検索結果で上位に表示されるためには、継続的に良質なコンテンツの作り込み(記事の作成)をして、ユーザーを満足させることが必要だと言われていますが、それをするだけで本当に上位表示が可能でしょうか?

何年もただブログを書き続けている方で、狙っているキーワードをいまだに上位に表示されていないケースはよく目にします。

コンテンツマーケティングを実施して上位に表示させるには、一般的なコンテンツを作って、仮にそれがユーザーを満足させる内容だとしても上位に表示をさせることは難しいと思います。

ここで私が解説したいのは、人が認識できるいわゆる良質なコンテンツということではなく、Googleに良質だと認識してもらえるコンテンツの作り込み(記事の作成)をすることで上位表示を可能にする方法について説明をしたいと思います。

コンテンツマーケティングの本質について

コンテンツマーケティングは、ただ普通に文章を書くのとは全然違います。

関連するキーワードやタグ情報、共起語を盛り込んだり、検索するキーワードに適した誰にでも解るような文章を書くということがそもそもの本質です。また、文章自体がユーザーを満足させるコンテンツであったとしても、検索キーワードに適していていなければ意味がありません。

検索キーワードに対する答えを丁寧に解り易く、ユーザーが満足する形で記事を作成していくことがコンテンツマーケティングの本質といえます。

コンテンツマーケティングでライターに記事の依頼をした場合のSEO効果は?

プロのライターに記事の作成を依頼して、あがってきた内容に満足していたにも拘らず、検索結果では上位に表示されないということもよく聞きます。

ライターの存在を否定するわけではありませんが、記事を書くことはプロの専門家ですが、SEOについては専門家ではない為にそもそも知識はありません。

関連キーワードに適した文章で人が読んで解る内容や人気記事であっても、Googleから評価されない内容では上位への表示はできないということなのです。

これから私が考える良質なコンテンツ(記事)を作成する方法について解説をさせてもらいます。

良質なコンテンツ(記事)を作る方法

1.Googleキーワードプランナーなどのツールを使って候補を抽出してSEOで軸になるキーワードの選定をする。

2.そのキーワードの現時点での検索結果における10位以内に上がっているWEBサイトの分析をし、コンテンツの内容やタグ情報などを確認する。(※競合サイトの確認をすることは重要ですが、重複コンテンツやコピペになるようなことは絶対にやらない。)

3.実際に作り込みをするコンテンツ(記事の作成)の構想を練りながら、軸になるキーワードに関連するキーワードも合わせて選定する。

4.記事のタイトル部分には必ず軸になるキーワードを盛り込んで書く。

5.h2、h3部分は、共起語かタイトルで解りやすく書く。

6.ユーザーの立場になって知りたい情報や興味がありそうな内容を解りやすく書く。

7.軸になるキーワードや関連キーワードも出現するように配慮しながら書き進める。

8.文字数は、最低でも1000文字以上の内容でユーザーが十分に満足するかを考慮する。

9.文字数の意識と合わせて、実際に検索をする人がどのキーワードを使って何を求めているのかを考えながら書き進める。

10.タイトルタグやh1、h2、h3など良質なコンテンツの中身をGoogleに優しいコードで伝えるように書く。

11.これまで書いてきた内容がキーワードに対して明確な関連性があるかの確認をして、全体の修正を行う。

12.書き終わった記事の内容に対して、コピペチェックツールなどを使って類似や重複が無いかなどのオリジナル性の確認をする。

まとめ

ここまで、ただ普通に書いているコンテンツ(記事)とコンテンツマーケティングでSEOを意識しているコンテンツ(記事)の違いやその作成方法について説明をしてきました。

コンテンツマーケティングの基本は、ユーザーが満足する人気の記事を書く事も大切ですがGoogleから評価されることで、そのWEBサイトが上位に表示されることが最も重要になります。

ぜひ一度、私自身が実践している良質なコンテンツ(記事)を作るやり方を参考にしてコンテンツマーケティングに取り組んでみてください。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを自社で行うメリットとデメリットは?

  2. コンテンツマーケティングでの共起語の重要性について!

  3. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いは?

  4. コンテンツマーケティングとクリエイティブの関係性とは!

  5. 初めてコンテンツマーケティングを導入するには!

  6. コンテンツマーケティングとコンテンツSEOって同じこと?