苦労して作成したコンテンツ(記事)をホームページにアップしたけれど「本当に読んでくれるのか分からない?」という気持ちになったことは、実際に運営している方は経験があるのではないでしょうか。そこでコンテンツマーケティングで記事を配信していく上で知っておきたい点をまとめてみました。

はじめに

コンテンツマーケティングを始めるのには、目標を立てることから始めます。最初から1年の目標にしてしまうと荷が重くなるので、6カ月位のスパンで目標を立てるのがオススメです。記事の配信を開始したとしても読者の反応が少なかったり、アクセス数が伸びなかったりとすぐに結果が出るわけではないので、成果は中長期的なスパンで考えておきます。

どのくらいの頻度とボリュームが必要か

配信する記事の量は最低でも1件1,000文字程度で1週間に1件、1カ月に4件をコンスタントに継続すれば、6カ月くらいで成果が表れることが多いです。また、一般的にコンテンツの数は20から30件くらい(約半年分)と言われています。読者の反応は、コンテンツの内容、量、質、構成などによって比例してきます。

コンテンツ(記事)の見直しは必要か

約6カ月が経過をして成果が表れない(アクセス数が伸びないなど)場合は、コンテンツの見直しが必要になります。例えば、読者にとって有益で役立つ情報なのか、毎回似かよった内容になっていないか、読みやすい文言、文章、デザインで表現がされているか、ターゲットを的確にとらえているか、記事はタイミングよく配信しているか、など様々な点を総合的に見直します。

アクセス解析とユーザー動向の把握について

ホームページは、一般的にセッション数、ページビュー、ユニークユーザー、滞在時間、流入元などを測定していて、その情報(アクセス解析の結果)を基にユーザーが必要としている内容や興味をひくコンテンツをキーワードも含めて把握しなければなりません。ホームページは、ページビューだけで成果が判断しにくい場合もありますし、ページビューが少ない場合でもお問い合わせの数が多ければ、購入や受注、契約につながる可能性も増えます。

読者に反響があった記事を調べるには、コンテンツの内容やテーマ別で分類をするとより効率的に抽出することができます。また、一般的なものか、専門的なものか、ユーザーの感情に作用するものか、などの情報を収集することも大切です。

コンテンツの数が増えてきたら、サービス内容、製品、特長などを考慮して、更に細分化することでどのようなコンテンツが読まれているかが把握でき、ユーザーのニーズを的確にとらえることができます。そして自社の強みを改めて確認することができます。

まとめ

コンテンツマーケティングは、ユーザーへよりよいサービス、有益で役立つ情報を提供していくことが大切であり、また継続することで質と量の向上を目指すことがなにより大切ではないでしょうか。

特に記事の配信を継続することは大変な作業ですが、配信したコンテンツ(記事)がホームページの資産に変わる日まで根気強く取り組んでいくことが必要です。

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを専門のマーケティング会社へ依頼するメリットと…

  2. コンテンツマーケティングでコンテンツを作る際に気をつけること!

  3. WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いは?

  4. コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーションの連携について…

  5. コンテンツマーケティングを展開する上で重要なポイント!

  6. コンテンツマーケティングを実施する上でのPDCAとは?