SEO対策でキーワードを選定する場合に聞くことがある【ビックキーワード】や【スモールキーワード】とはどんなキーワードのことか知っていますか?名前の通りに大きなキーワードの事や小さなキーワードの事?という想像はつくかと思いますが、SEOの業界用語で馴染みのない方も多いのでは無いでしょうか。

今回はビックキーワードやスモールキーワードの特徴やキーワードの例、ビックキーワードを選定した場合の問題点についても紹介してみたいと思います。

SEO対策をする場合の効率の良いキーワード選定の仕方について!

SEO対策で聞くビックキーワードとはどんなキーワード?

一般的にビックキーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで【検索される回数】の多いキーワードのことを言います。検索される回数が多いことで上位に表示されれば、サイト全体の流入が増えることになる特徴を持っています。下記にビックワードの特徴をいくつか説明します。

 

ビックキーワードの特徴

・検索される回数が多く月間で10,000回以上が目安になる。

・単体のキーワードのことで、表記は一語からなる。

・競合が強く10位以内(1ページ目)に表示させることが難しい。 問題点1

・SEO施策後、10位以内(1ページ目)に表示させるまでの時間やコストがかかる。 問題点2

・検索ユーザーを成果や成約につなげるのが難しい。 問題点3

 

ビックキーワードの例

「鉄板焼き」「薄毛」「居酒屋」「外壁塗装」「身元保証」「任意売却」「エステ」「社会保険」

SEO対策で聞くスモールキーワードとはどんなキーワード?

スモールキーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで【検索される回数】の少ない二語、三語を組み合わせた複合キーワードやニッチなキーワードのことを言います。検索される回数が少ないことで、上位に表示されるまでの期間が短くなる特徴を持っています。下記にスモールキーワードの特徴をいくつか説明します。

 

スモールキーワードの特徴

・検索される回数が少なく月間で1,000回以下が目安になる。

・複合またはニッチなキーワードのことで、表記は二語、三語からなる。

・競合が弱く10位以内(1ページ目)に表示させることが易しい。

・SEO施策後、10位以内(1ページ目)に表示させるまでの時間やコストがかからない。

・検索ユーザーを成果や成約につなげるのが易しい。

 

スモールキーワードの例

「鉄板焼き 会食」「薄毛 原因」「居酒屋 個室」「外壁塗装 費用」「身元保証人 いない」「任意売却 流れ」「エステ 東京」「社会保険 種類」

ビックキーワードを選定した場合の3つの問題点について!

お客様の傾向として、上位に表示された場合にサイトの流入が増えることから、初めからビッグキーワードを選定したがる傾向が多く見受けられます。

ビックワードの特徴に記載した3つの問題点については、ここでもう少し詳しく説明してみたいと思います。

 

問題点1 競合が強く10位以内(1ページ目)に表示させることが難しい。

ビックキーワードの一番の問題は、何といっても検索結果に出てくる競合サイトの数が多く、且つSEOに強いサイトも沢山存在することです。マラソンで例えるならば、10キロ先にいる強いランナーを後から追いかけて行って、追い抜くことでこちらが上位に表示されることと同じになりますので、当然としてSEOの難易度は高くなります。

 

問題点2 SEO施策後、10位以内(1ページ目)に表示させるまでの時間やコストがかかる。

次の問題は、上位に表示されるまでの時間やコストが大幅にかかるということです。時間が長くかかるということは、SEOの内部や外部施策の作業量が増えていくことを意味しますので、それを対応する社内の人員や専門のSEO業者に支払う金銭も併せて発生することになります。上位表示までの時間が長くなればなるほど、その間のコストは発生し続けて浪費をしていくということになります。

 

問題点3 検索ユーザーを成果や成約につなげるのが難しい。

最後の問題として、ビックワードの成果や成約についてもふれておきます。ビッグキーワードは、スモールキーワードと比べた場合に、より広い範囲のユーザーを対象としているため、ユーザーの検索する意図を把握することが難しく、成果や成約につなげるのが難しい特徴があります。

例えば「身元保証」というキーワードの場合に「身元保証人 いない」「身元保証 代行」「身元保証 会社」という「身元保証」の検索だけの時とは違う意図を持った検索ユーザーがその背景に想像することができます。

また、一語で「身元保証」だけの場合は、背景にあるユーザーの意図は人ぞれぞれで、サイト運営側が期待するユーザーばかりではなく、検索した後に自分に合った情報が見当たらなければ、別のキーワードで再度検索をしてしまうことがあります。

ユーザーの検索スキルは、インターネットの普及と共に向上しているため、今後はさらにビックキーワードとの掛け合わせで、検索をしていく傾向が強くなると言えます。

まとめ

ここまでビックキーワードやスモールキーワードの特徴やキーワードの例、ビックキーワードを選定した場合の問題点について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

多くの方が最初からビッグキーワードでの上位表示を目指しているかと思いますが、いくつかの問題を抱えているということを認識しておいた方が良いでしょう。

 

私が考えるSEO対策の理想的なやり方は、サイトの公開初期段階では、スモールキーワードでロングテールを中心として上位表示を狙っていき、ビッグキーワードに関しては、中期から後期の運用段階から取り組んでいくことが望ましいと思っています。

初期の段階でも先を見越してビッグキーワードの内部や外部施策をしておく必要性はありますが、スモールキーワードで上位に表示がされていない状況で、取り組むべき優先事項ではないと言えます。

皆さんもここで紹介させてもらった記事を参考に、今後のSEO対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

ロングテールSEOはアルゴリズムの変化に強い施策か?

関連記事

  1. SEO対策後に効果が遅いケースと早いケースについて!

  2. SEO内部施策について・・・これからは特にコンテンツ重視の傾向か?

  3. SEOコンサルティングとは、どこまでのことを対応してくれるの?

  4. SEO外部施策について・・・正しい被リンク、誤った被リンクとは?

  5. ローカルSEOは今すぐ始めるのも簡単なサービス!

  6. SEO業者選定のポイントとは?