コンテンツマーケティングとクリエイティブのふたつは、重要でとても強い関係性にあることは、皆さんはご存知でしょうか。
また、クリエイティブという言葉は、ビジネス用語としてよく聞くことがありますが、一言で中身まで説明するには難しく、本来の意味まで理解して使われている方は少ないと思います。
今回は、コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性について、その重要性や最適化の観点から紹介をさせていただきます。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じ意味のこと?

 

クリエイティブとはどのようなものか?

【一般的なクリエイティブの意味について!】

クリエイティブとは、一般的には創造的であるという意味です。

また、広告業界では広告に掲載するために制作された素材のことで、WEBサイトの制作やデザインの業界では、作品に使用されている素材のことを指しています。

また、インターネット広告業界では、バナー広告などに使用する素材(画像や写真)などを指すことも多く見られます。

クリエイティブは、クリエーターのアイデアを元に作られる、新しいコンテンツやデザインのことを呼ぶこともあるため、広告業界だけではなく、WEBサイトのデザインやゲームなどのIT業界でも広く使用されている用語です。

 

クリエイティブの重要性とはどのようなものか?

【コンテンツマーケティングにクリエイティブがいかに重要であるか?】

コンテンツマーケティングを運用していくうえで、良質で有益なコンテンツを提供していかなければならないことは、これまでも何度か紹介をさせていただいています。

ユーザーが商品やサービスについて紹介しているコンテンツを閲覧した場合に、デザインやデザインカラーがマッチしていなかったり、見にくかったりしては、WEBサイトからの離脱や直帰の原因につながっていきます。

せっかくWEBサイトへ訪問しに来たユーザーをクリエイティブの問題で取り逃してしまうことは、企業やWEBサイトの運営者にとっては大きな損失になります。

クリエイティブの存在は、コンテンツを作成する際に見過ごしてしまうことがありますが、ユーザーの離脱や直帰を防ぐという意味でも重要な役割を果たしています。

 

クリエイティブ最適化とはどのようなものか?

【コンテンツマーケティングのクリエイティブ最適化について!】

コンテンツマーケティングのクリエイティブ最適化とは、ユーザーが商品やサービスについて紹介しているコンテンツを閲覧した場合に離脱や直帰をさせないためのものです。

クリエイティブの最適化をすることで、WEBサイト集客=セッション数を増やして、潜在ユーザーや見込みユーザーをお問い合わせや購買などのコンバージョンへつなげなければなりません。

ここでは、クリエイティブの確認と最適化の内容について紹介をさせていただきます。

 

【クリエイティブの確認】

・自社サイトの現状のWEBページごとのアクセス数を把握しているか。

・自社サイトの現状のWEBページごとの離脱率を把握しているか。

・自社サイトでユーザーに見てもらいたいWEBページのアクセス数が、見込みユーザーや購入ユーザーの数と合致しているか。

・カタログ、資料請求、お申し込み、予約、サンプル申請などお問い合わせフォームまでのユーザー導線はわかりにくくないか。

 

【クリエイティブの最適化】

・WEBサイトのなかで特に離脱率が多いWEBページに絞って重点的に最適化を行う。

・見てもらいたいWEBページのアクセス数が、見込みユーザーや購入ユーザーの数と合致していなければ、そのWEBページに対して最適化を行う。

・お問い合わせフォームまでの導線に離脱箇所が確認できた場合は、その箇所に対して最適化を行う。

・すべての確認作業が終了したら、WEBサイトに対してリニューアル最適化の計画を立案する。

 

※WEBサイトのリニューアル最適化をする内容について

デザイン、デザインカラー、レイアウト、インターフェイス、テキスト数、ページボリューム、章立ての構成などすべてを見直します。

 

コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とはどのようなものか?

【コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性について!】

ここまでは、クリエイティブの重要性と最適化について紹介をしてきました。

次は、コンテンツマーケティングとクリエイティブとの関係性についても紹介をさせていただきます。

 

一般的な企業やWEBサイトの運営者は、見た目だけを重視してWEBサイトのリニューアルをすれば良いのではないか?と思われがちですが、それだけでは、WEBサイト集客=セッション数を増やしたり、潜在ユーザーや見込みユーザーを購入ユーザーまでつなげることはできません。

コンテンツマーケティングを運用していくうえでクリエイティブとは、単純にデザインをカッコよく見た目だけをキレイにするということではなく、コンテンツのデザイン、デザインカラー、レイアウト、インターフェイス、テキスト数やページボリュームなどすべての要素を考慮して、WEBサイトのリニューアルと並行して最適化を行っていきます。

コンテンツマーケティングの運用は、いかにユーザビリティにマッチしたコンテンツを提供していくかが大切です。

これを実現するためには、コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性が必要不可欠で コンテンツ=クリエイティブの双方は、きっても切り離せない関係にあると言えるでしょう。

 

おわりに

今回は、コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性について、その重要性や最適化の観点から紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでコンテンツマーケティングを運用していくなかで、私自身もクリエイティブの存在については重要視をしてきませんでした。

このコンテンツの作成にあたって、改めて双方の視点から確認をしたことで、コンテンツマーケティングとクリエイティブは重要な関係性にあることに気づかされました。

この記事をご覧になった方は、コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性を十分に理解したうえで、今後のコンテンツ作成に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングを運用する上で重要な共起語について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを運用していく上で重要なポイントとは?

  2. コンテンツマーケティングの運用で上位表示をさせるための記事の書き方は?…

  3. コンテンツマーケティングの運用には、なぜKPIの設定が必要なのか?

  4. コンテンツマーケティングの運用でも使える、マーケティング戦略4P,4C…

  5. コンテンツマーケティングの運用で効果を出せるタイトルの付け方とは?

  6. ホームページに公開したコンテンツ(記事)を読んでもらうためには?