オススメ情報

ドメインパワーとは?SEO施策に有効?

ドメインパワーとは?SEO施策に有効?

この記事をご覧の皆さんは、ドメインパワーとはどのようなものかご存知でしょうか。

近年、サイト運営に携わる方の間でドメインパワーの存在感が高まりつつあります。それは、ドメインパワーを高めることで、自社サイトのコンテンツが上位に表示されやすくなるだけでなく、最終的にコンバージョン率の向上も見込めるためです。

現在、インターネット上には多くのWebサイトが存在しますが、自社サイトを目立たせて集客を成功させることは容易ではありません。

しかし、ドメインパワーを上手く活用すれば、Googleを始めとする検索エンジンがサイトを認識しやすくなり評価を得られます。

 

そんな、ドメインパワーという業界用語を耳にしたことがあるものの、詳しい内容が分からずお困りの方もいることでしょう。

あるいは、ドメインの設定をしてはいるが、ドメインパワーを効率よく高められていない方も見受けられます。

そこで、今回は「ドメインパワーとは?SEO施策に有効?」と題して、ドメインパワーの定義やSEOとの関係、ドメインを変更した場合にどうなるのかを明らかにします。

その上で、ドメインパワーをチェックする方法やドメインパワーを高める方法、ドメインパワーを高めるときの注意事項など周辺知識も交えてご紹介させていただきます。

 

SEO対策とは?その本質と基本的な方法

 

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは「サイトが検索エンジンからどれほど信頼されているか」を表します。

ドメインパワーが強いと、自社サイトのコンテンツを検索順位の上位に表示されやすくなります。

また、サイトのキーワードやテーマに関連性の高いドメインを設定すれば、ユーザビリティとクローラビリティを両方とも高められます。

 

ドメインとは?

なお、ここで言うドメインとは「全体の中に定義される部分領域のこと」です。

ドメインは、インターネットに接続されるコンピューターの「住所」に該当します。

そのため、ホームページやブログを始めとするWebサイトは「家」ということになります。

ホームページであれば、https://www.○○.com/の「○○.com」がドメイン名にあたり、メールアドレスであれば、mail@○○.comの「○○.com」がドメイン名にあたります。

そんな、ドメインの右側をトップレベルドメインと呼びますが、gTLDや㏄TLDなど国内外で実際に使われているドメインの種類は多岐にわたり、用途によって使い分けられています。

 

SEOに効果的なURLの作り方!最適な長さ・文字は?

 

ドメインパワーとSEOの関係

 

ドメインパワーの定義が明らかになったところで、続けてドメインパワーがSEOで重要な理由をご紹介いたします。

SEOにおいてドメインパワーは重要です。なぜなら、ドメイン名をユーザーにとって分かりやすいものに設定すると、以下の2つのメリットを実感できるからです。

 

コンテンツが検索上位に表示されやすくなる

例えば、ドメインパワーの強いサイトとドメインパワーの弱いサイトがあるとして、同じ内容のコンテンツを提供していたら、ドメインパワーの強いサイトが上位に表示されます。

このように、ドメインに少し工夫を加えるだけで検索順位を高めることができます。

 

検索エンジンに早くインデックスされやすくなる

検索エンジンのクローラーは、ドメインパワーの強いサイトをよく巡回します。

そのため、新しく公開したコンテンツがすぐにインデックス登録されます。

逆に、ドメインパワーの弱いサイトは多くの場合インデックス登録されるまでに時間がかかります。なぜなら、クローラーによる巡回の頻度が少ないためです。

 

インデックスとは?SEO対策に関係する?

 

ドメインを変更した場合

Googleのゲイリー・イリーズ氏によると、「サイトの評価が旧ドメインから新ドメインへと引き継がれるまでに約2週間から3か月かかる」と言われています。

引継ぎに時間がかかるのは、ドメイン変更をすると一時的にサイトの評価が下がってしまうからです。その際は、リダイレクト設定を行うようにしましょう。

以下では、リダイレクト設定の中でも主流な301リダイレクトをご紹介いたします。

なお、ここで言う301リダイレクトとは「Webページの転送をするためのコード」です。WebサイトのURLが、一時的な変更ではなく恒久的に変更される場合に推奨されています。

 

301リダイレクトを設定することで、旧URLで移転前のWebサイトに来た人を自動的に新URLのWebサイトへ誘導することができます。

ページ移転やサイトの引っ越しをする際に活用される301リダイレクトは、転送先のページに検索エンジンからの評価も受け渡す点で優れています。

このときGoogleの場合は、評価の受け渡しがなされるリダイレクト連鎖は10回までと制限されていますが、それ以上はサーチコンソールからエラーと見なされてしまいます。

また、301リダイレクトをトップページに設定したとしても、古いドメインが受けた評価を新しいドメインにそのまま受け渡すことはできません。

 

そのため、ページ単位でリダイレクトを指定する必要があります。

その上、リダイレクト設定を削除したり期限が切れたりすると、別々のURLと見なされるようになり、評価も受け渡されなくなってしまいます。

ユーザーの利便性を向上させるためにも、少なくとも1年間は301の状態を保っておいた方が良いです。

サイト移転をする際の下準備としては、XMLサイトマップを活用すると有効です。なぜなら、Googleにページの存在をいち早く認識してもらうことに繋がるからです。

 

リダイレクトとは?意味と正しい方法について解説

 

ドメインパワーをチェックする方法

ドメインパワーをチェックする方法は無料のものと有料のものがあります。

 

無料でチェックする

パワーランクチェックツール

検索バーにドメインを入力するだけでドメインパワーを数値化してくれます。

アカウント未登録の場合1日1回までしか利用できませんが、無料アカウントかメルマガ行動をすれば1日3回までチェックツールを活用できます。

 

MOZ

無料アカウント登録すると、ドメインパワーや被リンク数をチェックすることができます。

 

有料でチェックする

サイトエクスプローラー

自社サイトや競合サイトのドメインを検索バーに入力すると、ドメインパワーや被リンク数だけでなく、キーワードごとの順位などをチェックすることができます。

 

Rank Tracker

自社サイトや競合サイトのドメインパワーや被リンク数だけでなく、キーワードごとの順位などをチェックすることができます。

 

こうしたチェックツールは、サイトの被リンクをもとにドメインパワーの数値を算出しています。

さらに、自社サイトの分析結果を他サイトと比較できるため、競合分析にも一役買います。

 

SEO外部施策で重要な被リンクのチェックツールとは?

 

ドメインパワーを高める方法

ドメインパワーを高める方法は大きく5つあります。以下の通りです。

 

良質な被リンクを獲得する

検索エンジンのクローラーは、被リンクを多く獲得しているサイトほど高く評価する傾向にあります。

そのため、被リンクを獲得する目的でサテライトサイトを作ったとしても、SEO効果を期待することはできません。

 

サイト運営の期間を長くする

運営期間が長いサイトほど検索エンジンのクローラーから高く評価され、ドメインパワーも高まる傾向にあります。

しかし、ただ運営期間が長くてもドメインパワーは上がりません。

サイトを更新せずに放置しているだけでは評価は得られないため、定期的に新たなコンテンツを公開し続けていく必要があります。

 

コンテンツの量を増やす

サイトのテーマと関連性の高いコンテンツが数多く展開されていると、検索エンジンから一定の評価を得られると同時にドメインパワーを高めることができます。

しかし、ただやみくもに質の低いコンテンツを作っても検索エンジンのクローラーから高く評価されることはありません。

コンテンツの量を増やすにしても質の高いコンテンツを作るように心がけるとSEOに効果的だと言えます。以上のことに留意してサイト運営していけば、検索エンジンとユーザーの両方に信頼されます。

 

コンテンツの質を高める

良質なコンテンツを提供しているサイトは検索エンジンから評価されやすいです。

検索エンジンはユーザーを第一に考えています。

そのため、ユーザーにとって有益な情報を提供しているほど高く評価されます。

 

アクセス数を増やす

検索エンジンは、アクセス数の多いサイトを高く評価します。同時にアクセス数が多いとドメインパワーも高まります。

アクセス数を増やす方法は幾つかあります。以下の通りです。

 

SNSで拡散する

・更新頻度を高くする

・クリックされやすいようにタイトルを魅力的にする

・タイトルやページにSEOキーワードを盛り込む

・サイトの表示スピードを改善する

・サイトをモバイルフレンドリー化させる

 

なお、ここで言うモバイルフレンドリーとは「2015年4月21日に全世界で実装されたモバイルを基準としたGoogleによるアルゴリズムのこと」です。モバイルフレンドリーアップデートとも呼ばれます。

そもそも、モバイルフレンドリー化が進められているのは、スマートフォンで検索を行うユーザーが増えてきたことが背景にあります。

時代の移り変わりとともに、Webページのニーズも変化するようになりました。

そんな、モバイルフレンドリーは「スマートフォンでの閲覧に適しているWebページを高く評価する仕組み」を指します。

 

そのため、Webサイトがモバイルフレンドリー化(スマートフォン対応)していないと、検索順位が低下してしまう恐れがあります。

実際にWebページがスマートフォン対応しているかどうかを検証する「モバイルフレンドリーテスト」と呼ばれる無料のツールがあります。

こうしたツールも活用していきながら、改善に繋げていきましょう。

検索順位を下げたくないサイト運営者は、モバイルフレンドリー化を済ませるようにしましょう。

Webページを上位に表示させられると同時に、ユーザーの満足度を高めることができます。

 

SEO対策に影響があるモバイルファーストインデックスとは?

 

ドメインパワーを高めるときの注意点

ドメインパワーを高めるときに注意すべき点が2つあります。

 

中古ドメインを購入するとき

運営歴の長い中古ドメインはドメインパワーが強い傾向にあります。

しかし中古ドメインは、良い評価だけでなく悪い評価までも引き継いでしまう恐れがあります。なかには、過去にペナルティを受けたことのある中古ドメインが販売されているケースもあります。

中古ドメインの購入を検討している方は、メリットだけでなくデメリットにも目を向けるようにしましょう。

 

被リンクを集めるとき

被リンクを集めるときには、良質で関連性のあるコンテンツを提供しているサイトから被リンクしてもらえるように計らいましょう。

反対に、検索エンジンにおける上位表示化やドメインパワーの強化を目的として、意図的にリンクを獲得しようとするのは控えるのが賢明です。

なぜなら、自社サイトがペナルティを受けたりガイドライン違反になったりして、検索結果から削除される恐れがあるためです。良質なコンテンツを作成して、自然に被リンクを獲得しましょう。このように、ドメインパワーの強化には時間がかかります。

短期間で実現できるものではありません。根気よくドメインパワーを高めていくことが求められます。

 

SEOにおける外部対策とは?その効果や注意点を紹介

 

おわりに

今回は、ドメインパワーとは?SEO施策に有効?と題して、ドメインパワーの定義やSEOとの関係、ドメインを変更した場合どうなるのかを明らかにしました。

その上で、ドメインパワーをチェックする方法やドメインパワーを高める方法、ドメインパワーを高めるときの注意事項など周辺知識も交えてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ドメインパワーとは「サイトが検索エンジンからどれほど信頼されているか」を指します。

ドメインパワーを高めることで、ユーザビリティとSEO効果の向上が見込まれ、ドメイン名をユーザーにとって分かりやすいものに設定すると、コンテンツが検索上位に表示されやすくなるだけでなく、検索エンジンに早くインデックスされやすくなります。

 

また、ドメインを変更した場合、一時的にサイトの評価が下がってしまう影響でサイトの評価が旧ドメインから新ドメインへと引き継がれるまでに約2週間から3か月ほど時間がかかります。

Webページの評価を漏れなく受け渡すためにも、リダイレクト設定を行っておきましょう。

その際、ドメインパワーをチェックするツールを活用することで、表示された結果を競合分析に役立てられます。まずは無料版から試しに利用してみましょう。

そんな、ドメインパワーを高めるには「良質な被リンクを獲得する」「サイト運営する期間を長くする」「コンテンツの量を増やす」「コンテンツの質を高める」「アクセス数を増やす」といった方法があります。

 

SEO効果が実感できるまで色々なやり方を実践すると良いです。

しかし、「中古ドメインを購入するとき」と「被リンクを集めるとき」には、一定のリスクが伴うため、注意点が必要です。

ペナルティを受けたりGoogleが定めるガイドラインに抵触したりしないように細心の注意を払いましょう。

ドメインパワーを高めることでSEO効果を実感したいとお考えのサイト運営者は、この機会にドメインパワーを見直してみてはいかがでしょうか。

 

外部リンクとは?SEOに重要な理由と対策方法を解説

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせ
コンテンツマーケティング・SEOコンサルティング・ホームページ制作の際は、
お気軽にご相談ください。