SEO対策をするうえで、狙ったキーワードを検索結果の上位に表示させるために、よくある質問が有効なことは、SEO対策に携わる方やWEBマーケティングを運用している方であれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

よくある質問は、株式会社セレクト・ワンでも自社のホームページの運用やお客様への導入を積極的にオススメしているコンテンツのひとつです。

今回は、SEO対策にも効果がある【よくある質問】を取り上げて、メリットや書き方のポイント、運用時やその後の注意点について紹介をさせていただきます。

 

SEO対策にも効果がある【お客様の声】ページの作成について!

 

SEO対策にも効果がある【よくある質問】とはどのようなものか?

まず、SEO対策にも効果があるコンテンツの【よくある質問】について紹介をさせていただきます。

よくある質問とは、ユーザーから頻繁に尋ねられる質問とそれに対する回答を取りまとめたものを言います。

別の言い方で英語では、FAQ( Frequently Asked Questions)とも言われていて、内容は全く同じ意味のことを指しています。

FAQと似た英語表記では、Q&A(Question&Answer)と言う呼び方もありますが、これもほぼ同じことを意味しています。

日本国内のホームページへの掲載では、一般的によくある質問という名称の方が、ユーザーから見てわかりやすいコンテンツとして広く知られています。

よくある質問

 

【よくある質問】をコンテンツとして採用するメリットとは?

よくある質問は、カテゴリごとに分類して、ホームページ上に掲載することで、ユーザーや運営者の双方にとって、SEOの効果の他にも様々なメリットをもたらしてくれます。

既にSEO対策のコンテンツとして導入されている方も、もう一度以下の内容をもとに自社のよくある質問の内容を確認してみてください。

 

・狙ったキーワードを含んだコンテンツやテキストを盛り込むことで、SEO対策として効果が上がる。

・新たな質問と回答を掲載することで、ホームページの更新頻度が上がり、SEO対策として効果が上がる。

・新たな質問と回答を掲載することで、ホームページのページ数(サイトボリューム)が増えて、SEO対策として効果が上がる。

・Q&AのコミュニティサイトやSNSからの被リンクが自然発生的に増えて、SEO対策として効果が上がる。

・よくある質問を見たユーザーを他ページへ誘導することにより、ホームページ全体のページビュー数が上がる。

・ユーザーの疑問点をお問い合わせの前に解消できることで、企業やサービス、ホームページの信頼度や安心感が上がる。

・ホームページ全体や企業やサービスのブランディングが構築できたことで、結果としてコンバージョンにつながる。

・ユーザーや運営者、双方の電話やメールでの対応時間を削減することができる。

・無駄なお問い合わせの件数を減らすことで、運営者の労務やコスト(サーポート業務の負担)を削減することができる。

・ユーザーからの質問に答えることで、他社との違いや自社の商品やサービスをアピールすることができる。

・サービスの方針や契約内容の補足などを掲載することで、契約のミスやクレームを事前に防止することができる。

・自社(自分)が知らなかった課題や解決策を他社(他人)のよくある質問を見ることで、把握することができる。

 

SEO対策では必見!【よくある質問】を作成する場合のポイントや注意点とは?

次に、どのような観点から質問と回答を作成すれば、ユーザーに対して有効なコンテンツになるのか?よくある質問を作成する場合のポイントと運用時やその後の注意点などについても紹介をさせていただきます。

 

・実際にユーザーからもらった質問やお問い合わせとそれに対する回答をリアル(忠実)に掲載する。

・SEO対策を考慮して、頻繁に検索されるキーワード(検索クエリ)から逆算して、質問と回答を作成する。

・上記とは逆に、SEO対策を意識しすぎての過剰なキーワードの詰め込みを質問と回答に対して行わない。

・自社の商品やサービスのアピールしたい内容から逆算して、質問と回答を作成する。

・ユーザーが情報を探しやすくするため、質問と回答のカテゴリをわかりやすく分類する。

・無駄な質問や回答を入れて文章を増やすことで、ユーザーの離脱が起こるため、不要なものはあえてテキスト内には入れない。

・SEO用語やマーケティング業界用語など複雑な表現は使用しないで、誰が見てもわかる内容の説明やテキストにする。

・説明やテキストが長くなる場合は、詳細ページにリンクをさせてユーザーを誘導する。

・よくある質問だけで解決できない場合のために、ユーザーからのお問い合わせ導線をホームページ内で明確にしておく。

・質問や回答の傾向が時間とともに変わって劣化していくので、定期的なテキストの更新と修正のメンテナンスを繰り返す。

 

おわりに

今回は、SEO対策にも効果がある【よくある質問】を取り上げて、メリットや書き方のポイント、運用時やその後の注意点について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

多くのメリットがあり、万能なコンテンツとも言えるよくある質問は、ホームページ上に掲載することで、SEO対策としての効果やブランディング構築、ユーザビリティの向上という意味でも重要な役割を果たしてくれます。

これから新規でホームページの制作やリニューアルを検討している方、現在のホームページにコンテンツとして設置されていない方は、SEO対策にも有効なコンテンツと言える【よくある質問】の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策で有効と言われるパンくずリストとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

  2. ローカルSEOは、今すぐ始めるのも簡単なSEO対策なのか?

  3. スマートフォンのSEO対策やモバイルSEOに必要な要素について!

  4. 最新のSEO内部施策について(1)

  5. お問い合わせフォームからユーザーの離脱を防ぐEFO対策について!

  6. 最新のSEO内部施策について(2)