コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングについては、以前のオススメ情報の記事のなかでも紹介をさせていただきました。

インバウンドマーケティングの対局にある、アウトバウンドマーケティングというビジネス用語も、WEBマーケティングやSEO対策を運用されている方であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、このアウトバウンドマーケティングの手法やメリットとデメリット、コンテンツマーケティングとの関係性について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングに含まれるインバウンドマーケティングとは?

 

【アウトバウンドマーケティングとはどのようなものか?】

アウトバウンドマーケティングとは、テレマーケティング(電話営業)、テレビ、広告媒体、リスティング広告、バナー広告、セミナー、展示会、看板広告、ダイレクトメール、FAXDMなどを活用して、潜在ユーザーや見込みユーザーに対して、商品やサービスを強制的に売り込みをするプッシュ型のマーケティング手法です。

このアウトバウンドマーケティングの取り組みは、古くから利用されてきたやり方であることから、旧来型のマーケティング手法と言えるでしょう。

アウトバウンドマーケティング

 

【アウトバウンドマーケティングがユーザーに受け入れられなくなった理由とは?】

急速なインターネットの普及や昨今の時代背景の変化で、これまで通用していた売り込み(プッシュ型)によるアウトバウンドマーケティングの手法が、ユーザーには受け入れにくくなってきました。

それは、スマートフォンやSNSなどの普及が特に大きく、ユーザーはどこでも好きなタイミングで情報を閲覧することで、自分好みの商品やサービスを簡単に購入できるようになったからです。

ユーザーは、【自らが欲しいタイミングで行動を起こす】という習慣が、現代の社会では一般的になってきたのが要因と言えるでしょう。

 

【コンテンツマーケティングの中にもアウトバウンドマーケティングが含まれている?】

アウトバウンドマーケティングは、潜在ユーザーや見込みユーザーに商品やサービスを売り込むやり方ですが、この手法を成立させためるには、コンテンツマーケティングのメリットを活用して、ユーザーに対して良質で有益なコンテンツを継続し提供していかなければなりません。

このことからも、コンテンツマーケティングのなかにもアウトバウンドマーケティングが含まれていると言えるでしょう。

 

アウトバウンドマーケティングのメリットとはどのようなものか?

ここでは、アウトバンドマーケティングを運用していくことで得られるメリットについて紹介をさせていただきます。

 

1.テレマーケティング(電話営業)を活用することで、キーマンと会話ができれば、その場で顧客の社内状況をヒアリングできる。

2.テレマーケティング(電話営業)を活用することで、顧客の社内状況をヒアリングできれば、アポイントや提案まで持ち込める。

3.テレマーケティング(電話営業)を活用することで、短時間で集中的に営業展開ができれば、ある程度の売上や利益の予測、成果まで見込める。

4.広告媒体やリスティング広告を活用することで、お問い合わせから購買につなげることができる。

5.セミナーや展示会を活用することで、その場で顧客との商談につながる。

6.セミナーや展示会を活用することで、顧客と名刺交換ができれば、後日改めて営業ができる。

7.アウトバンドマーケティングの活動に対して投資をした、費用対効果がわかりやすい。

 

アウトバウンドマーケティングのデメリットとはどのようなものか?

次に、アウトバウンドマーケティングを運用していくことで出てくるデメリットについても紹介をさせていただきます。

 

1.顧客に対するアプローチがマンネリ化しやすく、中長期で活動をしていくと成果が出にくくなる。

2.費用対効果を見た場合に、アウトバンドマーケティングの活動に一定の経費(コスト)がかかる。

3.効率の観点から見た場合に、アウトバンドマーケティングの活動に人的労務や時間、コストの負担がかかる。

4.売り込みのやり方が強引すぎると企業やサービスのブランディングイメージが損なわれる。

5.売り込みの度合いによっては、掲示板や口コミサイトの書き込みなどのクレームになりかねない。

 

おわりに

今回は、アウトバウンドマーケティングの手法やメリットとデメリット、コンテンツマーケティングとの関係性について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

インバウンドマーケティングの対極にあるアウトバウンドマーケティングは、こちらから潜在ユーザーや見込みユーザーに対して積極的にアプローチを行っていくため、多くの顧客層に向けてリーチすることができるメリットがあります。

特に新しい商品やサービスなどは、いち早く認知をしてもらうために、アウトバウンドマーケティングの手法を取り入れて、顧客との接触回数を積極的に増やしていくことも必要になってきます。

株式会社セレクト・ワンがオススメする最適なマーケティングの活用方法は、短期集中的に成果を出さなければならないBtoB向けのサービスは、アウトバウンドマーケティングの手法を推奨します。

また、中長期的に成果を出さなければならないBtoCなどのサービスは、コンテンツマーケティングのような資産(積み上げ)型の手法を組み合わせて活用することが望ましいのではないでしょうか。

ここでのポイントは、双方のメリットを活かすことで、潜在ユーザーや見込みユーザーをいかにして、顕在(購入)ユーザーへつなげていくかが重要になってくるでしょう。

コンテンツマーケティングとアウトバウンドマーケティング、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、ご自身の商品やサービスにあったマーケティング手法を見つけて取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いってあるの?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?…

  2. コンテンツマーケティングの運用で相性の良いWEBプロモーションとは?

  3. コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

  4. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは?

  5. コンテンツマーケティングの運用で上位表示に必要なキーワードを教えてくれ…

  6. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?