最近日本国内にでも【コンテンツマーケティング】が流行ってきましたが、なぜ流行ってきたのか考えたことがありますか?

ここでは、その理由について説明したいと思います。

Googleの評価が、コンテンツの質を重視する傾向に変わってきた。

最近のGoogle検索アルゴリズムは、閲覧をしに来たユーザーに対して良質なコンテンツ情報を提供することが最も重要であり、有益であるとの方針です。
良質なコンテンツで作成されたホームページを上位に表示させることがユーザーの満足度向上につながるという考え方に基づくものです。良質なコンテンツを作成して配信し、その内容を閲覧したユーザーが支持をしてくれれば、上位に表示していく傾向は強くなります。
少し前ではSEO対策(外部対策)として、外部リンクを増やす施策をすることが一般的でしたが、Googleの検索アルゴリズムがこのような施策の一部を不正であると認識する場合も出てきました。

SEO対策をしていたのに突然順位が下がってしまった・・・要因は?

そのため、外部リンクを増やす施策ではなく、良質なコンテンツを作成し、ホームページの充実を図ることでユーザーの流入を増やしていく傾向に変わりました。

コンテンツそのものが、ホームページの資産に変わる。

従来のネット広告や紙広告は、費用の掛け捨てで終わってしまいコストもかなり掛かっていましたが、コンテンツマーケティングは、ホームページ内に蓄積し、資産に変わって半永久に貯まっていきます。良質なコンテンツを発信し、ユーザーや読者に評価されれば上位に表示がされて、自然と流入が増えることでネット集客につながっていきます。

コンテンツマーケティングは、少額予算でコストが抑えられる。

ネット広告や紙広告と違ってコンテンツを作成し、配信する手法になるので費用は従来と違ってそれほど多く発生しません。自社でコンテンツを作成できるノウハウさえあれば、コストはかなり抑えることが可能です。コンテンツマーケティングは、広告とは違ってすぐに効果は発生しませんが、長く継続することによって徐々に結果が出てきます。また、効果を保証されたものではないので、PDCAを回しながらの繰り返し作業になります。

ユーザーが広告による売り込みや宣伝にうんざりしてきた。

ユーザーに向けて広告主側から発信されていたプッシュ型広告は限界で敬遠されるようになりました。いわゆる売り込み型の手法に対してユーザー側は振り向いてくれない時代になったと言えます。
発信される多くの情報がユーザーに対して物を買わせたいというのが強くなりすぎて、ユーザー側もうんざりしてきました。そしてインターネット検索でいつでもほしい情報を自由に収集して選択できるプッシュ型からプル型へと変化してきました。
ユーザーのニーズに最適なコンテンツが合えば、ユーザーの満足度は高まっていきます。

クラウドソーシングが手軽に利用されるようになった。

これまでコンテンツの作成は、作る側の労務負担が大きく、継続することが難しかったのですが、手軽にアウトソースができるようになりました。クラウドソーシングが一般的になって、コンテンツ作成に掛かる時間や費用が軽減できるようになったことも大きな理由の一つです。

まとめ

ここまでコンテンツマーケティングが日本国内で流行った理由について説明をしてきました。
Googleの検索アルゴリズムの変更に伴う考え方や広告と比較した予算の考え方など、これまでにない新しいネット集客の手法とも言えますので、導入前は全体像での把握が必要です。

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法?

また、良質なコンテンツは、ネット上で拡散されやすく、口コミ、ソーシャルメディアでユーザーが情報を収集できる機会が増えて、より専門的な情報が求められるようになりました。このことからも常に良質なコンテンツを提供することが重要と言えます。コンテンツマーケティングの定義やメリットをキチンと把握をして実施することで、あなたにとって有益なマーケティング手法になるはずです。是非参考にしてチャレンジしてみてください。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングに適している企業やサービスについて考えてみまし…

  2. コンテンツマーケティングに含まれるアウトバウンドマーケティングとは?

  3. コンテンツマーケティングでの共起語の重要性について!

  4. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは!

  5. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じこと?

  6. コンテンツマーケティングとネット広告の予算配分について!