ホームページの制作時に設置しておきたい、ファビコンとはどのようなものか?その存在について皆さんはご存知でしょうか。

ファビコンは、ホームページを表示した場合に、アドレスバーやタブ、ブックマーク項目の先頭、URL左横部分に表示されるアイコン画像のことを言います。

この小さなアイコンは、ホームページのシンボルマークとなって、企業やサービスのブランディングに大きな効果を発揮してくれます。

また、ファビコンの存在は、ホームページの運用に携わる方から「URLの先頭部分に表示されているロゴマークを付けたい。」という質問をいただくことが多い要望でもあります。

今回は、ホームページの制作時に設置しておきたいファビコンについて、作成時のポイントや様々なサイズ例について紹介をさせていただきます。

 

ホームページの制作時に確認しておきたい主要ブラウザについて!

 

ホームページの制作時には必見!ユーザーの注目が集まるファビコンとはどのようなものか?

ファビコンの名前の由来は、「favorite icon:フェイバリットアイコン:お気に入りアイコン」の英語の語句が要約されて「favicon:ファビコン」と呼ばれるようなりました。

別名では、お気に入りに登録した場合に表示される、「アイコン:icon」という意味でもあります。

ホームページにファビコンを設置していることで、複数のタブを開いて、WEBぺージを閲覧する場合やお気に入り、ブックマークに入れたページを表示させる場合に、目印として役目を果たしてくれます。

ファビコンが設置してあるホームページは、他社のホームページより注目を集めて見つけやすくなることで、リピートユーザーを増加させるメリットを持っています。

また、多くの大手企業がファビコンをホームページに導入していることから、同じようにロゴから連想させるファビコンを設置しているだけで、自社のイメージアップにつながりブランディングの効果も向上します。

 

【ファビコンを作成する場合のポイントについて!】

ファビコンは、ホームページや企業、サービスの内容を伝えるシンボルマークで、誰にでもわかりやすくシンプルなものになるように作成します。

ファビコンの拡張子は、ico,png,gif形式に対応していますが、古いブラウザで対応していない場合もありますので、株式会社セレクト・ワンでは、ico形式の拡張子をオススメしています。

icoのファイルは、サイズの違う画像をひとつのファイルにまとめられるメリットがあって、それぞれの環境に対応して、最適な大きさの画像を表示してくれます。

 

また、ファビコンの表示サイズは、ブラウザや使用する環境によって指定があります。

基本的なサイズは16px×16pxですが、こちらはInternet explorerの表示サイズです。

Google chrome,firefox,safariなどの主要ブラウザは、32px×32pxが表示サイズになります。

また、Windowsのホームページアイコンの場合は、48px×48pxで作成することになります。

現時点では、約20種類以上のサイズがあるとも言われていますが、今回はそのなかでも代表的なものを5つほど厳選して紹介させていただきます。

 

【主なファビコンのサイズ例】

  1. 16px×16px・・・・Internet explorerのタブ
  2. 24px×24px・・・・IE9のピン留め機能
  3. 32px×32px・・・・Google Chrome,Firefox,Safariなどのタブ
  4. 48px×48px・・・・Windowsのホームページアイコン
  5. 64px×64px・・・・高解像度のWindowsのホームページアイコン

 

株式会社セレクト・ワンでは、Internet explorerやGoogle Chrome,Firefox,Safariなど、主要のブラウザを網羅しているということで、上記のなかでも16px×16pxと32px×32pxのふたつのパターンで用意しておくことをオススメしています。

 

おわりに

今回は、ホームページの制作時に設置しておきたいファビコンについて、作成時のポイントや様々なサイズ例について紹介をさせていただきました。

次は、かなり珍しいケースと言えるかもしれませんが、皆さんに紹介させていただきたい内容があります。

ファビコンを作成して設置をしたハズなのに、なぜか?アイコンが表示されないようなケースがまれに出てきます。

この場合は、ホームページのキャッシュや閲覧履歴が以前のもので残っていることが考えられますので、「スーパーリロード」でキャッシュをクリアにしてから、再度の確認をすることが必要です。

また、ホームページのブランディングに重要な役割を果たすファビコンは、どなたでも無料のツールで簡単に作成することができます。

この記事をご覧になった方で、まだファビコンの設置をしていない方は、御社のホームページのブランディング向上のためにも、ファビコンの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ファビコン作成のオススメ無料ツール

 

ホームページの制作中や修正後には確認したいキャッシュのクリア方法について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページとランディングページに違いってあるの?

  2. ホームページの制作後に活用したいアクセス解析ツールについて!

  3. ホームページやコンテンツマーケティングの効率的なネタ探しの方法とは?

  4. ホームページの制作をした後の更新作業について!

  5. ホームページの制作時によく聞くトラブルとその解決策とは?

  6. ホームページの制作時は、スマホ専用サイトとレスポンシブデザインのどちら…