オススメ情報

SEOを意識したリライト方法とは?

SEOを意識したリライト方法とは?

コンテンツSEOやSEO対策に取り組む方で「記事をたくさん投稿しているのにユーザーが流入しない。」「自社サイトの検索順位が伸び悩んでいる。」このような悩みをお持ちの方は多いようです。

本記事では、SEOを意識したリライトの方法について解説します。

この記事を読めば、SEO対策でリライトする意味やリライトすべき記事の見分け方、リライトの手順、注意点もわかるようになります。

自社サイトの検索順位やクリック率を上げたい人は、過去に作成したコンテンツをリライトしてみましょう。

 

SEO対策とは?その本質と基本的な方法

 

リライトとは

 

リライト(rewrite/rewriting)とは「一度書いた文章を再び書き直すこと」です。

一般にWebサイト上に投稿した、記事コンテンツに加える加筆修正を指します。

サイトに記事を50から100本ほど投稿したタイミングが、リライトを始めるのにちょうど良い時期だと言えるでしょう。

サイトを立ち上げて間もない初期の段階は、新規記事を投稿するようにし、記事の本数がある程度増えてきたら、リライトし始めます。

 

そんなリライトは、SEOに有効な対策として知られています。そのため、SEO対策に力を入れている企業の多くが自社サイトの検索順位やクリック率を上げようと、こぞって公開済みコンテンツのタイトルや本文を修正します。

SEO対策を行う人の中には、新規記事の作成を重要視する人も多いですが、コンテンツの改善も同じくらい大事です。

自社サイトの検索順位を上位に表示させたい人は、記事コンテンツをリライトしましょう。

リライトが効果を発揮して記事のクリック率が高まり、自社への見込み度が高い顧客を集客できれば、コンバージョン率や売り上げの向上に繋げられます。

 

ホームページの制作で活用したい文章の校正方法とは?

 

SEO対策でリライトをする意味

 

SEO対策で、一度作った記事をリライトすべきだと言われているのは、「評価されるコンテンツはその時々で変わるから」です。

コンテンツは、一度作って終わりではありません。検索順位は常に変動します。

Googleのアルゴリズムは、日々アップデートを繰り返し変化しています。

こうした変化に対応するためにもリライトは欠かせないのです。

実際にリライトすることで、次のようなメリットがあります。

 

・ユーザーに鮮度の高い最新の情報を提供できる

・ユーザーにとって有益な価値のある情報を伝えられる

・記事の閲覧数を増やせる

 

たしかに、クリック率が高ければ検索順位の上位に表示されますが、検索順位の上位に表示されていてもクリックされなければ意味がありません。

そのため、ユーザーからクリックしてもらえるように、タイトルや見出し、本文、メタディスクリプションに手を加えるなどして工夫を凝らす必要があります。

このように、SEOを成功させるうえ欠かせないリライトは、いわばコンテンツの定期的なメンテナンスなのです。

 

コンテンツとは?つくる際のポイントも解説

 

SEO対策のためにリライトする記事の見分方

 

記事をリライトすると言っても、どういった記事を修正すべきかわからない人も多いかと思います。

そこで、以下ではリライトすべき記事の見分け方を解説します。

加筆修正することで、SEO効果を期待できるコンテンツは次の通りです。

 

・検索順位が伸びていない記事

・CTR(クリック率)が高くない記事

 

以下では、詳しく解説します。

 

検索順位が伸びていない記事

検索順位が伸び悩んでいる記事をリライトすることで、SEO対策になります。

なぜなら、検索結果の2ページ目以降に表示されているような検索順位が低い記事は、上位に表示させられる可能性が高いからです。

1ページ目に表示されているページは、検索順位が1つ変わっただけでクリック率も大きく増えたり減ったりするため、チャンスが多い分リスクも伴います。

実際に、2019年アメリカのSEO対策の専門家ブライアンディーン氏が行った調査の結果によれば、検索順位ごとのクリック率は次の通りです。

 

1位 31.73%

2位 24.71%

3位 18.66%

4位 13.60%

5位 9.51%

6位 6.23%

7位 4.15%

8位 3.12%

9位 2.97%

10位 3.09%

 

この数値を見る限り、上位に表示されているサイトほどクリック率が高いことがわかります。

しかし、1ページ目に表示されているサイトは下手にリライトしてしまうと、検索順位を上げるどころかむしろ下げてしまう恐れもあります。

そのため、まずは改善の余地がある検索順位11~20位ぐらいのページを優先的にリライトします。

このように、リライトする記事は優先順位を考える必要があります。

 

一番昔に投稿したコンテンツから順にリライトするのではなく、あと少しで検索順位を上げられそうな記事から更新しましょう。

検索順位が10以内の記事は、現時点で受けているSEO評価を損ねない程度に軽く修正する程度にとどめておき、検索順位が11位以下の記事は上位に表示させられるように加筆修正するのです。

 

CTR(クリック率)が高くない記事

CTR(クリック率)が高くない記事をリライトすることで、SEO対策になります。

なぜなら、リライトを通じて記事のクリック率が高まれば、検索順位も上位に表示させられるからです。

実際、Googleはクリック率が高いサイトを高く評価して、検索上位に表示しようとします。

そんなCTRは、次の計算式で求められます。

 

CTR=クリック数÷表示回数×100

 

ここで出てくる表示回数やクリック数は、Googleサーチコンソールの検索結果で確認できます。

CTR(クリック率)が上がらない原因の大半は、記事のタイトルやメタディスクリプションの訴求力が弱いことです。

ユーザーがついクリックしたくなる魅力的でキャッチーな表現を使うことで、見込み顧客を惹きつけられます。

自社のターゲット層に訴求したい人こそ、ユーザーの目に留まるキャッチコピーを考えましょう。

 

コンテンツマーケティングで上位表示をねらう記事の書き方とは?

 

リライトする手順

 

リライトする手順は次の通りです。

 

・リライトする記事を決める

・リライトする記事を分析する

・実際にリライトする

 

以下では、詳しく解説します。

 

リライトする記事を決める

まず、リライトする記事を決めます。

次のようなコンテンツは、リライトの優先順位が高いと言えます。

 

・検索ボリュームが大きい記事

・検索順位は高いのにクリック率が低い記事

・クリック率は高いのに検索順位が低い記事

・あともう少しで、検索上位に表示できそうな見込み度の高い記事

 

このようなものからリライトするようにしましょう。

なぜなら、検索上位に表示された場合に大量のアクセス数を見込めるからです。

 

リライトする記事を分析する

どの記事を書き直すか決めたら、リライトする記事を分析しましょう。

すでに、公開済みの検索順位が伸び悩んでいるコンテンツは、「何が足りなくて評価されていないのか」を考えましょう。

その際、現時点でGoogleから高い評価を受けている競合サイトを参考にして良いところを自社サイトにも取り入れましょう。ただし、重複コンテンツにならないように注意が必要です。

 

また、他のサイトにはないオリジナルの要素を盛り込んで競合サイトとの差別化を図ることも求められます。

このように、記事をリライトする際には、ただ書き直すのではなく「どうしたらユーザーを満足させられるか」という視点で、常にユーザーの立場に立ったコンテンツを追求する姿勢が大切です。

 

実際にリライトする

記事を分析できたらリライトします。

コンテンツを書き直す際には、次のポイントを実践するようにしましょう。

 

・タイトルや見出しにキーワードを盛り込む

メタディスクリプションを簡潔にまとめる

・読みやすく、わかりやすい表現を使う

・ユーザーの検索意図に合った記事になっているか

・サジェストキーワード、関連キーワード、共起語を盛り込む

・文字数は足りているか

内部リンクを設置する

 

以下では、詳しく解説します。

 

タイトルや見出しにキーワードを盛り込む

記事をリライトする際には、タイトルや見出しにキーワードを盛り込むようにしましょう。

なぜなら、キーワードを含ませることでGoogleから高く評価されやすくなるからです。

その際、キーワードはなるべくタイトルの前半に持ってくるようにしましょう。クローラーが認識しやすくなり、ユーザーによるクリック率の向上を見込めます。

 

このように、タイトルや見出しにキーワードを盛り込むことだけでなく、本文にキーワードを散りばめることもSEO対策になります。

その際、ただやみくもに含ませるのではなく文脈に合った自然な形で盛り込むことが求められます。

また、詰め込み過ぎも良くありません。スパム行為、悪質なコンテンツと見なされて、SEO評価がむしろ下がってしまうので注意が必要です。

 

メタディスクリプションを簡潔にまとめる

記事をリライトする際には、メタディスクリプションの設定も同時に見直しましょう。

ユーザーはタイトルだけでなくメタディスクリプションを見てアクセスするかどうかを決めています。

そのため、メタディスクリプションを記述する際には記事の内容を端的にまとめたうえで、キーワードを含めるようにしましょう。

 

読みやすく、わかりやすい表現を使う

記事をリライトする際には、次の2点に注意しましょう。

 

・専門用語を極力使わない。使う場合は説明する。

・漢字ばかり使わない。適度にひらがなを混ぜる

 

良い例)

「文章を書く時には、ユーザーの使いやすさやクローラーによるサイト回遊のしやすさなど、様々なことに注意することが大切です。」

 

悪い例)

「文章を執筆する際にはユーザビリティやクローラビリティといった様々な事に留意する事が大事です。」

このように、コンテンツを作成し直す際には、記事を読むユーザーのことを第一に考えなければなりません。

 

ユーザーの検索意図に合った記事になっているか

記事をリライトする際には、そもそもユーザーの検索意図に合った記事が書けているかどうか確かめましょう。

なぜなら、ユーザーの検索意図に合っていない記事を書いたとしてもサイトを上位に表示させたり、クリック率を高めたりするのは難しいからです。

たとえば、「サッカー観戦 チケット」というキーワードの場合、ユーザーの知りたい情報は「サッカー観戦のチケット購入の仕方」なので、検索結果で上位に表示されるのは、サッカー観戦のチケットを購入に関する記事です。

 

そのため、国内外の選手を紹介する記事のようなユーザーの検索意図に合っていないコンテンツは、リライトして公開し直したとしても上位に表示されません。

このように、記事をリライトする際には、ユーザーの疑問を解決できる記事に書き換える必要があります。

 

サジェストキーワード、関連キーワード、共起語を盛り込む

記事をリライトする際には、サジェストキーワード、関連キーワード、共起語をタイトルや見出し、本文、メタディスクリプションに含ませるようにしましょう。

その際、Googleサジェストキーワードを活用することで、ユーザーが検索をする時、実際にどういったキーワードを使うのかを把握できます。

 

たとえば、「野球」というキーワードの場合、「野球順位」「野球速報」「野球高校」といった用語がサジェストキーワード、関連キーワードとなり、「プロ野球」「甲子園「メジャーリーグ」「選手」「試合」「日程」「結果」「チーム」「球団」といった用語が共起語となります。

ユーザーの検索意図に合ったコンテンツの作成ができていることをクローラーに示すためにも、記事の本文中にキーワードを盛り込むようにしましょう。

 

文字数は足りているか

記事をリライトする際には、文字数が足りているかどうか確かめましょう。

競合サイトは、何文字書いているか目安となる分量を確かめたうえで、最低でも競合サイトの平均文字数を超えるようにすることが求められます。

 

内部リンクを設置する

記事をリライトする際には、関連記事への導線を作るために、内部リンク対策も行うようにしましょう。

なぜなら、内部リンクを設置することで、クローラーのサイト回遊率が高まると同時にユーザーの利便性を向上させられるからです。

その際、次の2点を実践すればSEO効果を高められます。

 

・リンクをそのまま貼るのではなくアンカーテキストで記述する

・アンカーテキストにはキーワードを盛り込む

 

このように、内部リンクの設置を始めとするリライトの手法には、直接的なSEOはありません。

しかし、劇的なSEO効果は見込めなくても、回りまわって間接的なSEO効果に繋げられます。

 

コンテンツマーケティングでコンテンツを作成する際のポイントとは?

 

リライトする際の注意点

 

リライトする手順がわかったところで、続いてリライトする際の注意点を解説します。

リライトする際には、次の3点に注意しましょう。

 

・加筆修正する

・E—A—Tを高める

・効果測定する

 

以下では、詳しく解説します。

 

加筆修正する

記事をリライトする時は、基本はコンテンツに盛り込んだ方が良さそうな要素やキーワードを書き加え、明らかに不要なものを削除するようにしましょう。

なぜなら、記事を大幅にリライトすると、これまで評価されていた箇所をそぎ落として順位を下げてしまう恐れがあるからです。

このように、公開済みのコンテンツを編集する際には必要な個所と必要のない箇所をきちんと見極める必要があります。

 

E—A—Tを高める

コンテンツのE—A—Tを高めることで、サイトの検索順位とクリック率の改善を見込めます。

ここで言うE—A—Tとは次の3つを指します。

 

・専門性(Expertise)

・権威性(Authoritativeness)

・信頼性(TrustWorthiness)

 

Googleは、上記の3つが高いコンテンツを評価し、検索上位に表示しようとします。

しかし、普通のサイト運営者が記事に専門性・権威性・信頼性を持たせるのは簡単なことではありません。

特に、Googleが2013年に言及したお金や健康に関するYMYL(Your Money Your Life)は高い専門性が求められるため、サイトを検索順位の上位に表示させるのが難しいです。

 

そのため、専門性の高いコンテンツを公開する際には、記事のテーマに詳しいライターに書いてもらうようにしましょう。

このように、記事をリライトする時は、徹底してユーザーに寄り添う姿勢が大切です。

たとえ、公開済みコンテンツの検索順位やクリック率が伸び悩んでいたとしても、記事の読み手を第一に考えた質の高いコンテンツを提供できていれば、成果は後からついてきます。

 

効果測定する

コンテンツを修正し終わったら、リライトの成果が出ているかどうか確認しましょう。

ここで言うリライトの成果とは、次の2つを指します。

 

検索順位

検索順位が上がっているかどうか?

 

クリック率

表示回数やクリック数が増えているかどうか?

 

リライトは、書き直してから1から2週間ですぐに効果が出る場合もあれば、成果が現れるまでに1カ月以上ほどの時間がかかるケースもあります。

逆に、成果が出ていない場合も「何が足りなかったのか」分析して結果を次に活かすことが大切です。

このように、コンテンツは修正したらしっぱなしは良くありません。

Googleアナリティクスを活用して表示回数やクリック率、離脱率直帰率、滞在時間を確かめることで、リライトする前と後を比べて変化を観察することが求められます。

 

コンテンツマーケティングに必要な共起語の存在とは?

 

まとめ

今回は、SEOを意識したリライトの方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

リライトとは「一度書いた文章を再び書き直すこと」です。日々アップデートを繰り返し、変化を遂げるGoogleのアルゴリズムに対応するためにも欠かせません。

 

SEO対策のためにリライトすべき記事の見分け方は次の通りです。

・検索順位が伸びていない記事

・CTR(クリック率)が高くない記事

 

リライトする手順は次の通りです。

・リライトする記事を決める

・リライトする記事を分析する

・実際にリライトする

 

リライトする際には、次の3点に注意しましょう。

・加筆修正する

・E—A—Tを高める

・効果測定する

 

このように、SEOを成功させるうえで過去に投稿したコンテンツの定期的なメンテナンスは必要不可欠だと言えます。

自社サイトの検索順位を上げて流入を増やしたい人こそ、コンテンツをリライトしてみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。