ホームページを訪問してくれた、ユーザーの満足度を図る指標のひとつに直帰率があります。

ホームページの直帰率の改善は、SEO対策やコンテンツマーケティングの運用をされているマーケティング担当者の方であれば、コンバージョン率を上げるための共通の課題ではないでしょうか。

今回は、ホームページの直帰率について、その原因と株式会社セレクト・ワンでも実践している改善方法について紹介をさせていただきます。

 

ホームページを制作して公開するメリットとデメリットとは?

 

ホームページの直帰率とはどのようなものか?

直帰率とは、ユーザーがホームページを訪問した際に、最初に見たWEBページから次のページに移動することがなく、1ページだけを見て閉じてしまう割合のことを言います。

もう少し簡単に直帰率を説明すると、全体のセッション数(訪問数)のなかで、何パーセントのユーザーが1ページだけで閉じてしまったか、の割合とも言えるでしょう。

 

・直帰率の計算式 

直帰率 = 1ページだけで閉じてしまった数 ÷ WEBページのセッション数(訪問数)

 

また、直帰率のボーダーラインは、ホームページの内容やWEBサイト内部の構成によっても変わってきますが、一般的に流入経路から見る数値は下記の通りです。

 

・リスティング広告(ネット広告)などから流入してくるユーザーの場合:約60パーセント

・通常の検索結果(自然検索)から流入してくるユーザーの場合:約40パーセント

 

直帰率

離脱率と直帰率の違い

 

ホームページからユーザーが直帰してしまう主な原因とは?

ホームページの直帰率が高いということは、SEO対策やコンテンツマーケティングでユーザーの流入を増やす努力をしていても、1ページだけしか見てもらうことがないため、残念ながらコンバージョンの獲得にはつながっていきません。

ここでは、ホームページからの直帰につながる、3つの原因について紹介をさせていただきます。

 

【ホームページの直帰につながる3つの原因について】

1.ホームページの表示速度が遅い。

Google検索エンジンが行った調査では、ホームページの表示をする場合に3秒以上のタイムラグがある場合には、約53パーセント以上のユーザーが直帰してしまうことがわかっています。

ホームページの表示速度が遅く(重く)、表示されるまでに時間が掛かるホームページは、ユーザーの直帰につながってしまいます。

 

2.タイトルとコンテンツのイメージが違う。

ユーザーがホームページを訪問する場合は、欲しい情報があることを見込んで訪問してきますので、コンテンツへの期待値が高まった状態でホームページ内部の閲覧を始めます。

タイトルに惹かれて訪問したホームページに、自分が欲しいコンテンツが無い場合は、期待外れに感じたユーザーは、そのままWEBページを閉じてしまいます。

 

3.ホームページ内部の導線が悪い。

せっかく辿り着いたユーザーが、ホームページ内部の情報に満足したとしても、次に見たいWEBページに対してスムーズに移動することができなければ、ホームページのなかに留まることはありません。

グローバルメニューの配置が悪く、次のWEBページへの導線がわかりにくかったり、リンクを沢山貼り過ぎていたり、テキストが小さく見えにくかったりする場合にユーザーは、そのまま直帰をしてしまいます。

 

ホームページの直帰率を改善するためにはどうすれば良いのか?

ホームページの直帰率の改善をすることは、そのままコンバージョン率の向上にもつながっていきます。

ここでは、ホームページの直帰につながる原因を改善するため、株式会社セレクト・ワンでも実践しているオススメの改善方法について紹介をさせていただきます。

 

【ホームページの直帰率を改善する方法について】

1.ホームページの軽量化を行う。

ホームページの表示速度を早くする方法は沢山あります。

そのなかで最も効果的な方法は、画像の最適化(画像の圧縮)をすることです。

画像ファイルの容量を減らして、軽量化をすることでホームページの表示速度を大幅に改善することができます。

 

2.タイトル修正、コンテンツ追加、内部リンクの見直しを行う。

タイトルとコンテンツのイメージが違うミスマッチの改善方法は、大きく分けて3つあります。

・SEO対策を意識し過ぎず、コンテンツの内容に合った自然なタイトルタグに修正する。

・ユーザーが求めている情報を分析して、WEBページ内部に有益なコンテンツを追加する。

・より詳しい情報については、他のWEBページへわかりやすい内部リンクで誘導する。

これらの見直しや改善を行うことで、ユーザーが短時間でホームページから直帰することを防ぐ対策になります。

 

3.関連する記事や人気記事を表示させる。

ホームページ内部の導線が悪い場合の改善方法として、グローバルメニューや内部リンク、バナーの見直しが必要ですが、CMSで構築しているホームページであれば、関連記事を的確に表示することをオススメしています。

特に、コンテンツマーケティングを運用している場合には、WEBページの数が増えて、カテゴリ別のリンクや月別のリンクから目当ての記事を辿っていくのも大変です。

関連する記事や人気記事をカテゴリ別に表示させておくことで、ユーザーは次に読むべき情報を見つけやすくなります。

 

おわりに

今回は、ホームページの直帰率について、その原因と株式会社セレクト・ワンでも実践している改善方法について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページの直帰率を改善させるためには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用して、まずは、ホームページ内部の状況を把握し原因を見つけることが必要です。

また、ホームページの直帰率が高い原因を見つけて、改善に取り組むことも重要ですが、なによりもユーザーの立場になって考えて、自社のホームページを俯瞰して見ることが求められます。

ホームページの直帰率でお悩みの方は、この記事の改善方法を参考にしていただいて、今後の取り組みのなかでお役立てください。

 

ホームページの表示速度の測定・改善方法について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページ制作後の保守はどのような作業が必要なのか?

  2. ホームページ制作会社の選定の際におさえておきたいポイントについて!

  3. ホームページ制作後の保守費用の相場について!

  4. ホームページの制作でスキルに応じた、ソフトウェアやツールのオススメサー…

  5. ホームページの制作と公開した後の運営・維持・管理に必要な4つの費用につ…

  6. ホームページの制作で参考にしたいデザインのサイト集について!