オススメ情報

外部リンクとは?SEOに重要な理由と対策方法を解説

外部リンクとは?SEOに重要な理由と対策方法を解説

記事をご覧のみなさん、SEO外部施策の一つである「外部リンク」をご存知でしょうか?

一度は耳にしたことがあっても詳しくは分かっておらず、お困りの方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、「外部リンク」についてご紹介いたします。その際、「外部リンク」の重要性や対策の方法も交えて解説させていただきます。

 

SEO外部施策のポイント!正しい被リンクと間違った被リンクとは?

 

外部リンクとは?

外部リンクとは「自社サイトと他社サイトのWebページ同士をつなぐリンクのこと」です。

このうち、自社サイトから他社サイトに向けて貼られるリンクを「外部発リンク」と言います。

反対に、他社サイトから自社サイトに向けて貼られるリンクを「外部被リンク」と言います。一般に外部リンクと言えば、後者の「外部被リンク」を指す場合が多いです。

そのため、外部リンクと被リンクは、ほとんど同じ意味を持つものとして使われます。

そもそもWebサイトのリンク対策は2種類に分類されます。以下の通りです。

 

1.内部リンク 「自社サイト内のWebページ同士をつなぐリンクのこと」

2.外部リンク(被リンク) 「自社サイトと他社サイトをつなぐリンクのこと」

 

内部リンクとは?SEO対策で上位表示をするために重要な施策

 

したがって外部リンクは、2種類からなるリンク対策の一つであると同時に、サイト外の別のページから受けるリンクだと言えます。

一方で内部リンクとは、同一サイト内の別のページから受けるリンクを指します。

このように内部リンクと外部リンクはどちらも、別のページから受けるリンクという点で共通しています。しかし、自社サイトの「内」か「外」という大きな違いがあります。

また外部リンクは内部リンクとは違って、好きなタイミングで気軽に内部リンクの見直しや修正を行うことが基本できません。

そのため、リンク先への許可取りや依頼をその都度する必要があります。

SEOにおいて重要性の高いリンク対策として、内部リンクと外部リンクを区別して覚えておきましょう。

 

内部リンクの最適化でSEO対策を強化

 

外部リンクの重要性

外部リンクとは何かが明らかになったところで、続いて「外部リンクの重要性」に関してみていきましょう。

結論から申し上げますと、外部リンクの重要性は「獲得すればSEO効果を得られる点」にあります。

SEO効果が得られると、自社サイトが検索順位で上位表示される可能性が高まります。

実際にGoogleはサイトの人気度を測る重要な指標として、外部リンクを公式の立場で採用しています。

 

SEO対策における被リンクとは?

 

そもそもGoogleを始めとする検索エンジンのクローラーは、リンクをたどってサイト間を行き交っています。

その中で、異なるドメインからリンクを貼られているサイトは特に高く評価されます。

なぜなら、Googleは被リンクの質や量を外部からの評価と見なしているためです。

そんな外部リンクは内部リンクと比べて獲得の難易度が高いと言えます。

内部リンクは自社サイト内のWebページ同士をつなぐリンクであるため、サイト運営者が自分でリンクをコントロールできます。

しかし外部リンクの場合は、自社サイトのリンクを他のサイトに貼り付けてもらうために、他のサイトから自社サイトを高く評価してもらう必要があります。

 

こうした外部リンクの性質を背景として、かつての検索エンジンは検索順位を決定する上で外部リンク対策を重要視していました。そのため当時は多くの企業が外部リンク対策をしていました。

しかし2012年4月にペンギンアップデートが導入されたことで、事態は一変しました。

今までリンク対策の主流であった外部リンクに代わり、内部リンクが重要視されるようになったのです。

とはいえ、内部リンク対策が最も重要視される現在においても、外部リンクは一定のSEO効果を持っています。

このように自社サイトを他のサイトに評価してもらうことによってSEO効果を得たいサイト運営者は、内部リンクだけでなく外部リンクの獲得も積極的に目指しましょう。

 

SEO対策におけるペンギンアップデートとは?

 

外部リンク対策の方法

外部リンクの重要性が明らかになったところで、続いて「外部リンク対策の具体的な方法」をみていきましょう。

以下では、代表的な外部リンクの獲得方法を3つご紹介いたします。

 

質の高いコンテンツを作成する

外部リンクを獲得するために何よりも重要なのは「良質なコンテンツを作成すること」です。

なぜなら自社サイトに有益な情報を提供し続けることで、自然検索によるユーザーの流入を増やすことにつながるからです。

 

コンテンツマーケティングで言われる、良質なコンテンツとは?

 

Webサイトの信用性を高める

次に行うべきは「信用性の高いWebサイトを作成すること」です。その理由は至ってシンプルです。

リンクを巡回するGoogleもWebサイトを閲覧するユーザーも、信用できるWebサイトほど高く評価しようとするためだと言えます。

 

SNSを運用して自社サイトを多方面に宣伝する

品質と信用性の高いサイトを作成すると同時に、TwitterやFacebookを始めとする「SNSを活用する」ようにしましょう。

ユーザーに自社サイトのコンテンツを拡散・共有をしてもらうことで、セッションを増やせれば、Webサイトにより多くのユーザーを流入できます。

その際、外部リンク対策だけでなく、内部リンク対策などのSEO対策も同時並行で講じるようにしましょう。どちらか一方に注力するよりも、あらゆる手立てを尽くした方が集客に繋がるSEO効果を期待できます。

 

ここまで「外部リンクを獲得する方法」をご紹介してきましたが、今度は「外部リンクの質」に重点を置いて話を進めていきます。

なぜならSEO効果を得るには、ただ外部リンクを獲得するだけでなく、外部リンクの質にも着目する必要があるためです。

そもそも外部リンクには良いリンクと悪いリンクというものが存在します。以下の通りです。

 

・良いリンク 高品質なサイトから貼り付けられるナチュラルリンク

・悪いリンク 低品質なサイトから自動的に貼り付けられるスパムリンク

 

内部SEOと外部SEOの違いは?

 

良質なコンテンツを提供し続ける中で自然と貼り付けられたリンクは外部リンク対策として望ましいとされています。

一方、スパム扱いされているWebサイトからの外部リンクは検索結果に悪影響を受けるため注意が必要です。Googleからペナルティの警告をされる前に、すぐさま否認や削除申請を行うようにしましょう。

 

被リンクの質を高めるためにも、被リンクチェックツールは活用するようにしましょう。

自社サイトのリンクを貼っている他サイトのドメインをチェックできます。このようにGoogle Search Consoleやahrefs(エイチレフス)を始めとする効果測定ツールを活用することで、外部リンクの獲得が上手く行えているかどうか、獲得状況を検証することができます。

 

SEOにおける外部対策とは?その効果や注意点を紹介

 

まとめ

今回はSEO外部施策の一つである外部リンクについて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

外部リンクは2012年4月にペンギンアップデートが登場したことで、最も重要視されるSEO対策ではなくなりました。

しかし内部リンクが最も重要視される現在でも、外部リンクは一定のSEO効果を持っています。そのため、SEOにおける重要度は依然として高いと言えます。

また万が一、他サイトで外部リンクが貼られないと、SEO効果が得られず、クローラビリティも悪くなります。

その結果、サイトの検索順位がなかなか上がらなかったり、インデックス登録されなくなってしまったりします。

 

こうした事態から免れるためには、自社サイトにおいて「ユーザーの目線に立って高品質なコンテンツを作成する」ことが求められます。

その際、信用性が高く良質なサイトを運営すると、外部リンクを獲得することができます。

このとき、ユーザーの流入を促したい場合は同時にSNSを運用すると効果的です。なぜなら自社サイトの情報が多方面に拡散・共有されて、多くのユーザーから注目を集められるためです。

このように他サイトで良質な外部リンクを数多く貼ってもらうことで、自社サイトがGoogleに高く評価され、検索順位の上位に表示されるようになります。

最終的には自然検索によるユーザー流入が増え、更なる集客効果を期待できます。

 

SEO対策とは?その本質と基本的な方法

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。