SEO対策で、お客様から一番多く聞かれる内容は「SEO対策をした後に効果が出るまでには、どのくらいの時間(期間)を要するのか?」という質問です。

現在のSEOは、これまでのGoogle検索アルゴリズムと状況が大きく変わってしまい、簡単に順位を上げることが難しくなってきました。

特にビッグキーワードで、検索順位を上げたい場合には、競合サイトが強く検索ボリュームも多いため、中長期の時間(期間)が必要になってきます。

 

また、ミドルキーワードやスモールキーワードの場合には、内部施策としてタグの修正やディレクトリ構造の改善をしただけで、短い時間(期間)で検索順位が上がることもあります。

今回は、株式会社セレクト・ワンの過去の経験から、SEO対策をした後に効果が現れるまでの時間(期間)について紹介をさせていただきます。

 

ビックキーワードのSEO対策にはどんな問題があるのか?

 

「内部施策」と「外部施策」の両方が必要になる

Google検索エンジンのアルゴリズムは、数百以上の様々な要素からWEBサイトの評価をして、上位に表示させるサイトを選定し検索結果の表示順位を決めています。

これらの状況において、SEO対策をした後に少しでも早く検索順位を上げていくためには、直近のアルゴリズムに適した内部施策(内部要因)と外部施策(外部要因)を忠実に実施することが必要です。

 

「内部施策」タグ情報やディレクトリ構造の修正

各種タグ情報の修正やディレクトリ構造の改善といった、WEBサイト内部のテコ入れを行うことで、数日から数か月程度で検索順位が上昇する可能性が高まります。

これらの作業は、内部施策のひとつでサイト内部の軽微な修正だけで済むため、作業工数もそれほど掛かることがなく、比較的早めに検索順位を上げることができる施策です。

 

「内部施策」コンテンツの追加

WEBサイトのテーマに合った、新しいコンテンツを作成し追加することで、テキストボリュームやWEBページなどサイト全体のボリュームが増えて、数週間から数か月程度で検索順位が上昇する可能性が高まります。

これらも内部施策のひとつで、サイトへの追加作業はそれほどの時間(期間)は掛かりません。しかし、ユーザーに有益なコンテンツを作成するための情報収集や企画、ライティング、校正は十分に労務と時間(期間)を要します。

ユーザーとテーマに合ったコンテンツの追加をしてからは、数週間から数か月程度と一定の時間(期間)が掛かりますが、検索順位を上げることができる施策です。

 

「外部施策」外部リンクの追加

SEO対象のWEBサイトに対して、新たに専用サイトを構築して被リンク数を増やすことで、半年または1年を目途に検索順位が上昇する可能性が高まります。

また、キーワードの難易度が高い場合や競合サイトが強い場合によっては、かなりの数の被リンクの追加が必要になります。

一度に大量に貼ることのできない外部リンクの追加は、日々の地道な作業になりますので、それなりの労務と時間(期間)が掛かります。

 

これらの作業は外部施策と言って、内部施策だけでは上がりにくいビックキーワードを選定している場合や競合サイトが強く、有名なポータルサイトが1ページ以内(10位以内)に多く存在している場合に有効な施策になります。

外部施策を開始してからは、半年または1年が目安とかなりの時間(期間)が掛かりますが、SEOの効果を大幅に早めることができます。

 

「結論」どのくらいの時間が掛かるのか?

SEO対策をした後に効果が出るまでに要する時間(期間)は、上位表示を狙うキーワードの難易度や競合サイトの強さ、自社サイトの構成やボリュームによっても変わってきます。

また、実施する内部施策や外部施策の手法によっても、「数日」「数週間」「数か月」「半年」「1年」など一概には言えませんが、最低でも1年間は継続して施策を行うことで、安定した上位表示が可能になります。

 

SEOの原則は、Google検索エンジンのクローラーが対象のWEBサイトを認識して、インデックスを重ねることで効果が現れてきます。

また、SEO対策をした後の上位表示までの時間(期間)を短縮するためには、Google search consoleの「URLの検査」を活用して、インデックスの登録をリクエストする方法があります。

 

しかし、インデックスの登録をリクエストしたからと言って、必ずしもSEOの効果が高まる(早く検索順位が上がる)ということではありません。

あくまでも「Google検索エンジンからインデックスがされやすくなっただけ」であって、このことだけで表示される順位が決定している訳ではない、ということは知っておく必要があります。

 

おわりに

今回は、SEO対策をした後に効果が現れるまでの時間(期間)について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEO対策で上位に表示される傾向が見られない場合には、様々な角度から現状を分析したうえで、早急にキーワードの選定や施策内容を見直していくことを推奨しています。

 

ビッグキーワードだけを選定していた場合にも、ミドルキーワードやスモールキーワードに変更をしたり、内部施策(内部要因)だけに頼った手法を選択していた場合には、外部施策(外部要因)を併せて導入することも検索順位を上げるためには必要です。

これからSEO対策の導入を検討している方は、この記事を参考にしていただいて、直近のアルゴリズムに適した内部施策と外部施策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 最新のSEO内部施策について(2)

  2. SEO対策でキーワード選定やアクセス解析に必要なツールとは?

  3. SEO対策で検索順位の上昇が遅いケースや早いケースとは?

  4. 最新のSEO内部施策について(4)

  5. SEO対策の基本と言えるキーワード選定の方法とは?

  6. SEO対策(コンテンツSEO)とコンテンツマーケティングの違いとは?