コンテンツマーケティングを運用するうえで、相性の良いWEBプロモーションとは?どのようなものがあるのか皆さんはご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングの特性として、作成したコンテンツがWEBサイトの内部に蓄積し、資産に変わっていくまでには、どうしても一定の期間(時間)が掛かってしまいます。

コンテンツマーケティングは、コンテンツが資産に変わって、マーケティングの効果が表れてくるまでの間は、他のWEBプロモーションを導入し、組み合わせて運用することも検討しておかなければなりません。

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、相性の良いWEBプロモーションについて、株式会社セレクト・ワンが推奨しているものを紹介させていただきます。

 

コンテンツマーケティングとネット広告の予算配分について!

 

コンテンツマーケティングでは必見!組み合わせて運用したい WEBプロモーションをご紹介します。

WEBプロモーションとは、WEB上でのコミュニケーションのことで、自社が提供している商品やサービスに対して、ユーザーの関心、興味、意識を高めて購買意欲の促進を図ることを言います。

WEBプロモーションは、様々なデータをもとにコンテンツを作成して、コンテンツマ―ケティングと組み合わせて運用することで、より効果を発揮します。

ここでは、WEBプロモーションの種類や特徴を現在主流の6種類をもとに紹介をさせていただきます。

 

1.リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告とは、GoogleやYahooで検索を行った際に、検索したキーワードの結果に対して表示される広告のことを言います。

また、GoogleやYahoo!など検索エンジンの検索結果に連動して表示されるもので、検索連動型広告とも呼ばれています。

 

A.価格・・・キーワードによって入札単価が異なって、クリックされた分だけが課金される。

B.メリット・・・複数のキーワ―ドとの組み合わせができる。

C.デメリット・・・広い範囲での認知には適していない。

D.特徴・・・リアルタイムでアナリティクスデータが閲覧できる。

E.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・より早い効果が期待できる。

 

2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、ユーザーが資料請求、カタログ請求、お問い合わせ、会員登録などのアクションをした場合に、広告費用が発生する広告のことを言います。

基本として成果報酬型の広告で、掲載だけでは広告の費用は発生しません。

 

A.価格・・・毎月の成果で費用が変動するため、広告予算のコントロールがしにくい。

B.メリット・・・成果報酬型のため、複数のWEBサイトに無料で掲載できる

C.デメリット・・・即効性や短期的な効果は難しい。

D.特徴・・・費用対効果が望める。

E.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・コンバージョン率の向上に適している。

 

3.動画広告

動画広告とは、WEB広告のひとつで、広告枠に動画を埋め込んで再生するもので、テレビCMのような短時間の動画を広告として表示するものです。

 

A.価格・・・動画の制作に費用が掛かる。

B.メリット・・・販売促進、PR宣伝拡大に適している。

C.デメリット・・・動画によっては、強制的に配信されるため、ユーザーからの印象が悪くなる場合がある。

D.特徴・・・ターゲットユーザーを絞ることができて、費用対効果がいい。

E.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・短時間で多くの人にPRできる。

 

4.純広告

純広告とは、特定のメディア、媒体に定められた一定の期間の広告掲載に対して、費用が発生する広告のことを言います。

一般的には、バナー広告やテキスト広告のことを指しています。

 

A.価格・・・一枠の大きさによって費用が高額になる。

B.メリット・・・ユーザー層を決めて露出できて、潜在ユーザーにリーチできる。

C.デメリット・・・直接的な購買にはつながりにくい。

D.特徴・・・露出効果が高い。

E.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・ターゲットユーザーに適している。

 

5.Twitter広告

Twitter広告とは、Twitterに広告を掲載することができる広告のことを言います。

また、Twitterは、FacebookやInstagramなどと同様のSNS(Social Networking Service:ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

 

A.価格・・・目的に応じたアクションが発生した時にのみ課金される。

B.メリット・・・新規ユーザーの獲得に適しており、若年層に向いている。

C.デメリット・・・一度拡散されると消すことができず、既存ユーザーには適していない。

E.特徴・・・他のSNSに比べると拡散性が高い。

D.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・ユーザーを増やすのに適している。

 

6.ディスプレイ広告(バナー広告)

ディスプレイ広告とは、WEBサイトやアプリ上の広告枠に表示される広告のことを言います。

また、バナー画像を表示させることが多いので、別名ではバナー広告とも言われています。

 

A.価格・・・クリックの有無に関係なく費用が発生する。

B.メリット・・・多くのユーザーにPRできる。

C.デメリット・・・費用が高額の割に、費用対効果が見えにくい。

D.特徴・・・ユーザーを絞り、リーチできることに適している。

E.コンテンツマーケティングとの相乗効果・・・ユーザーの認知に適している。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングの運用で、相性の良いWEBプロモーションについて、株式会社セレクト・ワンが推奨しているものを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

弊社がお客様から質問された際に、お答えしている運用効率の良いWEBプロモーションは、なんと言ってもリスティング広告です。

リスティング広告は、リアルタイムでアナリティクスデータの解析をして、複数のキーワードとの組み合わせや検証ができるメリットがあります。

また、リスティング広告は、コンテンツマーケティングの成果が出始めた場合には、すぐに広告の配信を停止して、掛かっているコストを削減できるといった運用上のメリットも持っています。

特に、成果が出るまでに一定の期間(時間)が掛かる、コンテンツマーケティングの特性を考慮すると、即効性も高く早い効果が期待できるリスティング広告が、最も相性の良いWEBプロモーションと言えるでしょう。

この記事をご覧になった方は、自社のマーケティング活動の参考にしていただいて、最適なWEBプロモーションと組み合わせた、コンテンツマーケティングの運用に取り組んでみてください。

 

コンテンツマーケティングにふさわしいターゲット層とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じ意味のこと?

  2. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?

  3. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

  4. コンテンツマーケティングの運用にはKPIと同様にKGIの設定が重要!

  5. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  6. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携について…