SEO対策を検討している方で、キーワードの選定やその後のアクセス解析をどうすれば良いのか?という悩みを持っている方は多くいるのではないでしょうか。何気なくご自身の事業でこのキーワードが良いという根拠のないものや、本業の事業に関連性の薄いもの、検索回数が多くビックキーワードだけに絞ったもの、など間違ったキーワードの選定をしてしまうと初めから効率が良いSEO対策が出来なくなってしまいます。

また、SEO対策を開始した後のアクセス解析データをその後どういう風に生かして見れば良いか解らない?という方も多いでしょう。

そんな中で検索エンジンのGoogleが提供している様々な無料ツールを提供しているのは聞いたことがあると思います。ここでは、私も長年利用している、キーワードを選定する際やアクセス解析の際にオススメの無料ツールについてご紹介させて頂きます。

◇その1 WEBサイト管理ツール【Google Search Console】
Google Search Consoleは、Googleが無料で提供しているWEBサイト管理ツールです。このツールはサイトに訪問するユーザーがどのキーワードで検索をしているのか、ページのクリック数やクリック率、掲載順位、ペナルティメールの到達まで解ります。

Googleにサイトがどういう状態で見られているかが把握できる為、サイトの改善やSEO対策に効果的です。サイトを保有していている方でSEO対策をしている方であれば、登録は必須のツールと言えるでしょう。

◇その2 アクセス解析ツール【Googleアナリティクス】(一部有料)
Google アナリティクスも、Google Search Console と同様にGoogleが無料(一部有料)で提供しているアクセス解析ツールです。このツールはサイトに訪問するユーザーがどこの地域の方か、閲覧時に使われていたデバイスはPCかスマホか、訪問者の日別、月別、過去の数や推移など様々な情報が解ります。

Google アナリティクスで得られた解析データをもとに、自社サイトの強みや改善すべき点などを分析することができるようになりますので、こちらも登録は必須のツールと言えるでしょう。また、現在はGoogle Search Consoleとの連携が可能になりさらに進化しています。

◇その3 キーワード選定ツール【GoogleAdwordsキーワードプランナー】
GoogleAdwordsキーワードプランナーも、Google Search Console と、同様にGoogleが無料で提供しているキーワード選定ツールです。

このツールは、キーワードの検索された回数、トレンドの推移や関連キーワードの抽出、デバイス別の検索割合など様々な情報を調べることができます。SEO対策はGoogle検索エンジンを対象としますので、キーワードの把握には必須のツールと言えるでしょう。

◇その4 キーワード調査ツール【Googleトレンド】
Google トレンドも、Google Search Console と同様にGoogleが無料で提供しているキーワード調査ツールです。キーワード やトピックの検索回数、国ごと、地域ごとに、トレンドを確認できるツールで、2006年から提供されています。キーワードを登録すると検索結果で急上昇中のキーワードをリアルタイムで表示してくれますので、そのタイミングで記事を書けばページビューが瞬間的に上がりやすくなります。

Googleトレンドは、キーワードのトレンドを調べるだけではなくYouTubeでの注目動画や、調べたいキーワードを登録し、トレンドを週一回のペースでメール配信もしてくれるなど、多くの機能も持っています。こちらもSEO対策をする場合は有効なツールと言えます。

◇その5 関連キーワード予測機能【Googleサジェスト】
Googleサジェストは、検索しようとしているキーワードと関連する言葉を提案してくれる機能です。Googleではこの機能をオートコンプリートと呼んでいます。皆さんも知らないうちに利用していることがあると思います。検索したいキーワードを一文字入力するごとに検索意図を予測して、関連する言葉を表示してくれるため、ユーザーが探している情報をいち早く見つけることができます。

また、Googleサジェストは検索キーワードの人気度や新しさなどのさまざまな要因に基づいていると言われています。Googleサジェストを利用すれば、ユーザーがどのようなキーワードを検索しているのか、その関連性も含めて解りますので、SEO対策をする場合は利用した方が良い機能です。

◇その6 関連キーワード通知機能【Googleアラート】
Googleアラートは、登録したキーワードが含まれる情報が、インターネット上に流れた場合、自動的にメールやRSSフィードで受け取ることができる機能です。指定した日時の頻度や地域(日本国内など)でカテゴリを絞って検索結果を調べて、前回よりも新しい情報が見つかった場合にのみ情報が送られてきます。

この機能を利用すれば、常時最新の動向をこちらから探さなくても情報を入手することが可能です。SEO対策をする場合に競合分析や業界動向の把握に役立つ画期的なツールと言えます。

まとめ

ここまでキーワードを選定する際やアクセス解析の際にオススメの無料ツールについて、Googleに限り6つほど紹介をしてきました。

このツールの他にもGoogleによって提供されている無料のサービスは多数ありますが、WEBマーケティングを行うのであれば、まずはこの6つは最低でも押さえて、使いこなせるようにしておきたいところです。

どのツールも無料で登録や利用することが簡単にできるので、的確なキーワード選定をしてSEO対策を行うにはオススメと言えます。まだ利用されていない方は、是非この記事を参考に利用してみてください。

関連記事

  1. ロングテールSEOはアルゴリズムの変化に強い施策か?

  2. ローカルSEOは今すぐ始めるのも簡単なサービス!

  3. SEO対策にも効果がある【よくある質問】ページの作成について!

  4. SEO対策をしていたのに突然順位が下がってしまった・・・要因は?

  5. 最新のSEO内部施策について(1)

  6. SEO対策後に効果が遅いケースと早いケースについて!