コンテンツマーケティングを運用するうえで、【コンテンツの質と量のどちらに重点を置いた方が良いのか?】という質問を受けることがよくあります。

コンテンツマーケティング導入の初期段階では、沢山のコンテンツを増やしながら、WEBサイトの規模を大きくしなければならない、といった側面があるのかもしれません。

しかし、理にかなったコンテンツを作成して、信頼性の高い情報を定期に発信していかなければ、コンテンツマーケティングの効果を最大化することはできません。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際のポイントについて!

 

コンテンツマーケティングの運用では必須!コンテンツの質について解説します。

コンテンツマーケティングの運用で重要な役割を果たす、コンテンツの質とはどのようなものか、メリットを交えながら説明をさせていただきます。

 

【コンテンツの質とはどのようなものか?】

コンテンツマーケティングの運用で考慮したい、コンテンツの質とは?ひとつのコンテンツあたりの内容や中身、それらの精度のことを指しています。

ユーザーがコンテンツを見た場合に、信用できる正確な情報なのか、きちんとした知識を持った人が書いた記事なのか、目新しくトレンドな情報なのか、など発信した情報の信頼性が問われます。

 

また、質の高いコンテンツとは、SEO対策を行う関連キーワードや共起語などを盛り込んで、キーワード含有率や出現率を考慮しながら、オリジナリティあふれる内容で、自社(自分)独自の表現をすることです。

このカタチで、コンテンツを作成することができていれば、Google検索エンジンからの評価も向上して、検索結果の順位で上位に表示させることへつながっていきます。

 

【コンテンツの質がもたらすメリットとは?】

1.その分野の専門家として、ユーザーからの信頼度が向上する。

2.ユーザーに有意義な情報を正確に発信、拡散することができる。

3.ユーザーが欲している情報の提供で、ニーズを満たすことができる。

4.ターゲットにしたユーザーに対して、正確にリーチすることができる。

5.上記の要因などから、Google検索エンジンからの評価を向上させて、狙ったキーワードの上位表示へつながる。

 

コンテンツマーケティングの運用では重要!コンテンツの量について解説します。

コンテンツマーケティングの運用で重要な役割を果たす、コンテンツの量とはどのようなものか、メリットを交えながら説明をさせていただきます。

 

【コンテンツの量とはどのようなものか?】

コンテンツマーケティングの運用で考慮したい、コンテンツの量とは?ひとつのコンテンツあたりの文字数や文章量など、テキストのボリュームのことを指しています。

また、コンテンツマーケティングで、コンテンツを作成する際の文字数は何文字以上が望ましいのか?とお客様から聞かれることがよくあります。

一般的なコンテンツマーケティングの運用では、ひとつのコンテンツに対して、最低でも1,000文字以上が目安のボリュームになるとお答えしています。

しかし、SEO対策を意識して上位表示を目指すコンテンツの文字数は、1,000文字以上でも足りない場合が出てきます。

上位表示を狙うキーワードの難易度や競合サイトの強さ(多さ)など、周りの環境によっては、2,000文字以上や3,000文字以上のテキストが必要になるケースもあります。

 

また、コンテンツマーケティングで言われる量の多いコンテンツとは、文字数やテキストのボリュームだけではなく、1週間や1か月以内に複数回の更新を行って、定期的にWEBページを増やしていくこととも言えます。

このカタチで、コンテンツを作成することができていれば、多数あるWEBページを経由しサイト全体の流入を増やして、コンバージョン数の向上へとつながっていきます。

 

【コンテンツの量がもたらすメリットとは?】

1.SEO対象のキ―ワードや共起語をコンテンツ内に盛り込むことで、検索結果の上位に表示される。

2.検索結果の上位に表示されることにで、WEBサイト全体のセッション数が増える。

3.セッション数が増えることで、WEBサイト全体のページビュー数が増える。

4.複数のページ数を定期且つ継続に増やしていくことで、WEBサイト全体の流入数が増える。

5.上記の要因などから、コンテンツマーケティングの効果を発揮して、WEBサイトのコンバージョン数が増える。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で重要なコンテンツの質と量について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツマーケティングで言われるコンテンツの質は、ユーザーからの信頼やユーザビリティ、SEO対策後の表示順位にまで大きな影響を与えます。

一方、コンテンツの量は、質で関連キーワードや共起語を盛り込んで作成した、多数のコンテンツの恩恵を受けながら、最終的にはコンバージョンの獲得へ貢献していきます。

ここで説明させていただいた、コンテンツの質と量のふたつを意識しながら、バランスよくコンテンツの作成をすることで、コンテンツマーケティングの効果を最大化することが可能になります。

この記事をご覧になった方は、コンテンツ作成の際の参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用のなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングの運用で言われる、良質なコンテンツとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

  2. コンテンツマーケティングの運用で言われる、良質なコンテンツとは?

  3. コンテンツマーケティングの運用で失敗しないための5つのポイント!

  4. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  5. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?

  6. コンテンツマーケティングの運用に適している企業やサービスについて!