とは?

リスティング広告は、検索結果のページの上部や下部に表示される、専用の広告枠に掲載するネット広告のことを言います。

検索エンジンが運用するオークション制になっていて、広告を出す人はキーワード毎に入札を行うので、キーワードによって広告のクリック単価が変わってきます。

また、リスティング広告は、小さく広告表示がついているため、広告であるということがユーザーからはわかりますが、違和感のない位置に広告のマークが表示されるので、その見え方はごく自然に見えています。

 

また、リスティング広告の場合は、SEOのような検索順位を上げる施策に比べると、集客力の部分では劣りますが、予算や期間、地域などを自由に設定することで、成果が出るまでの時間も短縮できることが特徴です。

すでに、GoogleやYahoo!など検索エンジンのアカウントを取得している状態であれば、約10分後にリスティングの運用を始めることができます。

また、掲載している広告を止めようと思えば、約10分後に停止することも可能です。

 

【リスティング広告の特徴】

・表示される方式・・・・・地域や時間などの属性、予算によって抑制あり

・掲載される内容・・・・・自分で設定が可能

・集客の効果・・・・・即効性あり、継続性無し

・ブランディング力・・・・・広告なので信頼度が低い

・サイトへの誘導数・・・・・クリック率が低いため、誘導の数が少ない

・費用について・・・・・クリックするごとの課金形態

 

ネット集客として、どちらの方が良い施策なのか?

「SEO対策は、サイトやコンテンツをより多く露出させてユーザーを誘導するために行う施策のこと」で「リスティング広告は、検索したユーザーを広告を通じてサイトやコンテンツに誘導するために行う施策のこと」だとおわかりいただけたと思います。

 

しかし、多くの情報が溢れているインターネット上で、ふたつの違いは解りにくく、どちらの方が良い施策だと思いますか?という質問を受けることがよくあります。

株式会社セレクト・ワンでは、お客様の環境やご予算、成果を出すまでのタイムスケジュール、サイトの状況によっても違ってきますので、それぞれの違いや特徴、メリットを説明したうえでお客様ご自身に判断をしていただいています。

 

また、年間で大きな予算を確保されて、本格的にネット集客に取り組まれている企業の方は、SEO対策とリスティング広告の両方を採用して運用しているケースがあります。

どちらの施策が良く、どちらの手法が悪い、という一般的な決まりごとはないので、お客様の状況に応じてふたつの手法を上手く使い分けていくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

 

おわりに

今回は、よく使われているネット集客の手法で、SEO対策とリスティング広告の違いについて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEO対策には、検索順位が上がった場合の高いクリック率や見栄えの良いブランド力の向上といった大きなメリットがあります。

 

また、リスティング広告には、情報が掲載されるまでの時間の早さやターゲティングを細かく設定できる自由度といった大きなメリットがあります。

【中期や長期の集客に向いているのは、SEO対策】【短期の集客に向いているのは、リスティング広告】というサービスの前提を踏まえて、ふたつの施策を臨機応変に使い分けることが、ネット集客で効果を発揮できる最善策と言えるでしょう。

この記事をご覧になった方は、SEO対策とリスティング広告それぞれの特徴を理解したうえで、より効果の出せるネット集客を実現してみてはいかがでしょうか。

 

SEO業者の選定でおさえておきたいポイントとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 最新のSEO内部施策について(1)

  2. SEO対策で重要な表示順位のチェックツールについて!

  3. ローカルSEOは、誰でもできる簡単なSEO対策なのか?

  4. SEO対策で有効と言われるパンくずリストとは?

  5. SEO外部施策のポイント!正しい被リンクと間違った被リンクとは?

  6. お問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐEFO対策とは?