薬事法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品また医療用具などについて規制し、その適正化をはかることを目的とする薬事についての基本法のことです。