コンテンツマーケティングを運用していくうえで、意識をしておかなければならないポイントがいくつかあります。

コンテンツマーケティングは、WEBマーケティングに携わる方のなかでも、自社のサービスに関連性の高いニュースやトレンドな情報をライティングすることこそがコンテンツマーケティングだ、と間違った認識をされている方もおられます。

もちろん、精度の高い記事をライティングすることで、良質なコンテンツを作成することは大切ですが、コンテンツマーケティングには、他にも気を付けておかなければならない基本的な内容があります。

今回は、株式会社セレクト・ワンでも意識をしている、【コンテンツマーケティングを運用していくうえで重要なポイント】について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際のポイントについて!

 

コンテンツマーケティングの運用では必見!これだけは抑えておきたい重要なポイントとは?

【POINT1・・・他社にはないオリジナリティに富んだライティングをする】

競合のWEBサイトにはない、オリジナリティのあるライティングをして、記事の更新頻度を上げる。

コンテンツマーケティングは、いくら上手な表現でライティングをしていても、専門用語や難しい内容のコンテンツ(記事)に対して、ユーザーは読んでくれませんし、すぐにあきられてしまいます。

興味のない、読みにくいコンテンツ(記事)を見たユーザーは、最終的にそのページから離脱をして、二度とそのWEBサイトを見てくれることは無くなるでしょう。

コンテンツマーケティングの運用で、よく言われる良質なコンテンツ(記事)とは、ただ文章がうまくライティングされていれば良いということではありません。

ユーザーが読んでわかりやすく、タグ、共起語、関連キーワード、キーワード出現率などSEOの観点からどのように最適化するべきかを分析し、競合のWEBサイトにはない、オリジナリティにあふれたライティングにする必要があります。

また、コンテンツマーケティングの運用では、オリジナリティに富んだ記事が頻繁に更新されていることも併せて重要なポイントです。

 

【POINT2・・・ユーザーの立場で考える】

ユーザビリティーを常に意識する。

ユーザーにコンテンツ(記事)を提供していくうえで重要なことは、ごくあたりまえですが、ユーザー目線に立って考えるということです。

コンテンツマーケティングの運用は、ユーザーが欲して満足する、商品やサービスの情報を常に意識しておくことで、はじめて良質で有益なコンテンツを提供することが可能になります。

コンテンツマーケティングの運営者が提供したいと思う、自分本位なコンテンツ(記事)の内容ではなく、ユーザーの立場になって考えることが求められます。

 

【POINT3・・・視野を広げて話題性を持つ】

常に広い視野で話題性を持つ。

ユーザーのニーズは、何なのか、ユーザーの目的は、何なのか、ユーザーの好む話題や情報は、何なのか、ユーザーが気になるものとは、何なのか、など様々なものがあります。

コンテンツマーケティングを運用するうえで、これらのすべてを満たすことは難しいかもしれませんが、常に広い視野をもって話題性を考えてライティングすることが求められます。

そのためには、日頃から怠ることなく広くアンテナを張り巡らせて、ユーザーのニーズにマッチする情報の収集をしておかなければなりません。

 

【POINT4・・・自社の話題やニュースを発信しない】

自社の出来事や話題、ニュースなど余分な情報は持ち込まない。

ネタ枯れをおこして話題がないからと言って、自社で起こった出来事やニュースをユーザーに発信することは、コンテンツマーケティングではやってはいけないNG項目のひとつです。

ユーザーは、自分にとって必要なコンテンツ(商品やサービス)だけを欲する傾向がありますので、関係性が薄く必要のない情報は、コンテンツマーケティングの運用のなかに持ち込んではいけません。

関係のない余分な情報は、ユーザーに不信感を与えて敬遠される傾向が強くあります。

また、そのコンテンツを広告として見てしまった場合には、買わせようとしているのではないかという、警戒の心理が働いて、逆効果になってしまうこともありますので特に注意が必要です。

 

【POINT5・・・時代背景を常にとらえていく】

トレンドな情報の収集を行い、幅広い知識を持つ。

時代背景を敏感にとらえて、興味を引くコンテンツ(記事)を提供していかなければ、結果としてユーザーを逃すことにつながります。

コンテンツマーケティングは、業界のトレンド情報を収集したり、競合他社のWEBサイトをチェックしたり、提供する商品やサービスの改善をしたり、常に幅広い知識を持つことが重要です。

そのためには、情報収集するWEBサイトやベンチマークをしているWEBサイトを一覧にまとめて、いつでもすぐに閲覧できる環境にまとめておくことをオススメしています。

 

おわりに

今回は、株式会社セレクト・ワンでも意識をしている、【コンテンツマーケティングを運用していくうえで重要なポイント】について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

5つのポイントに分けて紹介させていただきましたが、そのなかでも弊社が特に重要視しているものは、【POINT1・・・他社にはないオリジナリティに富んだライティング】です。

ユーザーから見てわかりやすく、各種タグ、共起語、関連キーワード、キーワード出現率などSEOの要素を取り入れて、競合他社のWEBサイトにはないオリジナルコンテンツ(記事)を作成していくことは、コンテンツマーケティングを運用していくうえで最も重要なポイントです。

この記事をご覧になった方は、それぞれのポイントを参考にしていただいて、今後のコンテンツマーケティングの運用のなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングを運用する場合に活用したいPDCAとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを導入する前にやらなければならないこと!

  2. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  3. コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼する場合のメリ…

  4. ECサイトにコンテンツマーケティングを活用するためには?

  5. コンテンツマーケティングの運用で、コンテンツ(記事)を作成する際のポイ…

  6. コンテンツマーケティングを初めて導入するにはどうすれば良いのか?