コンテンツマーケティングを導入している企業では、「自社のサービスに関連性の高い情報をライティングすることが重要だ」と大きな方向性は間違っていませんが、漠然と取り組まれている方も多いようです。

もちろん、精度の高い記事をライティングして、良質なコンテンツを作成することは重要ですが、ユーザーが欲するコンテンツを提供していくためには、他にも抑えておきたいポイントがあります。

今回は、株式会社セレクト・ワンも重要視している【コンテンツマーケティングを成功に導くポイント】について紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

 

POINT1:競合企業と差別化を図りオリジナルの記事を作成する

競合サイトに無いライティングをして記事の更新頻度を上げる。

コンテンツマーケティングは、いくら上手な表現でライティングしていても、専門用語や難しい内容のコンテンツ(記事)に対して、ユーザーは読んでくれませんし直ぐにあきられてしまいます。

興味のない、読みにくいコンテンツを見たユーザーは、最終的にそのページから離脱をして、二度とそのサイトには訪問しなくなるでしょう。

また、コンテンツマーケティングで言われる「良質なコンテンツとは」ただ文章がうまくライティングしていれば良い訳ではありません。

 

ユーザーが読んでわかりやすく、タグ、共起語、関連キーワード、キーワードなどの含有率をSEO対策の観点から、どのようにコンテンツを最適化すべきか分析して、競合企業のサイトには無い、独自のライティングにしなければなりません。

また、コンテンツマーケティングの運用では、オリジナリティに富んだ記事が頻繁に更新されていることも重要なポイントです。

 

POINT2:顧客の立場になって考える

ユーザビリティを常に意識する。

ユーザーにコンテンツ(記事)を提供していくうえで重要なことは、ごくあたりまえですが顧客の目線に立って考えるということです。

コンテンツマーケティングは、ユーザーが欲して満足する、商品・サービスの情報を常に意識しておくことで、はじめて有益なコンテンツを提供することができます。

コンテンツマーケティングの運営者が提供したいと思う、自分本位なコンテンツではなく、顧客の立場になって考えることを求められます。

 

POINT3:視野を広げて話題性を持つ

常に広い視野で話題性を考えてライティングする。

ユーザーのニーズは何なのか?ユーザーの目的は何なのか?ユーザーの好む話題や情報は何なのか?ユーザーが気になるものとは何なのか?など顧客が望むことは様々にあります。

コンテンツマーケティングは、これらすべてを満たすことは難しいかもしれませんが、常に広い視野で話題性を考えてライティングすることが必要です。

そのためには、日頃から怠ることなくアンテナを張り巡らせて、ユーザーのニーズにマッチする情報収集をしておかなければなりません。

 

POINT4:広告と間違われる情報の発信をしない

自社の出来事など余分な情報は持ち込まない。

コンテンツマーケティングは、急速なインターネットの普及や情報化社会の発展に伴って広まった手法です。

ネタ枯れをおこして話題がないからと言って、自社に起こった出来事やニュースを一方的に発信することは、コンテンツマーケティングのようなオウンドメディアの運用では、絶対にやってはいけないNG項目です。

ユーザーは、自分にとって必要なコンテンツ(記事)だけを欲する傾向がありますので、関係性が薄く必要のない情報は持ち込んではいけません。ユーザーに関係のない情報は、むしろ不信感を与えて敬遠されてしまいます。

また、その情報を広告として見てしまった場合には、買わせようとしているのではないかという、警戒の心理が働いて、逆効果になってしまうこともありますので注意が必要です。

 

POINT5:時代背景を常にとらえていく

トレンドな情報の収集を行い幅広い知識を持つ。

時代背景を敏感にとらえて、興味を引くコンテンツ(記事)を提供していかなければ、結果としてユーザーを逃すことにつながります。

コンテンツマーケティングは、業界のトレンド情報を収集したり、競合企業のサイトをチェックしたり、自社が提供する商品・サービスの改善をしたり、常に幅広い知識を持つことが重要です。

そのためには、情報収集するサイトやベンチマークをしているサイトを一覧にまとめて、いつでも閲覧できる環境にまとめておくことを推奨しています。

 

おわりに

今回は、株式会社セレクト・ワンも重要視している【コンテンツマーケティングを成功に導くポイント】について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

5つのポイントのなかでも、弊社が特に重要視しているものは【POINT1:競合企業と差別化を図りオリジナルの記事を作成する】になります。

 

コンテンツマーケティングは、ユーザーからわかりやすく、各種タグ、共起語、関連キーワード、キーワードの出現率などSEOの要素を取り入れて、競合企業のサイトには無いオリジナルコンテンツ(記事)を作成することが最も重要なポイントです。

この記事をご覧になった方は、ライティングやコンテンツ作成のスキルを向上させる方法として、今後の取り組みのなかでお役立てください。

 

コンテンツマーケティングで活用するPDCAサイクルとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを失敗させない5つのポイントとは?

  2. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションは連携できるか…

  3. コンテンツマーケティングを導入する前にやるべきことは?

  4. コンテンツマーケティングはユーザーに見つけてもらうことが重要!

  5. コンテンツマーケティングで重要な重複、類似コンテンツのチェックツールに…

  6. コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?