ホームページという言葉とWEBサイトという言葉は、私たちが日常の業務の中で、何気なく使っているビジネス用語ですが、それぞれの意味や違い、ふたつの言葉の使い方について、正確に理解されている方は少ないのでないでしょうか。

 

例えば、一般の方達であれば、「ホームページ作成」と言った方がわかりやすく、ネット業界で働くマーケティング会社の方は、「WEBサイト制作」という言葉を好んで使っていることが多いと思います。

今回は、この「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味や違い、ふたつの言葉の使い方について紹介をさせていただきます。

 

ホームページの制作を成功するためには?

 

ホームページとはどのようなものか?

ホームページとは、Google Chrome,Microsoft Edge,FireFox,Internet Explorer,Opera,SafariなどのWEBブラウザを開いた時に、最初に表示される一番目のWEBページのことを指しています。

ほとんどの方が、WEBブラウザを立ち上げた最初の画面に、GoogleやYahoo! のような検索エンジンを「ホームページ」として設定していることが多いと思います。

このように、Googleやyahoo!など、WEBサイトのTOPページを「ホームページ」として設定する人が日本国内では圧倒的に多く、「ホームページ」の呼び方が広まっていきました。

 

また、ホームページ画面の左上部分には、家のカタチをしたボタンが表示されることがあります。

このボタンは、TOPページへ戻るための「ホームに戻る」という意味のアイコン画像で、このボタンをクリックした経験は皆さんも多い事と思います。

このことも、WEBサイトのTOPページを「ホームページ」と呼ぶようになった要因として考えられています。

 

WEBサイトとはどのようなものか?

WEBサイトとは、一般的に同じドメインの個々のWEBページの集まりと定義されています。

皆さんが、日常で閲覧しているyahoo!のニュースページやブログのコラムページ、まとめサイトの人気記事、ECサイトの商品・サービスページなど、インターネット上で公開されている文書のことを「WEBページ」と言います。

このように、1ページがひとつのテーマでまとまっているものが「WEBページ」で、個々の「WEBページ」のまとまった集合体のことを「WEBサイト」と呼んでいます。

 

もう少し、WEBサイトのことを要約して説明させていただくと、現在閲覧している方がいれば、この記事コンテンツは「WEBページ」のことで、オススメ情報が掲載されているこのサイト全体のことを「WEBサイト」と言えばわかりやすいでしょう。

また、「WEBサイト」の入り口にあたる、メインページのことは「TOPページ」と言います。

 

ホームページとWEBサイトの違いとは?

ここまでの説明で、ホームページとWEBサイト(WEBページを含む)の違いを簡潔にまとめると下記のようなイメージになります。

いくつもある「WEBページ」のすべての集合体が「WEBサイト」のことで、その一番上の「TOPページ」のことが「ホームページ」ということになります。

 

ホームページとは・・・

ブラウザの起動時に一番最初に表示されるWEBサイトのこと

WEBサイトのTOPページをホームページと言います。

 

WEBサイトとは・・・

一つひとつのWEBページの集合体のこと

個々のWEBページの集合体(全体)のことをWEBサイトと言います。

 

WEBページとは・・・

インターネット上に公開されている文書ファイルのこと

インターネット上に存在する個々のページ(文書ファイル)のことを言います。

 

おわりに

今回は、私たちが日常の業務の中で、何気なく使っている「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味や違い、ふたつの言葉の使い方について紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームページとWEBサイトのふたつの言葉は、厳密にいうとそれぞれの意味や違いがありますが、双方は同じ意味として広まっていますので、どちらの言葉を使用しても大きな問題はありません。

 

一般の方向けには、「WEBサイト制作」よりも「ホームページ作成」といった方がわかりやすいのであれば、そのままの使い方で良いということです。

例えば、企業のコーポレート系の制作であれば、「〇〇会社のホームページ作成」と呼んだ方が、親近感が湧くイメージです。

また、英語や特定サービス系を制作するのであれば、「〇〇サービスのWEBサイト制作」の方が呼び方としてイメージに近いと思います。

 

株式会社セレクト・ワンでは、自社が普段どのように使っているかではなく、会話をする相手やお客様の立場、その場の雰囲気や状況によって、わかりやすく相手に伝わる方を選択することを推奨しています。

SEO会社やホームページ制作会社の方であれば、あえて「ホームページ」ではなく「WEBサイト」と言った方が、プロっぽく聞こえるということはあるかもしれません。

この記事をご覧になった方は、「ホームページ」と「WEBサイト」(WEBページを含む)の意味やふたつの違いを参考にしていただいて、今後のホームページ制作やWEBデザインでお役立てください。

 

ホームページの表示を主要ブラウザで確認していますか?

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページを開設する際に必要なページ数とは?

  2. ホームページの制作費用はどの時点で支払うのか?

  3. ホームページの表示を主要ブラウザで確認していますか?

  4. コーポレートサイトに必要なコンテンツとは?

  5. ホームページを目立たせるアイコン画像ファビコンとは?

  6. ホームページとランディングページの違いとは?