SEOはWEBサイトのコンテンツ重視の傾向が増す中でも、これまで通り良質な被リンクについては重要項目であることに変わりません。Googleが評価する被リンクもこれまでと方針は変わらず、一般的に権威が高いWEBサイトからの被リンクや同業種のWEBサイトからの被リンクが特に有効になります。

また、下記の様にアンカーテキストにリンクが入っているキーワードが検索結果で上位になりやすくなるのもこれまでのSEOと傾向は変わらない状況です。

例) コンテンツマーケティングなら – 株式会社セレクト・ワン

同業種のWEBサイトからの被リンクを増やすためには、その方達も対象にした、参考になるような情報やツールなどのコンテンツを定期的に作成して、自然に被リンクを増やしていくという外部施策を進めていくことがオススメのやり方といえます。

一方、サテライトサイトを多数制作して自作の被リンク対策を実施するなど、過去に流行っていたリンクの張り方ではペナルティの要素が強く通用しない施策となっているものもあります。

また、外部リンクの販売だけをしている業者が有りますが、現在効果があると言われている、被リンクであったとしても、数年後の保証は販売した業者もしてくれないケースが多いです。安易なリンクの購入に頼って被リンクを増やすやり方は行わない方が良いでしょう。

リンクを増やす方法とやってはダメなリンクの増やし方は?

①同業種のWEBサイトからの被リンクを増やす。

②一般的に権威が高いWEBサイトからの被リンクを増やす。

③同業種のWEBサイトにとっても参考になるようなコンテンツを作成し、自然に被リンクを増やす形を構築する。

④自作の被リンクを張るような外部施策はペナルティのリスクが高いので絶対に行わない。

⑤安易なリンクの購入だけで被リンクを増やすやり方はペナルティのリスクが高いので絶対に行わない。

関連記事

  1. SEO対策をしていたのに突然順位が下がってしまった・・・要因は?

  2. 最新のSEO内部施策について(2)

  3. 最新のSEO内部施策について(1)

  4. SEOコンサルティングとは、どこまでのことを対応してくれるの?

  5. ローカルSEOは今すぐ始めるのも簡単なサービス!

  6. SEO対策で聞くビックキーワード、スモールキーワードの特徴や問題点とは…