古い情報のまま、更新がされていないホームページを見かけることがよくありますが、こんなWEBサイトを見た時に皆さんはどのように感じるでしょうか?

このように、公開した後にホームーページを放置状態にしておくことは、WEBサイトの管理者が絶対にやってはいけない事項のひとつと言えるでしょう。

今回は、更新しないホームページはどうなってしまうのか、その理由や発生するデメリットを交えながら紹介をさせていただきます。

 

ホームページを制作して公開するメリットとデメリットとは?

 

なぜ?多くの企業はホームページを更新しないのか、その理由について考えてみました。

1.ホームページを運用する担当者がいない。

自社内にITリテラシーが高く、WEBの知識を持った方がいない場合は、ホームページが更新されない一番多く見られるケースです。

ホームページは、ITやWEBの知識が無くても簡単に更新が可能な、WordpressのようなCMSを利用して構築しておくことがオススメです。

また、ホームページが公開されるタイミングで、その後の運用時に活用できる【WEBサイト更新マニュアル】を業者から提出してもらうことも必要です。

 

2.ホームページの運用、維持、管理にコストが掛かる。

ホームページの制作に掛かる予算については、あらかじめ多めに確保するお客様がいますが、公開後の運用、維持、管理のコストを見込んでいないケースはよくあります。

ホームページは、初期に掛かる制作費用の他にも運用、維持、管理のコストが発生することを計画の段階から把握しておかなければなりません。

 

3.ホームページの重要性を解っていない。

多くのお客様が気付がいていないことが、ホームページの存在や更新の重要性を解っていないケースです。

この記事で取り上げているように、「ユーザーにどのように見られているのか」「更新しないとどんなデメリットが出てくるのか」などの知識がなく、面倒な業務のひとつとして更新作業を遠ざけてしまうことがあります。

まずは、ホームページが果たす役割やメリット、更新の重要性を理解することが必要です。

 

ホームページを放置した場合には様々なデメリットが出てきます。

【デメリット1】

検索結果の順位の下降により、アクセス数が減少する。

昨今のGoogle検索エンジンのアルゴリズムは、更新頻度やコンテンツの少ないホームページの検索順位に、低い評価を与える傾向が強くなってきました。

検索結果の表示順位が下降するということは、アクセス数や流入の減少につながっていきますので、ホームページの更新をすること自体が効率の良いSEO対策になっています。

 

【デメリット2】

企業のブランディングに悪影響がでる。

ユーザーから見た場合に、更新されていないホームページを公開している企業のイメージは悪く、信頼性に欠けるものがあります。

特に、複数の企業との相見積や比較検討をしている場合には、更新頻度が多くデザインが優れたWEBサイトを持つ企業へ依頼をすることになるでしょう。

ホームページの更新をしないで放置することは、企業のブランディングにも悪影響を及ぼしていきいます。

 

【デメリット3】

セキュリティ障害の危険性が高まる。

WordPressのようなCMSで構築したホームページの場合には、頻繁にバージョンアップやプラグインの更新作業が発生してきます。

更新作業を怠ることで、突然にホームページが閲覧できなくなることや強制的に別のWEBサイトへ転送を掛けられるような、ウィルス感染やセキュリティ障害が出ることがあります。

ホームページの更新を怠ることは、今まで見たことも無かったウィルスやセキュリティ障害の危険性が高まっていきます。

 

ホームページの更新が必要になるコンテンツとは?

1.お知らせ(ニュース)

企業のお休みや社内行事の日程、新サービスや新商品のリリースなどユーザーに告知したい内容は、「お知らせ(ニュース)」として更新が必要なコンテンツです。

 

2.よくある質問(Q&A)

新しくお客様から受けた質問やそれに対する回答は、「よくある質問(Q&A)」として最新の情報を提供していく必要があります。

 

3.お客様の声(導入実績)

自社の取り組みに対する、これまで取引の無かった「お客様の声(導入実績)」は、閲覧するユーザーの参考になるコンテンツとして、頻繁な更新が必要になります。

 

4.ビジネスブログ(お役立ち情報)

自社の事業に関連する、ユーザーやお客様に向けた「ビジネスブログ(お役立ち情報)」は、コンテンツマーケティングやSEO対策の役割も担う貴重なコンテンツとして、日々の情報発信が必要になります。

 

おわりに

今回は、更新しないホームページはどうなってしまうのか、その理由や発生するデメリットを交えながら紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページを更新して、常に最新の状態に保つことは、企業がビジネスを展開するうえで重要なことだとお解りいただけただと思います。

 

インターネットを活用する多くのユーザーは、更新をしていないホームページを持つ企業を信用することはなく、放置状態にしておくことはデメリットしかありません。

この記事をご覧になった方は自社の参考にしていただいて、ホームページの更新頻度が向上するように今後の取り組みでお役立てください。

 

ホームページの制作をした後の更新作業について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページをスマホ対応にするメリットとは?

  2. ホームページの制作で活用したい文章の校正方法とは?

  3. ホームページの集客効果が悪い原因について!

  4. ホームページの保守にはどんな作業があるのか?

  5. ホームページを開設すればどんなメリットが生まれるのか?

  6. ホームページで確認したいキャッシュのクリア方法について!