SEO対策の被リンクは、Google検索エンジンの近年のアルゴリズムでは、リンクの数よりもリンクの質を重視する傾向にあることを皆さんはご存知でしょうか。

また、SEOの対象になるサイトと関連性が低く、ドメインの評価が悪いサイトからのリンクよりも、対象サイトとの関連性が高く、ドメインの評価が良いサイトから貼られたリンクの方が、SEOを導入した後の効果が発揮しやすいと言われています。

今回は、SEO外部施策で重要な被リンクのチェックツールについて紹介をさせていただきます。

 

SEO外部施策のポイント!正しい被リンクと間違った被リンクとは?

 

被リンクを調べる目的

まず、SEO対策をした後に自社サイトの被リンクを調べる目的について、説明させていただきます。

Google検索エンジンの傾向は、評価の高いサイトからのリンクが増えると、検索順位で上位に表示される可能性が高まります。

その逆で、評価の低いサイトからリンクがついてしまうことで、検索結果の順位が下がったり、検索結果に表示されなくなることが出てきます。

 

被リンクをチェックして、良質なリンクが貼られていれば、さらにリンクを増やしていくSEO外部施策を行うことで、検索順位の上昇が見えてきます。

また、スパムリンクなどの悪質なリンクがついてしまった場合には、いくら他の外部施策(リンクの追加)やコンテンツSEO(記事の追加)を行ったとしても、検索結果の上位に表示されることは無くなります。

 

WEBサイトの管理者は、自社サイトの検索順位と併せて、被リンクの状況がどのようになっているのかを把握することが必要です。

特に、競合サイトが強く、ビックキーワードや単ワードで順位を上げようとする場合には、良質なリンクを増やしていくSEO外部施策が最も効果的な手法と言えます。

 

被リンクのチェックツール 5選

ここでは、SEO外部施策で重要な被リンクのチェックツールについて、無料で利用できるサービスを紹介させていただきます。

※オススメ度のランク表記については、あくまでも弊社独自の見解です。

 

Google search console

まずは、検索エンジンを手掛けている、Google社が提供するsearch consoleです。

被リンク数のチェックだけでなく、悪質なリンクの否認をすることが可能なチェックツールです。Google検索エンジンは、不自然な被リンクが貼られているサイトに「警告ペナルティ」を発動しますが、どうしても被リンクを外せない場合には、このリンクの否認機能を使います。

Google search consoleは、自社サイトと悪質な被リンクの関係性を否認することができる、大きなメリットを持っています。

・オススメ度 A

 

itomakihitode.jp

次に、ディーボ社が提供しているitomakihitode.jpです。

URLとキーワードを入力するだけで、被リンク状況や内部SEO状況が確認できて、様々なデータは、サマリーの円グラフでも見易く表示されるチェックツールです。

基本の項目は、無料版でも利用ができますが、1日1回までの制限が掛かってしまいます。

また、有料版については、利用の制限が掛からず利用することができます。

・オススメ度 B

 

hanasakigani.jp

こちらのチェックツールも、上記と同様にディーボ社が提供しているhanasakigani.jpです。

URLを入力するだけで、被リンク数や被リンクドメイン数が確認できて、表示されたデータはCSV形式で保存可能なチェックツールです。

1日3回までの制限を超えなければ、競合サイトの状況まで調べることができますので非常に便利です。

・オススメ度 B

 

OpenLinkProfiler

続いて、SEO profilerが提供しているOpenLinkProfilerです。

無料で会員登録をすることで、一部の機能を除いて制限なく使用することができるチェックツールです。

無料で利用できるチェックツールのなかでは、インデックス数が大きいといった特徴があります。

また、数多く表示される被リンクを特定の条件で絞込んで検索できる機能が付いています。

・オススメ度 C

 

SEOTOOLS

最後は、ブラストホールディングス社が提供しているSEOTOOLSです。

URLを入力するだけで、被リンク数とドメイン分散、IPアドレス分散できて、アルファベットで判定してくれるチェックツールです。

しかし、チェック後のサイト内部の動きが遅いのと、エラー表示が頻繁に出てしまう場合が多く見られます。

・オススメ度 D

 

おわりに

今回は、多くのユーザーが利用している被リンクのチェックツールについて、5種類で紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

弊社が推奨するチェックツールは、自社サイトを調べるなら Google search console か itomakihitode.jp で、競合サイトを調べるなら hanasakigani.jp を推奨しています。

被リンクのチェックツールは、インターネットに公開されているものが数多く存在しますが、調査対象が自社サイトか競合サイトかの違いで、それぞれのサービスを使い分けることが必要です。

 

ここでは、チェックツールを中心に紹介させていただきましたが、被リンクの数や質を確認することは、自社サイトのドメインの評価を知ることだとおわかりいただけたと思います。

また、チェックツールで把握した内容は、これ以降のSEO対策に活用することができる貴重な情報とも言えます。

これからSEO外部施策の導入を検討している方は、この記事を参考にしていただいて、自社サイトや競合サイトの被リンクをチェックする際にお役立てください。

 

SEO対策に失敗する会社の原因や傾向とは?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. SEO対策で多くの会社が採用する【よくある質問】とは?

  2. 最新のSEO内部施策について(3)

  3. SEO対策とリスティング広告の違いとは?

  4. 最新のSEO内部施策について(2)

  5. 顧客にとって良い提案ができるSEO業者とは?

  6. スマホのSEO対策やモバイルSEOに必要な要素とは?