ネットからの集客では、欠かせない役割を果たしている「ホームページ」と「ランディングページ」ですが、ふたつの違いはどのようなものがあるのか、皆さんはご存知でしょうか。

「ホームページ」と「ランディングページ」は、見た目には似たようなものですが、目的やデザイン、メリットなどそれぞれに違いや特徴を持っています。

今回は、「ホームページ」と「ランディングページ」ふたつの違いについて、様々な角度から説明をさせていただきます。

 

ホームページとWEBサイトの意味や違い、ふたつの使い方について!

 

ホームページとランディングページが果たす目的や役割について!

ホームページの目的や役割はどのようなものか?

ホームページには、企業イメージの向上や自社が提供している商品やサービスのブランド認知の向上などの目的があります。

そのため、様々なコンテンツが複数のWEBページ(コンテンツ)で構成されていて、ユーザーにより多くのページを閲覧してもらうことで、ホームページの役割を果たしています。

ホームページは、営業用の分厚いプレゼンテーション資料の詳細まで、すべての内容をWEB上に公開しているイメージです。

 

ランディングページの目的や役割はどのようなものか?

ランディングページには、リスティング広告などネット広告から流入してきたユーザーを、お問い合わせや資料請求、予約、商品購入などのコンバージョンへつなげる目的があります。

そのため、ホームぺージのように多くのWEBページを閲覧してもらうものではなく、縦長の1ページのなかで完結することで、ランディングページの役割を果たしています。

ランディングページは、営業用のプレゼンテーション資料から必要最小限の内容を厳選して、チラシの様に1枚にまとめて、見やすくしたものをWEB上に公開しているイメージです。

 

ホームページとランディングページにふさわしいデザインについて!

ホームページのデザインはどのようなものか?

ホームページは、複数のWEBページ(コンテンツ)で構成されているため、全体の見せ方や雰囲気、デザインを統一させる必要があります。

デザインやレイアウト、章立て、フォント、ボタンなど、各WEBページ(コンテンツ)ごとの見た目を統一させて、下層ページまでスムーズにユーザーを誘導させられる、ナチュラルなデザインが求められます。

 

ランディングページのデザインはどのようなものか?

ランディングページは、縦長1ページで完結するため、ホームページの様に見せ方を統一させる必要はありません。

下層ページなど、他のWEBページ(コンテンツ)に対するユーザーの誘導がない代わりに、ページの下部まで飽きさせないで誘導させられる、インパクトが強くわかりやすいデザインが必要です。

 

ホームページとランディングページを公開することで得られるメリットについて!

ホームページを公開するメリットはどのようなものか?

1.複数のWEBページ(コンテンツ)を通じて企業や商品、サービスのブランディングの向上が図れる。

2.多くのWEBページ(コンテンツ)を増やしていくことで、SEO対策につながってユーザーの流入が増える。

3.ユーザーにとって有益な情報を発信することで、SNSで拡散されて広く認知を得られる。

 

ランディングページを公開するメリットはどのようなものか?

1.縦長1ページで完結出来るため、WEB制作に対するコストが安く短い時間で公開できる。

2.縦長1ページにまとめることで、ユーザーに伝えたい内容がわかりやすくコンテンツの訴求力が強い。

3.ユーザーをランディングページに着地、誘導させることで、コンバージョン率の統計や把握がしやすい。

 

ホームページとランディングページが持つ特徴について!

結論として・・・・ホームページとはどのようなものか?

1.企業や商品、サービスの認知度やブランディングを向上させることを目的としている。

2.複数のWEBページ(コンテンツ)で構成されている。

3.ユーザーには、複数のWEBページ(コンテンツ)を閲覧してもらいたい。

4.他のWEBページ(コンテンツ)への誘導を目的とした、全体を統一したデザインになる。

5.多くのWEBページ(コンテンツ)が存在することで、ネット集客の手法はSEO対策との相性が良い。

6.ネット集客は、中長期での運用方法が合っている。

 

結論として・・・・ランディングページとはどのようなものか?

1.コンバージョンにつなげることを目的としている。

2.縦長1ページの完結型で構成されている。

3.ユーザーには、WEBページ(コンテンツ)の下部まで閲覧してもらいたい。

4.コンバージョンにつながることを目的とした、メリハリの利いたデザインになる。

5.1ページの構成のため、ネット集客の手法はリスティング広告との相性が良い。

6.ネット集客は、短期での運用方法が合っている。

 

おわりに

今回は、「ホームページ」と「ランディングページ」ふたつの違いについて、様々な角度から説明をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

これまでより、効率的にネット集客を実践していくためには、「ホームページ」と「ランディングページ」ふたつの違いや特徴について、WEBサイトの運営やマーケティングに携わる方達は把握しておいた方が良いでしょう。

皆さんもこの記事を参考にしていただいて、自社のネット集客の目的に合った使い分けをして、「ホームページ」と「ランディングページ」の運用をされることをオススメします。

 

ホームページの制作で参考にしたいデザインのサイト集について!

 

【株式会社セレクト・ワン】

東京本社:03-5953-7160

横浜支店:045-270-3353

長野営業所:026-474-5333

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. ホームページの制作でスキルに応じた、ソフトウェアやツールのオススメサー…

  2. ホームページ制作の前に確認しておきたいヒアリング項目とは?

  3. ホームページの制作時に参考にしたい進行方法とは?

  4. ホームページの制作をした後の更新作業について!

  5. ホームページの制作時に活用したいフリー画像サイトについて!

  6. ホームページをリニューアルするタイミングはどんな時?