ホームページという言葉とWEBサイトという言葉は、私たちが日常の業務のなかで、何気なく使っているビジネス用語ですが、それぞれの意味や違い、ふたつの言葉の使い方について、正確に理解されている方は少ないのでないでしょうか。

例えば、一般の方達であれば、「ホームページ制作」と言った方がわかりやすく、ネット業界で働くマーケティング担当の方は、「WEBサイト制作」という言葉を好んで使っていることが多いと思います。

今回は、この「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味や違い、ふたつの言葉の使い方について紹介をさせていただきます。

 

ホームページの制作を成功するために抑えておきたいポイントとは?

 

ホームページの制作時には知っておきたい、ホームページとWEBサイトの違いを解説します!

【そもそも、ホームページとはどのようなものか?】

ホームページとは、Google Chrome,Microsoft Edge,FireFox,Internet Explorer,Opera,SafariなどのWEBブラウザを開いた時に、最初に表示される一番目のWEBページのことを指しています。

ほとんどの方が、WEBブラウザを立ち上げた最初の画面に、GoogleやYahoo! の検索エンジンを「ホームページ」として設定していることが多いと思います。

このように、Googleやyahoo!など、WEBサイトのTOPページを「ホームページ」として設定する人が日本国内では圧倒的に多く、「ホームページ」の呼び方が広まっていきました。

 

また、ホームページ画面の左上部分には、家のカタチをしたボタンが表示されることがあります。

このボタンは、TOPページへ戻るための「ホームに戻る」という意味のアイコン画像で、このボタンをクリックした経験は皆さんも多いことかと思います。

このことも、WEBサイトのTOPページを「ホームページ」と呼ぶようになった要因として言われています。

 

【それでは、WEBサイトとはどのようなものか?】

WEBサイトとは、一般的に同じドメインの個々のWEBページの集まりと定義されています。

皆さんが、日常で閲覧しているyahoo!のニュースページやブログのコラムページ、まとめサイトの人気記事など、インターネット上で公開されている文書のことを「WEBページ」と言います。

このように、1ページがひとつのテーマでまとまっているものが「WEBページ」で、個々の「WEBページ」のまとまった集合体のことを「WEBサイト」と呼んでいます。

もう少し、WEBサイトのことを要約して説明させていただくと、現在閲覧している方がいれば、この記事コンテンツは「WEBページ」のことで、オススメ情報が掲載されているこのサイト全体のことを「WEBサイト」と言えばわかりやすいでしょうか。

また、「WEBサイト」の入り口にあたる、メインページのことは「TOPページ」と言います。

ここまでの説明で、ホームページとWEBサイト(WEBページを含む)の違いを簡潔にまとめると下記のようなイメージになります。

 

ホームページとは◇・・・・ブラウザの起動時に一番最初に表示されるWEBサイトのこと!

WEBサイトのTOPページをホームページと言います。

 

◇WEBサイトとは◇・・・・一つひとつのWEBページの集合体のこと!

個々のWEBページの集合体(全体)のことをWEBサイトと言います。

 

◇WEBページとは◇・・・・インターネット上に公開されている文書ファイルのこと!

インターネット上に存在する個々のページ(文書ファイル)のことを言います。

 

まとめ

いくつもある「WEBページ」のすべての集合体が「WEBサイト」のことで、その一番上の「TOPページ」のことが「ホームページ」ということになります。

 

おわりに

今回は、私たちが日常の業務のなかで、何気なく使っている「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味や違い、ふたつの言葉の使い方について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページとWEBサイトのふたつの言葉は、厳密にいうとそれぞれの意味や違いがありますが、双方は同じ意味として広まっていますので、どちらの言葉を使用しても大きな問題はありません。

一般の方向けには、「WEBサイト制作」よりも「ホームページ制作」といった方がわかりやすいのであれば、そのままの使い方で良いということです。

例えば、企業のコーポレート系の制作であれば、「〇〇〇〇会社のホームページ制作」と呼んだ方が、親近感が湧くイメージです。

また、英語や特定サービス系を制作するのであれば、「〇〇〇〇のWEBサイト制作」の方が呼び方としてイメージに近いと思います。

株式会社セレクト・ワンでは、自社が普段どのように使っているかではなく、会話をする相手やお客様の立場、その場の雰囲気や状況によって、わかりやすく相手に伝わる方を選択することをオススメしています。

ネット業界で働くマーケティングの担当者の方やホームページの制作に携わっている方であれば、あえて「ホームページ」ではなく「WEBサイト」と言った方が、プロっぽく聞こえるということはあるかもしれません。

この記事をご覧になった方は、「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味やふたつの違いを参考にしていただいて、今後のホームページ制作やマーティング活動のなかでお役立てください。

 

ホームページの制作時に確認しておきたい主要ブラウザについて!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページの制作時に活用したいフリー画像サイトについて!

  2. ホームページをリニューアルするタイミングはどんな時?

  3. ホームページの制作時に用意をする素材について!(初心者の方向け)

  4. ホームページを制作する上でやってはいけないNG項目とは?

  5. ホームページの表示速度の測定・改善方法について!

  6. ホームページのリニューアルで得られるメリットと確認事項について!