ホームページ作成をする際の見積に影響するページ数については、予算を削減したい多くの会社が減らす傾向が見られます。

また、WEBサイトやECサイトのページ数が多いことで、SEO対策で有利に働くということは、なんとなく理解されているようですが、その意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、ホームページのページ数とSEO対策の関係について紹介をさせていただきます。

 

ホームページのリニューアルで得られるメリットとは?

 

インデックス数とSEO対策との関係

まず、初めにインデックスについて説明させていただきます。

インデックスとは、検索や見出し、指標や指数の英単語のことを言いますが、SEO業界の用語としては、Google検索エンジンのなかに記録されているWEBサイトの情報を指しています。

一方、インデックス数とは、Google検索エンジンのクローラーがサイトにアクセスをして、検索結果に表示させるためにインデックスした、サイト内部のWEBページの数を指しています。

これらのことから、インデックス数とサイトのページ数はイコール(同じ数)ということになります。

 

また、インデックスは、クローラーがリンクをたどり、WEBページの内容を確認して評価をすることで行われています。

検索順位を上位に表示させるためには、Google検索エンジンがサイトの内部をクロールして、インデックスの処理をすることが必要です。

 

インデックス数を簡単に調べる方法

ここでは、ホームページ制作会社やSEO会社も活用している、インデックス数を簡単に調べる方法について紹介させていただきます。

Googleのサイトを立ち上げて、検索枠から【site:URL】を入力して検索をします。

 

例【site:https://selectone.in/

 

URL部分にインデックス数を調べたい対象サイト、 https://selectone.in/を入力して、検索ボタンをクリックします。

検索結果ページの左上部分、検索枠の下あたりに約〇〇〇件と件数が表示されれば、その数のページが、Google検索エンジンにインデックスされているということが分かります。

逆に、件数が約〇〇〇件と表示されない場合は、そのサイトがインデックスされていない可能性が考えられます。

そのような時は、Google Search ConsoleのURL検査からインデックスの申請を行って、インデックスの促進を図る必要があります。

 

インデックス数と併せて質の高いコンテンツが重要

これまでのGoogle検索エンジンのアルゴリズムは、デザインに関係なく、インデックスされたページの数が多ければ多いほど、SEO対策に効果があるとされてきました。

しかし、内容の薄いページをやみくもに増やす手法が横行したため、Google検索エンジンはWEBページの数だけをカウントする評価をしなくなりました。

現在のGoogle検索エンジンの仕様は、WEBページ内のコンテンツやデザインの質までを、アルゴリズムで見分けることができるように変わったのです。

 

これからは、WEBページの数と併せて、その内容までを考慮しユーザーが欲する【良質なコンテンツ】を提供していかなければなりません。

Google検索エンジンは、キーワードとの関連性や専門性が高く、テキスト数や写真、画像などデザインが充実しているWEBページのことを、質が良いコンテンツと判断し評価をしています。

 

また、テキスト数や写真、画像が少なく内容が薄いページは、質が悪いコンテンツと判断して検索順位で優遇されません。

今後のSEO対策は、Google検索エンジンやユーザーにとって、有益で質の高いコンテンツを配信しながら、継続してWEBページを増やすことが求められています。

 

サイトのページ数が多いことで得られるメリット

WEBサイトのページ数が多いことが、SEO対策に有利に働くことは、前項でも触れさせていただきましたが、ここでは、サイトのページ数が多いことで得られるメリットについて紹介させていただきます。

 

1.検索結果からの自然流入が増える

サイトのページ数が多いということは、ユーザーを呼び込む間口の広さが、その数の分だけ広くなる(増える)ということを意味しています。

サイトのなかに多数あるWEBページの存在が、最強の販促サービスとして機能していきます。

 

2.沢山のキーワードでSEO対策ができる

サイトのページ数が多いということは、狙っていきたいキーワードをより多くの数でSEO対策することが可能になります。

キーワードごとにSEO対策を実施したページを増やしていけば、上位表示のWEBページを数多く確保できます。その結果、WEBページの存在がセッション数やページビュー数を増やすことに貢献していきます。

 

3.急なアルゴリズムの変化にも強い

WEBサイトは、トップページだけにSEO対策をしていた場合には、急なアルゴリズムの変更に弱く、数少ないキーワードのSEO対策しか施策できないといったデメリットがあります。

サイトの内部に多くのページが存在することは、その数の分だけSEO対策が可能になり、急なアルゴリズムの変化にも強く、安定したアクセス数の維持が可能になります。

 

おわりに

今回は、ホームページのページ数とSEO対策の関係について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

従来のSEO対策は、サイトのトップページのみに頼る施策が主流でしたが、これからのSEO対策は、多くのWEBページから質の高いコンテンツを提供していくことが必須になりました。

株式会社セレクト・ワンでは、お客様が継続しページを増やしていくことを目的として、Wordpressのような簡単に投稿できるサービスを推奨しています。

 

WEBサイトを開設した時点のWEBページが少なくても、Wordpressが実装されていれば、容易にページの追加をしていけますので、自社の努力次第でより多くのコンテンツを増やすことができます。

この記事をご覧になった方は、サイトのページ数とSEO対策との関係性を理解したうえで、今後のホームページ制作でお役立てください。

 

ホームページの制作でWordPressを使うメリットとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページはスマホ専用サイト、それともレスポンシブWEBデザイン?

  2. ホームページをリニューアルするタイミングってあるの?

  3. ホームページを確認するキャッシュのクリア方法とは?

  4. ホームページを目立たせるアイコン画像ファビコンとは?

  5. ホームページを制作する際に活用したいフリー画像サイトとは?

  6. ホームページを開設する際に必要なページ数とは?