コンテンツマーケティングやSEO対策に携わる、WEBマーケティングのご担当の方であれば、良質なコンテンツという言葉を聞くことが多いと思います。

コンテンツマーケティングの運用でよく聞くことがある、良質なコンテンツとは、どのようなコンテンツのことか?その意味や詳細まで理解されている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で言われる、【良質なコンテンツ】について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用に適している企業やサービスについて!

 

コンテンツマーケティングの運用で聞くことがある、良質なコンテンツとはどのようなものか?

1.まず、一般的にコンテンツとは?

まず、良質なコンテンツのことを説明する前に、コンテンツそのものについて説明をさせていただきます。

コンテンツ(contents)とは、一般的に「中身・内容」のことで、ラテン語の語源では「なかに含まれたもの」と言う意味です。

日本で認識されている「コンテンツ」の意味は、「提供物」での使われ方が多く、一般的には会社やWEBサイトが提供している、サービスや記事、ニュース、動画、写真、画像など情報全般のことを指しています。

 

2.ユーザーから見た場合の良質なコンテンツとは?

次に、ユーザー側から見た場合の良質なコンテンツとは、どのようなものか説明をさせていただきます。

 

・ユーザーが欲する商品やサービスが提供されていること。

・ユーザーが望む最新のトレンドな情報が提供されていること。

・ユーザーが欲しい有意義な情報が継続して提供されていること。

・ユーザーが欲しいと思った的確なタイミングで情報が提供されていること。

・ユーザーに対して売り込みや押し付け(プッシュ型の案内や営業)がないこと。

 

3.Google検索エンジンから見た場合の良質なコンテンツとは?

次は、Google検索エンジン側から見た場合の良質なコンテンツとは、どのようなものか説明をさせていただきます。

 

・テキストのボリューム(文字数)が数多く満たされていること。

・WEBサイトの内部に的確な写真や画像が数多く満たされていること。

・競合他社のWEBサイトには無い、オリジナリティがあるコンテンツが満たされていること。

・オリジナリティがあるコンテンツページが数多く満たされていること。

・WEBサイトに対する、拡張性、更新性、継続性が高いこと。

・最新のアルゴリズムに合ったSEO内部施策が適用されていること。

 

4.良質なコンテンツがもたらしてくれるメリットとは?

最後に、コンテンツマーケティングの運用で、良質なコンテンツがもたらしてくれる様々なメリットについても説明をさせていただきます。

 

①,複数の狙ったキーワードの検索結果の順位で、コンテンツページが上位に表示されやすくなる。

②,検索結果の順位で、コンテンツページが安定且つ継続して上位に表示されやすくなる。

③,上記①,②の結果、セッション数やページビュー数が増えて多くのコンバージョンの獲得につながる。

④,上記③の結果、売り上げや利益が増えて最終的に企業の業績向上につながる。

⑤,上記④の結果、企業やサービスのイメージやブランディングの向上につながる。

 

良質なコンテンツを作成するための5つのポイントについて!

A.自社で提供している商品やサービスの分析を行う。

自社で提供している商品やサービスの特徴(メリットやデメリット)を分析して、ユーザーのニーズに合致しているかを検証し確認したうえで、コンテンツの作成を行います。

 

B.現在公開している自社サイトの分析を行う。

自社のWEBサイトに掲載している商品やサービスの内容、写真、画像、サイト構成、ページボリュームがユーザーに向けて最適に構成されているかを分析したうえで、コンテンツの作成を行います。

 

C.競合他社のWEBサイトの分析を行う。

競合他社が公開しているWEBサイトを分析して、商品やサービスの内容、写真、画像、サイト構成、ページボリューム、キーワ―ド、共起語、テキスト文などを分析したうえで、コンテンツの作成を行います。

 

D.競合他社と差別化を図るため、オリジナルコンテンツの追加を行う。

競合他社との差別化を図るため、時代背景やトレンドな情報を考慮したうえで、ユーザーとGoogle検索エンジンの双方に好まれるような(上記2,3にて詳しく解説)オリジナルコンテンツの追加を行います。

 

※上記2,3

2.ユーザーから見た場合の良質なコンテンツとは?

3.Google検索エンジンから見た場合の良質なコンテンツとは?

 

E.WEBサイト内の効果測定を元にコンテンツページの再構築を行う。

Googleアナリティクスなどの解析データを元に離脱率や直帰率が高いコンテンツページを見直したうえで、コンテンツの修正を行って再構築を行います。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で言われる、【良質なコンテンツ】について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングの運用で聞くことがある、良質なコンテンツとは、コンテンツ提供者やWEBサイト運営者が決めることではなく、あくまでもユーザーや検索エンジン提供者であるGoogleが決めることだとおわかりいただけたかと思います。

ユーザーとGoogle検索エンジン双方から見た場合の特徴や性質を理解したうえで、AからEの5つのポイントを取り入れて、はじめて良質なコンテンツを作成することができます。

この記事をご覧になった方は、これらの情報を参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用のなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングで重要な重複、類似コンテンツのチェックツールに…

  2. コンテンツマーケティングの運用で効果を上げるためのポイントとは?

  3. コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングとは?

  4. コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について!

  5. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  6. コンテンツマーケティングの運用でオススメしたいプラットフォームとは?