オススメ情報

SEOチェキ!とは?使い方の解説

SEOチェキ!とは?使い方の解説

この記事をご覧の皆さんは、SEOチェキ!についてご存知でしょうか。

読み方は【せおちぇき】とも言われていて簡単に言うと「SEO対策に役立つ無料ツールのこと」です。

SEOチェキは、以下のような方にオススメのサービスです。

 

・SEOツールをまだ使ったことがない人

・数あるSEOツールの中でどれを使ったら良いか分からない人

 

では、SEOチェキを活用することによって、どういった効果があるかお分かりでしょうか?

 

・自社サイトの現状を把握できる

・競合サイトを分析できる

・自社コンテンツが改善すべき点を見つけられる

 

SEOチェキを活用して、サイトのSEO状況を確認すれば、自社コンテンツの改善すべき点を見つけたり、競合サイトの強みや弱みを把握したりすることができます。

最終的にターゲットユーザーを自社のサイトへ集客できれば、検索順位のアップにもつながります。

このように、SEO対策を効率よく講じるのに役立つSEOチェキは、サイトを上位に表示させるためには欠かせないSEO対策のツールとも言えます。

 

そんな、SEOチェキというツールについて聞いたことがあっても、詳しい機能までは知らない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は「SEOチェキ!とは?使い方の解説」と題して、SEOチェキの定義や特徴を明らかにして、使い方を画像付きで解説いたします。

その上で、SEOチェキで調べられる項目と活用法についてご紹介させていただきます。

 

SEO対策で競合サイトを分析するチェックツールとは?

 

SEOチェキ!とは

SEOチェキとは「SEO対策に役立つ無料ツールのこと」です。

Webサイト上のサービスであってアプリではないため、会員登録やインストールをする必要がなく、誰でもすぐに使用することができます。

ただし、利用回数には制限があり1日に調査できるのは、1IPアドレスあたり200回までです。

なお、ここで言うIPアドレスとは「IPにおいてパケットを送受信する機器を判別するための番号のこと」です。

Internet Protocol Addressの頭文字を取っていて、別名インターネットアドレスと呼ばれることもあります。インターネット上の住所に当たるもので、PCやスマホを始めとするネットワーク上の機器に割り振られます。

IPアドレスは大きく2つに分類できます。下記の通りです。

 

・グローバルIPアドレス

外線電話のイメージ。

 

・プライベートIPアドレス

内線電話のイメージ。

 

割り振り方にも2つの種類があります。下記の通りです。

 

・動的(可変)IPアドレス

・固定(不変)IPアドレス

そんな、IPアドレスは全世界のネットワーク機器に割り振るうちに、枯渇問題に直面してしまいました。

従来のIPアドレスは、「IPv4」というプロトコルを採用していて、約43億通りのIPアドレスを管理することができました。

しかし、インターネットの急速な普及に伴ってIPアドレスの数が足りなくなるという問題が発生しました。

そこで、新たに「IPv6」が取り決められました。以来、実質無限に近い43億の4乗通りまでIPアドレスを管理できるようになり、近い将来IPアドレスの数が足りなくなる心配はなくなりました。

このようにIPアドレスは、インターネット通信に対応した全てのネットワーク機器に割り振られているのです。

 

SEOチェキ!の特徴

SEOチェキには大きく3つの特徴があります。

 

手軽に使えて簡単

調査したいサイトのURLを検索ボックスに入力して「チェック!」をクリックするだけで、自社サイトや競合サイトのSEO状況を確認できます。

サイトを分析すると、自社コンテンツの改善すべき点を見つけられます。

その改善点を修正すれば、検索順位が上位に表示されるなど、これまでよりも高いSEO効果が見込めます。

 

ブックマークレット機能

ブックマークレット機能は、調査したいサイトのURLを「チェック!」した後、次に表示されるページを下にスクロールすると、画面右下に表示されています。

SEOチェキを前もってブックマークに登録しておけば、調べたいサイトを閲覧している状態でサイトの情報を調査できます。

これにより、サイトのSEO状況を確認する度にしていたURLのコピペをする手間が省けます。

数多くのデータを活用できる

サイトSEOチェックには数多くの機能が付いており、項目はA.基本チェック項目B.追加チェック項目の2つに分けられます。下記の通りです。

 

A.基本チェック項目

・「title」「h1タグ」「meta description」「meta keywords」

 

内部リンク、外部リンクといった発リンク数

 

・最終更新日時

調査したページが最後に更新された日

 

・ファイルサイズ

 

・読み込み時間

ページスピードは、SEOの重要な指標の一つです。

表示速度が遅いページは、ユーザーから敬遠されてコンバージョン率を下げてしまいます。ユーザーは、ページの読み込みがあまりにも長いとストレスを感じます。

一方、表示速度が速いページは利便性の良さが認められてユーザーからの満足度が高い傾向になります。

Googleは、2018年に「ページスピードアップデート」を実施するなどページ読み込み時間もサイトを評価する際の判断材料に入れることを公表しています。

3秒以上かかってしまう場合には、改善が必要とされています。

 

・Alexaランキング

世界中のWebサイトのアクセス数を推計してランク付けするサービスのこと。2022年5月1日を持ってサービス提供が終了しました。

 

・Google とYahoo!のインデックス

検索エンジンにWebサイトが登録された回数

 

・利用ホスト

サイト運営者が利用しているサーバーのIPアドレス

 

・ドメインの登録年月日

 

・Facebookの「いいね!」の数

SEOに直接的な影響はないものの、コンテンツがどれだけ拡散されているかを見て、自社コンテンツの改善に役立てられます。

 

・ソーシャルブックマーク登録数

はてなブックマークやtwitterでのシェア数

B.追加チェック項目

・検索順位

「チェック!」したサイトが検索エンジンで何位に表示されているか

 

・キーワード出現頻度

1つのページにキーワードがどれだけ出現するかを表す

 

・発リンク一覧

どれほどの数の内部、外部リンクがどこに設置されているか

 

・Whois情報

ドメインの登録年月日の詳細

 

・HTTPヘッダ情報

Webページが表示されるときに送受信されるテキストデータのこと

 

このように、SEOチェキで数多くのデータを活用できることがお分かりいただけたかと思います。

 

SEO外部施策で重要な被リンクのチェックツールとは?

 

SEOチェキ!の使い方を画像付きで解説

SEOチェキとは?一体どういったものか分かったところで、続いてSEOチェキの使い方を画像付きで解説していきます。

 

SEOチェキ!の使い方

SEOチェキの使い方はとても簡単です。3ステップで完結します。

 

STEP1:SEOチェキのサイトにアクセスします

トップページに検索ボックスが表示されている

STEP2:画面中央の検索ボックスに調査したいページURLを入力して「チェック!」を押します

画像では当サイトのURLを入力しました

STEP3:サイトのSEO状況を確認できます

今回の画像による説明では、調査したいページのURLを「サイトSEOチェック」の検索ボックスに入力しましたが、「検索順位チェック」「キーワード出現率チェック」「発リンクチェック」「Whois情報チェック」を調査する時もほとんど同じ手順になります。

 

 

SEO対策で検索順位を知るためのチェックツールとは?

 

SEOチェキ!で調べられる5つの項目

SEOチェキで調べられる項目は数多くありますが、中でも下記でご紹介する5つが主な機能だと言えます。

 

サイトSEOチェック

チェックしたいページのURLを入力すると、下記の情報が一覧で表示されます。

 

・「title」「h1タグ」「meta description」「meta keywords」

・発リンク数

・最終更新日時・ファイルサイズ・読み込み時間 

・Alexaランキング

・Google 、Yahoo!のインデックス数

・利用ホスト 

・ドメインの登録年月日

・Facebookの「いいね!」の数

・ソーシャルブックマーク登録数 

 

上記では、SEOチェキで調べられる項目をいくつか列挙しましたが、中でも「title」「h1タグ」「meta description」「meta keywords」の4つは、SEOとの関わりが深いため、特に重要です。

titleは、ページのタイトルを表します。

画像では「コンテンツマーケティングの導入・運用なら|株式会社セレクト・ワン」と記載されている箇所がタイトルに該当します。

h1タグは、すべてのタグの中で最も重要な見出しタグを指します。h1タグのページ情報もtitleと同じ文言です。

こうしたタイトルや見出しを書くときには「対策キーワードを含める」必要があります。

なぜなら、Googleを始めとする検索エンジンは、タイトルに対策キーワードを盛り込んでいるサイトほど高く評価し、検索順位の上位に表示するためです。

また、サイトを作る時に、検索エンジンに認識されやすいHTML構造にすると、クローラーが効率よくページを巡回しやすくなり、SEO効果が高まるので覚えておきましょう。

 

「meta description」「meta keywords」は、SEO評価に直接的に影響しませんが、ユーザーの利便性が向上するかどうかに影響します。

なお、ここで言うmeta description(以下 メタディスクリプション)とは「head内に記述されるページの概要を表すテキスト情報のこと」です。

一方、meta keywordsは「調査したページに多く散りばめられている重要なキーワードのこと」です。

メタディスクリプションを最適化することによる検索結果へのSEO効果は、現在のGoogleアルゴリズムでは、ほとんど影響がありません。

HTMLのソースでは、以下のように表されます。

 

〈meta name=‟description”content=‟○○”〉

 

○○の部分が検索エンジンの検索結果画面で、タイトルの下部に表示される説明文に該当します。

そんな、メタディスクリプションはユーザーのCTR(クリック率)にも大きく影響します。そのため、サイトの説明文を記述する際には、情報を検索するユーザーの目線に立つことが求められます。

そして、ページの内容を正しく記載することで、検索ユーザーを自社サイトへ誘導することができます。

Webサイトを開きたくなるような魅力的な文章を書くようにしましょう。そのためには、思わず閲覧したくなるキャッチ―な表現も必要になってきます。

ページの内容だけでなく、文字数にも注意する必要があります。実際にGoogleの検索結果で表示される文字数は、PC版で120文字程度、スマホ版で50文字程度とされているため、SEO対策したいキーワードを前の方に含めるなど工夫を凝らすことが求められます。

 

このように、メタディスクリプション(Webサイトの概要を記述する説明文)を適切に書くことで、検索ユーザーを自社サイトに集客することができます。

それだけでなく、検索エンジンにページ情報を伝える役割を果たせます。

メタディスクリプションを最適化することによる直接的なSEO効果はありませんが、「自社サイトを閲覧するユーザーが増える→アクセス数が増える→検索エンジンが自社サイトを上位に表示する」というような流れで、回りまわって間接的なSEO効果を見込める可能性があります。

そのため、サイトを運営している人は特に適切な書き方を心掛けるようにしましょう。

 

検索順位チェック

チェックしたいページのURLと対策キーワード(3つまで)を入力すると、「チェック」したサイトが指定したキーワードでそれぞれ何位に表示されているかを知ることができます。

例えば、ワード1「コンテンツマーケティング」はYahoo!では11位以下ですが、Googleでは70位です。

一方、ワード2「SEO対策」はYahoo!では11位以下ですが、Googleでは63位です。

なお、Googleは100位まで調査し(それより下だと圏外)、Yahoo!は10位まで調査します。

そのため、Googleは10位以下も表示されますが、Yahoo!だと11位以下のとき「11位以下」としか表示されません。

調査したいサイトがYahoo!で何位か気になる人は、実際に検索してみるのがオススメです。

また、「○○位」という青いリンクをクリックすると、GoogleとYahoo!それぞれで実際の検索結果ページに遷移できます。

検索順位チェックは、上位に表示させたいキーワードがある人におすすめの機能です。

自社サイトの検索順位をもっと上げたい方はSEO対策を講じましょう。

 

キーワード出現頻度チェック

キーワード出現頻度チェックの機能では、キーワードが出現する回数・比率・総単語数をチェックできます。

上の画像の例だと、「ホームページ」というワードは回数が25回、全体に占める比率が4.01%と表示されています。

そんなキーワード出現頻度チェックを読み取るときに確認するポイントは主に2つあります。

「対策キーワードが上位に含まれているかどうか」と「自社と競合で共起語の数にどれだけ差があるか」です。

 

キーワード出現頻度チェックをして、もし対策キーワードが上位に含まれていなければ、記事をリライトするときにでも増やしましょう。

しかしキーワードは、多く含めれば含めるほど良いわけではありません。回数や比率を見て少ないと感じたタイミングでその都度増やします。

このように重要なキーワードの出現率も高めると、Webページと検索クエリの関連性が高まり、SEO効果が得られます。

なお、ここで言う検索クエリとは「検索するときにユーザーが実際に入力する、単語または複数語のこと」です。

 

分析された結果を見て「自社サイトは競合サイト比べ共起語が少ない」と感じた場合には、記事コンテンツの文脈に合う形で、キーワードをたくさん盛り込みましょう。

なお、ここで言う共起語とは「主となる軸のキ―ワードを設定して、そのキ―ワードからよく連想される関連キ―ワードのこと」です。

 

例えば、「サッカー」というキーワードが主となる軸であれば、「日本」「海外」「選手」といった言葉が関連キーワードとして挙げられる可能性が高いです。

自然な文脈でコンテンツの中に共起語が含まれていると、ユーザーは「自分が求めていた情報が得られた」「このWebサイトは読みやすい」と感じます。

そのため近年では、マーケティング戦略を立てる企業の多くは、共起語を盛り込んだコンテンツを作成しようとしています。

その理由は、Googleを始めとする検索エンジンがWebサイトを評価するときに、共起語を重要な判断材料にしているためです。

特に、情報の網羅性・専門性が高いWebサイトは必然と評価され、検索エンジンの上位に表示されるようになります。

 

このように、メインのキーワードと関連性の高いキーワードは共起語と呼ばれ、サイト運営者がSEO対策を講じるときに活用されています。

Webサイトが上位に表示されると、見込み顧客の目に触れる機会も増え、最終的には自社が展開する商品やサービスを認知拡大につながります。

また、共起語を見つけるツールも存在します。無料版もあるため、自社のプロモーションを成功させたい方は使ってみましょう。

このようにキーワード出現頻度を確認すると、「チェック」したサイトに、キーワードが出現する回数・比率・総単語数をチェックできると同時に、ページの全体像が浮かび上がってきます。

 

発リンク一覧

発リンクとは「閲覧しているページから別のページへ遷移させるリンクのこと」です。

発リンクと一括りに言っても大きく2種類あります。

同じサイト内の他のページへ遷移させるリンク(内部リンク)と外部サイトまで遷移させるリンク(外部リンク)です。

自社サイトを上位に表示させるために、SEOや検索順位、キーワードを調査しますが、実は発リンクを調査することも同じくらい重要です。

 

では、なぜ発リンクに配慮しないといけないのでしょうか?

理由は「発リンクの数や質がサイト評価に影響を与えるため」です。Googleは良質な発リンクを数多く持っているサイトを高く評価する傾向にあります。

評価されたサイト多くは、検索順位の上位に表示されます。

反対に、リンク先のページと何の関連性もないアンカーテキスト(リンクを設定したテキスト)で発リンクすると、SEO効果が上がるどころかむしろ下がってしまいます。

そんな発リンクチェックの機能では、リンク先のタイトルやURLだけでなく、nofollow属性タグの有無もチェックできます。

 

なお、ここで言うnofollow属性タグとは「検索エンジンがnofollowタグの貼られたリンク先を巡回しないようにするタグのこと」です。

なお、2019年9月に変更されるまでnofollowタグは検索エンジンに確実に知らせることができていました。

そもそもnofollowの属性が変わったのは、本来の用途に反して「外部サイトに評価を渡したくないから」という理由でタグを設置するサイト運営者が多かったことが背景にはあります。

この頃nofollowタグの変更と同時に、ユーザー生成コンテンツ用の「ugc」、広告リンク用の「sponsored」など、具体的にリンク先を示す属性値が登場しました。

そんなnofollow属性タグが使われる場面はいくつかあります。下記の通りです。

 

・有料の広告リンク

・コメントや口コミ、フォーラム投稿

・ユーザーが生成できるコンテンツ

・サイトにとって不利益になり得るリンク

 

このようにnofollow属性タグを使えば、自社サイトのリンク評価が悪質なサイトへ受け渡されることはありません。

基本的には、nofollowタグを設定することによるSEO効果は見込めません。

ただし、nofollow属性タグは使い方を間違えると、サイトの評価が下がってしまう恐れがあるため、ページに設置する際には正しい使用方法で活用するようにしましょう。

 

Whois情報

Whois情報を見ると、ドメイン登録者の情報をチェックできます。

なお、ここで言うドメインとは「インターネットに接続されるコンピューターの「住所」のこと」です。

そのため、ホームページやブログを始めとするWebサイトは「家」ということになります。

ドメイン名に該当するのは、

 

・ホームページであれば、https://www.○○.com/の「○○.com」の部分

・メールアドレスであれば、mail@○○.comの「○○.com」部分

 

Whois情報には、ドメイン年齢は記載されていませんが、ドメインの登録年月日から計算することができます。

例えば、ドメインを2011年12月に登録した当サイトであれば、サイトのドメイン年齢は10年8カ月となります。(2022年8月現在)

このように、ドメイン年齢が長いとドメインパワーが付いて、Googleを始めとする検索エンジンから高く評価されやすくなります。

今回は、自社サイトを例に挙げましたが、もちろん競合サイトがどれだけドメインを運用してきたかも確認できます。

 

このようにSEOチェキを使うことで、自分のサイトには何が足りないのかを知ることができると同時に、競合サイトの強みや弱みも分析できます。

SEOチェキをSEO対策に活かしていきましょう。

 

Googleキーワードプランナーの使い方を解説!

 

SEOチェキ!の活用法

ここまで、この記事を読んでくださった皆さんの中には、「使い方は分かったけど本当に役に立つの?」と思っている人も少なからずいることでしょう。

そこで、SEOチェキがどんな場面で役立つのかをご紹介いたします。

まず、SEOチェキの活用法は大きく5つあります。

 

SEO内部施策に活かす

・タイトルや見出しタグに対策キーワードを盛り込む

「サイトSEOチェック」の機能を使うことで、サイトのSEO状況を確認できます。

Googleを始めとする検索エンジンは、タイトルや見出しにキーワードが含まれているサイトを高く評価して、検索順位を上げようとします。

 

・記事のリライト 

一度作ったコンテンツは、定期的に修正してアップデートしましょう。

 

・内部リンクの設置

内部リンクを設置すると、ユーザーがサイトに滞在する時間が長くなります。

同時にクローラーの回遊性が高まり、サイトが評価されやすくなります。

 

コンテンツマーケティング

「ターゲットの見込み顧客にとって良質なコンテンツを提供し続けることで、プロモーション戦略すること」

 

効果検証に活かす

「検索順位チェック」の機能を使えば、これまでに講じたSEO対策が成果に結びついているか確認できます。

 

重要であるのに少ないキーワードを増やすときに活かす

「キーワード出現頻度チェック」の機能を使うと、対策キーワードが上位に含まれているかどうか確認できます。

重要なキーワードの出現する回数や比率が少ない場合には、自社コンテンツに散りばめる数を増やします。

 

リンクの質を高めたいときに活かす

「発リンクチェック」の機能を使うと、指定したページからの発リンクを調査できます。

質の高いリンクは、自社のサイト評価を高めます。逆に、質の低いリンクはサイト評価を下げる要因となります。

 

ドメイン年齢をチェックするときに活かす

「Whois情報」の機能を使うと、ドメインの所有者や登録年月日などを調べられます。

Googleは、公式に発表していませんが、ドメイン年齢が高い方が、SEO効果が高いと言われています。

そのため、長きにわたって運用されてきたWebサイトは、開設されたばかりのWebサイトよりもドメインパワーが強いということになります。

 

SEO対策でキーワード選定やアクセス解析に必要なツールとは?

 

まとめ

今回は「SEOチェキ!とは?使い方の解説」と題して、SEOチェキの定義や特徴、使い方を画像付きで解説した上で、SEOチェキで調べられる項目と活用法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

SEOチェキとは「SEO対策に役立つ無料ツールのこと」です。

SEOツールは有料のものが多いですが、SEOチェキは無料で使えるので、SEOツールをまだ使ったことがない人や、数あるSEOツールの中でどれを使ったら良いか分からない人におすすめです。

 

WEBサイトを上位に表示させるために必要なSEOチェキは、サイトの現状を把握するために役立ちます。

その上、自社・競合サイトの分析をすることによって、自社コンテンツが改善すべき点を見つけられます。

そんなSEOチェキはとても簡単に始められます。調査したいページのURLを検索ボックスに入力して「チェック!」を押すだけです。(同時にキーワードも入力する機能もあります)

SEOチェキで調べられる項目は数多くありますが、その中でも「サイトSEOチェック」「検索順位チェック」「キーワード出現頻度チェック」「発リンクチェック」「Whois情報」の5つは主な機能だと言えます。

 

では、実際にSEOチェキをSEO対策に活かそうとするとき、どんなことを行えば良いのかと言うと、「SEO内部施策を講じるとき」「効果検証するとき」「必要で足りないキーワードを増やすとき」「リンクの質を高めたいとき」「ドメイン年齢をチェックするとき」に役立ちます。

このようにSEOチェキは、完全に無料で簡単に自社や競合に限らず、幅広くサイト分析できる便利なSEOツールです。

WEBサイトの分析(自社コンテンツの改善・競合サイトの分析)をして、SEO対策に役立てたい方は、この機会にぜひSEOチェキ!を活用してみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングで重複、類似コンテンツを確認するツールとは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。