オススメ情報

コンテンツとは?つくる際のポイントも解説

コンテンツとは?つくる際のポイントも解説

ITやWEBに携わる方の中にも「コンテンツとはどういった意味なのだろう?」こんな疑問をお持ちの方はいらっしゃるかと思います。

本記事では、コンテンツの意味だけでなく、区分や種類、良質なコンテンツを作るポイントについても解説いたします。

この記事を読めば、コンテンツとは一体どういったものか分かります。

価値あるコンテンツをユーザーに提供することで、自社サイトへの評価や流入につなげたいとお考えの人は、今回ご紹介するコンテンツを作る時のポイントを参考にしてみましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

コンテンツマーケティングとは?基礎をおさらい

 

コンテンツとは

 

コンテンツ(contents)は直訳すると「中身」や「内容」を意味しますが、一般にインターネット上で展開される、いわゆるコンテンツは「情報の中身」という意味で使われています。

つまり、「PC・タブレット・スマホといった媒体を使って、閲覧される文字や映像を扱った情報」をコンテンツと言います。

そもそも、コンテンツという言葉が広く身近に使われるようになったのは、1990年代にIT技術が進歩したことで、インターネットや携帯電話といった情報を取得するツールが急速に普及したからです。

そんなコンテンツは、ブログやSNS、書籍、動画など、今では多くの人々の教養や娯楽にもなっています。

 

コンテンツを作る目的

では、一体コンテンツは何のために作るのでしょうか?

コンテンツを作る目的は「ターゲット層を集客して自社を認知してもらい、見込み顧客を優良顧客へと育成すること」です。

ターゲット層を集客して自社の商品やサービスを認知してもらえれば、サイト流入やCV(コンバージョン)増加につながります。

そして、自社に興味関心を持ってくれた見込み顧客を、商品やサービスを継続して利用してくれる優良顧客へと育成できれば、安定的な売り上げを見込めるようになります。

 

しかし一方で、「成果が出るまでに時間がかかってしまう」などデメリットもあるので注意が必要です。

このように、有益な情報を提供することで、ターゲット層のユーザーを自社のファンにさせるマーケティング手法をコンテンツマーケティングと言います。

コンテンツマーケティングを上手く運用すれば、CV(コンバージョン)の増加も期待できるため、自社のファンを作って成果を上げたい人は、ユーザーのニーズに訴求したコンテンツを作るようにしましょう。

 

コンテンツの3つの区分

コンテンツは大きく3つに分けられます。

 

・モバイルコンテンツ

・デジタルコンテンツ

・Webコンテンツ

以下では、さらに詳しく見ていきます。

 

モバイルコンテンツ

モバイルコンテンツとは、スマホやタブレットといったモバイル端末で閲覧したり利用したりできるコンテンツのことです。

動画や電子書籍、スマホ向けのソーシャルゲームが例に挙げられます。

手軽に情報を得られるモバイルコンテンツは、ユーザーからの人気が高まっており、市場規模も年々増加しています。

 

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツとは、複製できる状態でデジタル化されたコンテンツのことです。

電子書籍やストリーミングサービス(音楽)、動画配信サービス(映画・アニメ)などが例に挙げられます。

対して、本やCD、DVD、ビデオは従来のアナログコンテンツと言えます。

 

Webコンテンツ

Webコンテンツとは、Web上に投稿されるコンテンツのことです。

ブログやニュース記事、YouTube動画、SNSなどが例に挙げられます。

ユーザーの目に触れる機会を増やして注目を集めるために、最近は1つのコンテンツを色々なプラットフォームで配信する傾向があります。

 

コンテンツマーケティングって、どんなマーケティング手法のこと?

 

コンテンツの4つの種類

 

コンテンツには大きく4つの種類があります。

 

・ブログコンテンツ

・SNSコンテンツ

・書籍

・動画コンテンツ

以下では、さらに詳しく見ていきます。

 

ブログコンテンツ

ブログコンテンツは、制作コストがかからず誰でも気軽に始められるので、おすすめのコンテンツです。

作った記事が検索エンジンから評価されれば、サイトが検索順位の上位に表示されてユーザーに認知してもらえるチャンスを作り出せます。

さらに、自社サイトへの流入が増えるとアクセス数が増えるだけでなく、ターゲット層のユーザーを集客することもできるため、一石二鳥です。

そのため、多くの企業がオウンドメディアに情報を発信しながらSEO対策も講じています。

 

SNSコンテンツ

SNSコンテンツとは、TwitterやInstagram、Facebook、TikTokといったSNSへの投稿を指します。

最近のトレンドやタイムリーな話題ほど、急上昇ワードに載ってバズる傾向にあり、多くのユーザーやフォロワーから急激に拡散されて注目が集まれば、知名度アップも期待できます。

SNSを上手く活用することで、ターゲット層に認知してもらいたい人は、自社に合ったプラットフォームで投稿するようにしましょう。

 

書籍

書籍の特徴は、他のコンテンツよりも専門性・信頼性・権威性が得られやすい点にあります。

そのため、読み手に説得力を与えたい人におすすめのコンテンツです。

デジタル化して電子書籍にすれば、普段紙の本を読まない人にも読んでもらえるでしょう。

 

動画コンテンツ

動画コンテンツは、文字情報のブログコンテンツよりも視覚的に分かりやすく情報を伝えられる上に、忙しい人でもスキマ時間に閲覧することができます。

また、最近は動画編集ソフトが安く手に入れられるようになったため、誰でも気軽に始められるようになりました。

動画を投稿して、自社のターゲット層を集客したい人は動画コンテンツを作ってみましょう。

 

コンテンツマーケティングの種類とは?

 

良質なコンテンツを作る2つのポイント

 

コンテンツとは?一体どういったものか分かったところで、続いて良質なコンテンツを作るポイントをご紹介いたします。

質の高いコンテンツを作るには、次の2つのポイントを重視しましょう。

 

・ユーザーの検索意図を汲み取る

・ユーザーに役立つ情報を届ける

以下では、さらに詳しく見ていきます。

 

ユーザーの検索意図を汲み取る

ユーザーの検索意図を汲み取れば、質の高いコンテンツを作れます。

なぜなら、「ターゲットが何について知りたくて検索窓にそのキーワードを入力したのか」が理解できていると、ユーザーが求めている情報を正確に伝えられるからです。

良質なコンテンツを作って自社サイトへの評価や流入につなげたい人は、ユーザーの悩みや疑問を解決する記事コンテンツを作りましょう。

 

ユーザーに役立つ情報を届ける

ユーザーの役に立つ情報を届けることで、質の高いコンテンツを作れます。

なぜなら、有益で価値のある情報を提供すればユーザーは満足感を得られるからです。

逆に、何の役にも立たない情報を提供したところで、コンテンツを閲覧しようとしたユーザーの時間を奪うだけです。

このように、情報の専門性・信頼性・権威性に欠けるコンテンツは質の高い記事とは言えません。

自社サイトへの評価や流入につなげたい人ほど、ユーザーに提供する情報に有用性があるかどうかコンテンツを投稿する前に確かめるようにしましょう。

 

コンテンツマーケティングで言われる、良質なコンテンツとは?

 

まとめ

今回は、コンテンツの意味だけでなく区分や種類、良質なコンテンツを作るポイントについても解説いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツ(contents)は直訳すると「中身」や「内容」を意味しますが、一般にインターネット上で展開される、いわゆるコンテンツは「情報の中身」という意味で使われています。

そんな、コンテンツには「モバイルコンテンツ」「デジタルコンテンツ」「Webコンテンツ」という3つの区分があり、「ブログコンテンツ」「SNSコンテンツ」「書籍」「動画コンテンツ」という4つの種類があります。

 

良質なコンテンツを作るには、ユーザーの検索意図を汲み取って、役に立つ情報を届ける必要があります。

ユーザーに価値ある情報を届けることで、自社サイトの評価を高めたり流入を増やしたりしたい人は、今回ご紹介したコンテンツを作る時のポイントを役立ててみてはいかがでしょうか。

 

コンテンツマーケティングはコンテンツの質と量が重要になる?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。