SEO対策で有効と言われる、【パンくずリスト】とはどのようなものか、WEBマーケティングに携わる方達でも、具体的な内容まで知っている方は少ないのではないでしょうか。

パンくずリストは、名前だけを聞くとよくわからない?【パンくず】か【リスト】のように思われますが、WEBサイトを運用していくなかで、SEO対策の効果につながる重要な内部施策のひとつと言われています。

今回は、SEO対策で有効なパンくずリストの説明と設置例を交えて紹介をさせていただきます。

 

最新のSEO内部施策について(1)

 

パンくずリストとはどのようなものか?

パンくずリストの【パンくず】とは、童話のヘンゼルとグレーテルの話のなかに由来があります。

ヘンゼルとグレーテルが、森のなかで道に迷わないように、パンくずをちぎって置いていったエピソードが名前の始まりで、【道案内の役割】をしているものと理解していただければわかりやすいでしょうか。

また、WEBサイトで言う【パンくずリスト】は、現在の自分がサイト内のどこにいるのかを視覚的にわかりやすくするための内部リンクのことです。

また、このリンクはWEBページの左上部分にテキスト表示で記載されています。

パンくずリストが無くても、ページ数が少ないWEBサイトの構成であれば、現在自分のいる場所がわかります。

一方、ページ数が多くWEBサイトの規模が大きい場合には、パンくずリストがユーザーに対して道案内の役割を果たしてくれます。

 

【このWEBサイトで見るパンくずリストの設置例は?】

現在、皆さんが閲覧しているこのWEBページで、パンくずリストを説明させていただきます。

【オススメ情報】というコンテンツのなかの【SEO対策/内部/外部施策】のカテゴリ内に分類されていて、このWEBページの正しいパンくずリストの設置例は、下記の通りです。

 

HOME > オススメ情報 > SEO対策/内部/外部施策 > SEO対策で有効と言われるパンくずリストとは?

 

SEO対策では必見!パンくずリストがもたらす2つのSEO効果とは?

1.ユーザビリティが向上し、コンバージョン率を増やすことにつながる。

パンくずリストの効果が最も発揮されるケースは、トップページ以外のWEBページをユーザーが閲覧している場合です。

検索結果で表示されるWEBページやコンテンツは、トップページだけが表示される訳ではなく、それ以外のサブページからのランディングと流入もよくあることです。

皆さんも経験があると思いますが、自分が見ているページがWEBサイト内のどこのコンテンツのどこのカテゴリを見ているのか、わかりにくいWEBサイトに遭遇したことがあると思います。

そのような場合に、パンくずリストを設置していることで、現在の自分はWEBサイト内のどこのページにいるのかを示し、わかりやすくすることができます。

パンくずリストを設置して、ユーザーに対し自分が見ているWEBページがどこのカテゴリに分類されているのか、を正確に理解してもらうことで、別のカテゴリや他のコンテンツも見てもらうことができます。

これらの結果として、パンくずリストを設置してユーザビリティを向上させることで、WEBサイト全体の回遊率が向上して、ページビュー数やコンバージョン率を増やすことにつながっていきます。

 

2.クローラビリティが向上し、SEO対策の効果につながる。

パンくずリストは、SEO対策に注力をしているWEBサイトであれば、重要視しなければならない内部リンクのひとつです。

この内部リンクは、Google検索エンジンのロボットであるクローラーの巡回を手助けしています。

Google検索エンジンのクローラーは、サイト上のリンクを読み取り、パンくずリストが設置してあることで、WEBサイト内の構造を把握しやすくなります。

また、クローラーが巡回して入手したWEBサイト内の情報は 、Google検索エンジンのデータベースに保存されます。

その後、データベースに保存された情報をもとに検索結果の表示順位に反映されるため、クローラーの巡回を手助けすることは、SEO対策の効果へつながっていきます。

また、狙ったキーワードを含んだパンくずリストであれば、そのキーワード自体が内部リンクとしてWEBページ内に含まれることで、キーワードとコンテンツの関連性をGoogle検索エンジンに正確に伝えることができます。

これらのGoogle検索エンジンを意識した内部施策も、効率の良いSEO対策につながっていきます。

 

【SEO対策を考慮したパンくずリストの設置例は?】

例えば、ゴルフ用品を販売するゴルフのネットショップの場合で、パンくずリストを説明させていただきます。

【ゴルフ用品】【クラブ種類】【メーカー名】といった、3つの狙ったキーワードが内部リンクとして含まれることで、そのキーワード自体でSEO対策ができています。

この場合の正しいパンくずリストの設置例は、下記の通りです。

 

HOME > ゴルフ用品 > ドライバー > タイトリスト

 

おわりに

今回は、SEO対策で有効なパンくずリストの説明と設置例を交えて紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

Google検索エンジンも推奨しているパンくずリストの設置は、すべてのWEBページに設定することが望ましく、ユーザー向けにもGoogle検索エンジンに向けたSEO対策としてもデメリットが無いのが特徴です。

パンくずリストは、デメリットが無いことが長所と言えますが、WEBサイトに対して設置方法を間違ってしまうことで、ユーザビリティを低下させてしまうことがありますので、設置方法の取り扱いは注意が必要です。

この記事をご覧になった方で、未だパンくずリストを設置されてない方は、有効なSEO対策の施策としてWEBサイトへの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOに必要な要素について!

  2. SEO対策に最適な業界やマーケットについて!

  3. h1タグの見直しは、すぐに効くSEO対策

  4. SEO対策で重要な表示順位のチェックツールについて!

  5. SEO対策にも効果がある【よくある質問】ページの作成について!

  6. ローカルSEOは、今すぐ始めるのも簡単なSEO対策なのか?